スラ代表のG1を斬るっ!~2021朝日杯フューチュリティステークス

トップマイラーを目指す若駒!

近年ではホープフルSがG1に昇格したため、このレースはどちらかというとマイル路線を目指す馬が集まってきます。牡馬のクラシックレース3冠には全く関係のない、阪神1600メートルという条件が変わらない以上、これからもこの傾向は続くと思います。

ステラヴェローチェのように将来的には長い距離を走る馬もここに出てきますが、やはりマイルのレベルの高いレースを中心に選んで、なおかつ勝ちきっている馬を選びたい所です。

ステラヴェローチェの名前を出しましたが、雨で馬場が悪い中でのタイムはあまり参考にならず、良馬場でのスピード能力が高い馬が勝つ傾向があるので、その条件の走破タイムも重要なファクターになり得ます。

マイルで3連勝のセリフォスは?

上の条件に一番マッチするのはやはりセリフォスでしょう。マイルで3連勝していて、そのうち2勝が重賞と強い競馬を見せています。タイム的にはあまり速い持ち時計はありませんが、中京、新潟、阪神と特徴のあるコースでの3連勝。先週のウォーターナビレラのように、この自在性は2歳のこの時期であればかなり有利に働きます。そして力のいる今の阪神コースでの実績は大きく、このメンバーであれば連に絡む可能性は一番高いと考えます。

前走でマイル以外の距離を走っている馬が多い。

出走馬の馬柱を見渡すと、前走で1400メートルや1800メートルを使ってここに臨む馬が例年よりも多く感じます。一概にどちらが良いかとは言えませんが、高速馬場でない以上、スピードでの押しきりが難しい馬場。ここから考えると1400よりは1800メートルを使ってきた馬のほうが良さそうではあります。

札幌で圧勝したジオグリフ

前走1800メートルで強い競馬をしているのが、ジオグリフ。他にもダノンスコーピオンとドウデュースなどがいますが、対戦相手の後先を考えると、ジオグリフが頭ひとつ抜けていると思います。札幌からの臨戦はあまり良い結果が出ないことが多いですが、特に札幌2歳ステークスの勝ち方が強く、ここが休み明けでも好勝負する事は十分に考えられます。逆に不安材料を挙げるのなら、ドレフォン産駒という新種牡馬のマイルや、馬場に対しての適性でしょうか。

新種牡馬のドレフォンは、ストームキャットから受け継がれる血の流れで、かなりパワータイプの血統。加えてジオグリフの母方がキングカメハメハという、これまたパワータイプとなっており、札幌の洋芝を圧勝した理由に頷けるところです。ジオグリフに運があるとすれば、去年のような高速馬場でなく、ある程度力の要る馬場なため、他馬にスピード負けするようなことはないでしょう。

セリフォスと違い、不安材料を持つジオグリフだけに、対抗一番手に推すのは少々不安はあります。ですので、今度は1400メートルを使ってきた馬をみていきます。

本番とはあまり関連のないレースですが…

前走で1400メートルを使っていた馬の中ではカジュフェイスのスピード能力には期待しています。

データとして朝日杯とはあまり関係性のないレースですが、連対馬は将来的にマイルの大きなレースで活躍する馬が多く、ダノンスマッシュやラウダシオンなどもこのレースの勝ち馬です。今年の走破タイムは1.23.3と遅いですが、同じ日に行われた秋華賞が2分1秒台だっために、一概にレベルが低いとは言い切れません。何より阪神コースで開催されたのが一番大きな所で、京都開催でのデータ以上に期待できると考えています。

カジュフェイスは1200メートルではあまり冴えませんでしたが、距離を伸ばして積極的な逃げを打つことにより、そのスピード能力を開花させました。今回は同形もいて、すんなり先行出来るとは思えませんが、先手を主張して行ききってしまえば、不良馬場もこなすパワーも兼備するこの馬ならギリギリ馬券内に粘る可能性も見えてきます。

先物買候補が出走します!

先週の阪神ジュベナイルで先物買として取り上げた馬が出てきます。ディープインパクト産駒の牝馬スプリットザシーです。さすがにキャリア1戦での牡馬相手のG1はかなりキツイと考えています。紛れのある牝馬戦ならあると思っていましたがここは見送る手でしょうか。せっかく取り上げたので複勝だけ少々買おうと思っていましたが…続きは下で。

調教の良い馬をチェック!

先週も少し触れましたが、2歳馬の調教は坂路の場合は「真っ直ぐキレイに走れているか」コース追いは「我慢が出来ているか」の2つで十分だと書きました。今週もこの2点で見ていった場合に良く見えた馬を挙げておきます。

コース追い切り アルナシーム ヴィアドロローサ

坂路追い切り オタルエバー スプリットザシー

特にスプリットザシーは真っ直ぐに力強く走れていて、上ではあんなことを書きましたが、かなり食指が動きますね。

スラの買い目は!

今回はセリフォスとジオグリフが抜けているという判断ですが、2歳戦ということもあり、ヒモ荒れまで考慮して選びます。

◎ セリフォス

◯ ジオグリフ

▲ カジュフェイス

以下

オタルエバー アルナシーム スプリットザシー

ヒモ荒れには調教の良かった3頭を抜擢。1枠1番を引いたカジュフェイスの粘りにも期待しています。

今週は全馬ケガなく。