スラ代表のG1を斬るっ!~2021チャンピオンズカップ

固かったジャパンカップとは裏腹に?!

先週のジャパンカップはコントレイルがキッチリと勝ちきって自身のラストを飾りました。あのスロー寄りのペースの中で、東京コースに強いオーソリティを差しきった脚は凄かったですね。これで引退してしまうのが勿体ないくらいの素晴らしい走りを見せてくれました。

対して今週は実力伯仲のダート戦。人気は去年の覇者チュウワウィザードですが、今年は海外遠征もあり、臨戦過程に少し不安があるのは事実です。また、芝での活躍を見せる3歳牝馬のソダシが「二刀流」と称し、ここへ挑戦してきました。

やはり一番気になるのは、ここでのソダシの取捨選択だと思います。週始めの記事に書いた通り「ダートだと並」な評価ですが、その辺りから考えていきます。

ダートでは大成しないクロフネ産駒

クロフネ自身は、芝からダートへの転向で躍進した馬ですが、意外にその産駒はダートでの活躍馬があまりいません。ここ5年ほど遡ってみても、中央の重賞クラスで活躍したのはテイエムジンソクという馬だけです。芝とダート両方でそこそこの馬を出しますが、どちらかというと産駒は芝での成績のほうが良い種牡馬です。

かといってソダシが走らない保証はない。

もちろん初めてのダートということで、全く走らないという保証はできません。産駒を全体的に見た場合、ダートを走らせることが良いとは言えない、という結論にたどり着きます。

過去の好走馬にテイエムジンソクがいるじゃないか?と思う人もいるでしょう。ですが、そのテイエムジンソクもかなりギリギリの所でダートを走っていたこともあり、それが決定的な切り要素になります。

気性の荒らさを勝負根性に変換

テイエムジンソクという馬は気の強い性格で、レースでは常に前々に位置していないと結果の出ない馬でした。他の馬に負けたくないという強い性格がラストまでハイスピードで走り抜く勝負根性を生みます。反面他馬の後ろで砂を被ったりすると、やる気を損ない凡走してしまいます。

これまでのソダシの芝での走りを見ると、まさしくこの性格が当てはまると考えています。古馬を蹴散らした札幌記念がまさしくそういうレースで、安定して先行できるとかなりの強さを見せます。反面、オークスや秋華賞の結果のように、揉まれる競馬になったり、ヤル気が削がれるような場合は惨敗しています。

今回は初ダートであり、能力的な物は足りてるとしてもダート特有の難しさにやられる可能性が高いです。東京競馬場の1600メートルのような、芝スタートであれば初めから飛ばして先頭に立つことも出来るでしょう。しかし中京のダート1800メートルはダートスタート。すぐにコーナーに差し掛かることもあり、先行は雁行します。よって上手く前目に出られても、他のダート巧者に捲られて砂を被ることになるでしょう。

内枠を引けば前目には出れますが砂を被り、外枠からだと先行するのが難しくなり、結局は凡走するというのが正直な予想です。なので、ソダシをダートで狙うならここで惨敗して、ある程度人気が下がったフェブラリーSだと断言しておきます。

ではどの馬を買ったらいいんだ!?

潔くソダシを切り飛ばすとしても、どの馬を買ったらいいのかはかなり難しいと思います。臨戦過程は去年よりも劣るとしても、実力と実績からチュウワウィザードが中心なのは動かないとは思います。

メンバー的に先行する馬が揃いすぎているため、一発狙うのであれば後ろからの馬を狙っていくのが面白いと考えます。

そこで一発期待したいのが、みやこSを差して勝ったメイショウハリオ。成績と格としては物足りないところがありますが、ローテーションも良く、何より魅力的なのがある程度自在性のある差し脚です。

中京コースでは1回走って4着ですが、上がりが36秒台と1頭だけ飛び抜けたものでした。その時は足抜きの良い馬場で前が止まらなかったこともあり、差しきることが出来ませんでしたが、前走で浜中騎手に変わり「後ろ過ぎない」位置からの追い込みにも対応しました。この機動力の高さは、窮屈な中京競馬場を走るのにはかなりのプラス材料になります。

枠順が15番と、中京では不利と言われる外枠ですが、かえって人気にならず絶好の狙い目になると考えています。

調教評価はなし。そして結論は?

芝でのレースと違ってダートだと、調教で良く走っている馬が、そのままレースに結び付くことがあまりないので、今回は割愛します。動きとして良かったのは、ソダシ、チュウワウィザード、サンライズホープ、テーオーケインズでしたね。

◎ チュウワウィザード

◯ テーオーケインズ

▲ メイショウハリオ

以下

サンライズホープ カフェファラオ カジノフォンテン

先行勢のポジション争いで、ペースが速くなる可能性が激高。快速馬がキレイに内外バラけたために、前で競馬する馬はかなりキツイです。残れそうなのはグレードの高いレースで結果を出しているテイオーケインズ、番手の揉まれる位置で結果を出しているサンライズホープの2頭。実績から素直に折り合えればカジノフォンテンも圏内。

ペースが速くても前有利な中京のため、後ろからは去年の覇者チュウワウィザードと、上がりの速いメイショウハリオ。そして大外になったことにより、ルメールが腹を括ることが出来れば、カフェファラオの載冠も十分考えられます。

かなり寒くなってきましたが、人馬ともにケガなくレースを終えて欲しいですね!