今年キタイの3歳馬と金杯のユル考察。

2022はどんな競馬になる?

皆様、新年あけましておめでとうございます。
ことしも赤鉛筆とお馬さんメンバーともどもよろしくお願いします。

さて、去年の秋競馬でグランアレグリアやコントレイルといったビッグネームが次々と引退していきました。世代交代にはまだ少し早い気もしましたが、ポストディープインパクトにはコントレイルが欠かせない存在になると思われ、早めの引退は致し方ないかと考えます。

そんな中で目立ったのが、やはり3歳馬(明け4歳)の活躍です。有馬記念を勝利したエフフォーリアをはじめ、3歳で古馬混合重賞を勝利する馬も多くいて、これからの活躍に期待できます。香港競馬でのアクシデントに巻き込まれたピクシーナイトは残念ですが、今後のG1戦線に3歳馬が絡むことが多くなることでしょう。

対する古馬勢は…

明け4歳馬が活躍の中心になりそうですが、古馬も負けてはいられません。中でも大阪杯あたりで有力になりそうなのがチャレンジカップを快勝したソーヴァリアント。関東馬でありながら関西圏でのレースに強く、2000メートルくらいの距離に強い馬です。切れで勝負するよりも速く長い脚を使うタイプなので大阪杯にぴったりの脚質なのも魅力ですね。

注目のあけ3歳馬!

去年のこのコーナーで取り上げたエフフォーリアとシャフリヤールがダービーで連対するなど、良い結果になりましたので、今年も期待できる馬をピックアップしてみようと思います。

まずは牡馬ですが、今年のレベルはそこまで高くないと思っています。去年も同じような印象だったため、おそらく春から夏にかけて強くなるような血統傾向に変わってきてると考えています。

背景には脱ディープインパクトがあるのはもちろんですが、強い馬があまりレース数を使わずにクラシックに向かっているのもあるでしょう。これに関しては今のクラブ主体の馬主傾向の弊害ではあります。

朝日杯とホープフルSに使ってこなかった馬の中では、この馬1頭しかいません。
東スポ杯を豪快に差し切ったイクイノックス。新馬戦も新潟で非常に強い勝ち方をしていましたが、東京競馬場で存分に走らせた結果、2着のアサヒに決定的な差をつけての勝利。上りタイムも1頭だけ32秒台をマークしていて、クラシックの有力候補に間違いはないです。ここで2着のアサヒもかなりの実力馬なため、覚えておいて損はありません、少し相手が悪すぎました。

牝馬はだいたい出揃ってはいます。

阪神ジュベナイルフィリーズは桜花賞と同じ舞台なため、こちらはクラシック戦線に出てきそうな馬が出揃ってはいますが、あのルメール騎手が期待しているという馬を1頭挙げておきましょう。

去年の10月10日に新馬戦を圧勝したラスールです。ルメール騎手にグランアレグリアに引けを取らないほどの潜在能力を感じる、とまで言わせたこの馬も、イクイノックスと同じキタサンブラック産駒。デビュー戦のタイムはそこまでのものではありませんが、今後の成長とレース内容に期待が出来ます。(来週のシンザン記念に登録アリ!)

そして今年は時を超えてキタサンブラック旋風が再び吹き荒れるのかも注目の1つですね。

お正月競馬、金杯で運試し!

毎年恒例、お正月競馬の金杯です。

正月競馬は、厳寒気に入り正月休みも相まって「期待馬が思った通りの走りをしない」ということもあります。ディープボンドの凡走なんかは記憶に新しいでしょうか。そして開催が1月5日という事もあり、仕事始めの人も多いと思います。ですので、年始の運試し程度に考えるのが無難でしょうか。

中山と中京!

中山金杯は2000メートル、中京金杯は1600メートルのマイル戦で開催されますので、まずは距離に注意という点。そして2つのレースにダブルで登録しているレッドガランのような馬は、相手関係を考慮して楽な方に出てくる可能性があり、勝負気配ありとみて、出走してくるのであれば押さえることを奨めます。

厳寒期に入りましたが、中山、中京とも芝はそこまで荒れていないです。中山の方はだいぶ時計のかかる馬場になっていますが、この時期の芝で考えれば標準でしょう。

中山金杯からは巧者のウインイクシード、明け4歳のヴィクティファルス、チャレンジカップ2着のヒートオンビートの3頭でしょうか。ステラヴェローチェも登録してはいますが有馬記念からの参戦は考えにくいため、ここでは触れません。

あとはトップハンデのトーセンスーリヤがどこまで調整できているかになりますが、馬券的に考えるならこの辺までだと思います。

中京金杯は思ったより好メンバーが登録しています。
その中でもこの時期に強いカラテとエアロロノアの2頭が中心になるでしょうか。明け4歳の中京コースに強いヴィジュネルも、ここを狙ってきているため出走が叶えば侮れない存在になります。

なにぶん長い休み明けでここに出てくる馬も多いため、相手選びは難解です。
順調に使われているアンドラステと、休んだ方がパフォーマンスが上がる傾向のグランデマーレくらいまででまとめたい所です。

それでは今年も年間収支プラスを目指して頑張っていきましょう!