スラ代表のG1を斬るっ!~2021阪神ジュベナイルフィリーズ

来年のクラシックを占う重要な1戦!

朝日杯フューチュリティステークスとは違い、同じ舞台設定の桜花賞に直結するこのレースは、来年の桜花賞を占う意味でも重要なレースになります。去年のこのレースの1、2着がそのまま桜花賞でも1、2着しましたが、今年の勝ち馬はどうでしょうか?

大きく違うところは、今シーズンの馬場状態にあります。去年は冬の時期としては異常なまでの高速馬場になっていました。今年は開催が進み、コース変わりをしても馬場が荒れています。とはいえ、馬場そのものは固めになっており、先行も差しも利く実力通りに決まりやすい状態になっています。そして冬で芝の生育が悪いために、基本的にパワーが必要であり、高速馬場ではない事は確かです。

荒れた馬場に負けない馬を選びたい

去年と今年では、まるで芝の状態が違うために、スピード重視というよりもある程度パワーを持っている馬を選んだ方が良いと考えます。ですが、いかんせんキャリアが少ないため、どの馬が「パワータイプ」かを見極めるのも困難ではあります。

基本的に血統背景や、きょうだいがいれば、それらのレースへの適性を見て考えるという方法が一般的です。また、既に重馬場や北海道の洋芝で結果を残している馬も、もちろん参考になります。

以上の観点から考えて見ると、小倉の不良馬場で勝利しているナムラクレア、洋芝で2勝しているナムラリコリスとラブリイユアアイズが挙げられます。しかも3頭ともに重賞でも1、2着しており、実力もそこそこある馬なのが魅力です。

あえて3頭の中で1頭絞るとすれば、前走の京王杯で牡馬相手に3着したラブリイユアアイズでしょうか。関東馬で阪神への輸送があるのがネックですが、札幌での先行力と、東京での差し脚を考えると、他の馬よりも自在性があります。1200メートルを中心に使ってきたナムラの2頭よりも距離には融通も利きそうで、レースに行って若さを出さなければ、かなりの好勝負になると思います。

実績馬の取捨は?

上でも少し書きましたが、いくらキャリアの少ない馬が多いとて、すでに重賞で勝ちをあげている馬もいます。そういう馬の中での取捨選択は、この時期では少し難しいので、前に挙げた適性を考慮するという考えが生まれます。しかし、キャリアの少ない馬よりかは、実際に成績を挙げている馬のほうがレースを見返すことによって、基本的な能力は見てとれるので、その辺を踏まえての取捨を考えます。

前哨戦としては一番価値のあるレースだと思われる、アルテミスSを見てみます。ここで勝ち負けしてるのが、サークルオブライフとベルクレスタ。前目での決着が濃厚な中で、中段からきっちり差しきったサークルオブライフは見事でした。

この2頭は共に新馬戦で強い牡馬とも対戦して2着しており、実力的には1枚上の可能性があります。舞台が阪神競馬場に移ることもあり、どちらを上に取るかは難しいですが、本線として考えるのは妥当かもしれません。

穴馬を考えたいのだが…

週始めに「先物買い」の話しをしましたが、狙っていたスプリットザシーが見事に除外されてしまったので、他の馬を考えますが、この先物買いのもうひとつの視点として、「成長力」があります。成長力と言えばディープインパクト産駒ですが、この数年で出てきた新種牡馬の中でG1戦線を席巻しているのがエピファネイア産駒です。

今年の天皇賞秋を勝ったエフフォーリアもエピファネイア産駒で、素晴らしい成長力を見せました。2歳の時は2戦しかしていませんが、デフォルトの能力も高く、仮に2歳G1に出ていたら活躍していたと考えます。

既に名前の出ているサークルオブライフと、もう1頭人気のない馬でタナザウイングもエピファネイア産駒。新馬戦はエフフォーリアを彷彿とさせる好位抜け出しで勝っており、その時の3着馬が京都2歳Sで2着と、決してレベルの低い相手ではありませんでした。きょうだいはダートで活躍している馬が中心で、パワーの面でも心配はありません。何かと初物が多いですが、その辺りは他の馬も変わらないので、穴として狙うのなら絶好のチャンスでしょう。

好調馬を探します!

2歳馬は古馬と違いまだ身体が出来上がっていないので、調教の良し悪しを見るのが難しいです。ポイントとして坂路調教の場合は「真っ直ぐキレイに走れているか」コース追い切りの場合は「我慢ができているか」のこの2点を押さえておけば十分です。若いだけあり、調教のデキがレースに直結することが少なく、参考程度にとどめておくのが良いと考えます。

この2点で良く見えた馬を何頭か挙げておきます。

スタティスティクス ステルナティーア サークルオブライフ ラブリイユアアイズ 

スラの決断は?!

アルテミスSの上位2頭を上にとります。ですが、3つの競馬場で勝ちがあるウォーターナビレラの自在性は脅威で、外して考えるのは難しそう。Cデムーロのナミュールは闘ってきた相手関係的に強くは推せないため連下まで。タナザウイングは調教の走りもまずまずなので、穴で抜擢します。

◎ サークルオブライフ

◯ ベルクレスタ

▲ ウォーターナビレラ

以下

ラブリイユアアイズ ナミュール タナザウィング

今週も各馬ケガなく。