スラ代表のG1を斬るっ!~2021マイルチャンピオンシップ

今年も主役!?グランアレグリアの取捨

去年の飛ぶ鳥を落とす勢いでのマイルチャンピオンシップの勝利は、スプリンターズSからのローテーションということで、今年よりも余裕はありました。今回は初の中2週というローテーションというところが最大のカギになりそうです。

天皇賞はメイチの状態ではなかった可能性もあり、目標はマイルチャンピオンシップだったという事もあり得ます。ですが、今年の天皇賞自体がかなり厳しい戦いであったことに間違いはなく、そして先行馬で前から残ったのもグランアレグリアだけというのも事実です。

実力は認めるが…

最大の問題は中2週というローテーション。毎回キツイ競馬を真面目に走るため、筋肉質の体系というところもあり、休養はしっかりと取ったほうが良いタイプ。去年ほどの勢いも感じられないため、ここで中途半端な状態では勝ち切るのは難しいと考えています。調教はここ最近そこまで強く攻めることがなく、外側の私達からは状態を見極めるのが難しいのもこの馬の特徴ではあります。

かといって地力としてはこの馬が一番なこともあり、外して考えるのも無謀かというようなもどかしい状態。ですので、可能性としてこの馬を負かす馬を考えてみることにします。

荒れたエリザベスから考えるに…

先週のエリザベス女王杯は、上位陣が揃って着外という結末になりましたが、やはり荒れた阪神コースの2200は良馬場でも辛かったのだと思います。ペースも各騎手が思ったよりも速いペースになり、先行馬の脚が無くなるのが早かったですね。2分12秒程度なら先行で決まってもおかしくないですが、それだけ馬場状態が悪かったということになります。

今週は1600メートルの外回りコースになりますが、4コーナー付近は内が荒れていて、避けて勝負する騎手も出てきそうです。さすがに先週の事があるので、同じ轍は踏まないと思いますが、荒れた馬場でも勝負できるパワーと精神力を持った馬を選びたい所です。

パワータイプのマイラー?

一重にパワータイプと言っても、重たい馬場で強いタイプや、強靭な肉体を持ち、ダートもこなせそうなタイプと大きく分けて2タイプあります。

今回のメンバーだと、インディチャンプやロータスランドは前者、サリオスやカテドラルは後者になります。去年は京都開催があったぶん、いくらか阪神の馬場は良かったですが、今年のこの時期の阪神は乾いた馬場でも芝の状態が悪く、それに負けない肉体の強さを必要とします。つまり後者のタイプ。短い距離での加速勝負ならその傾向はいっそう顕著になると考えます。

このサリオスとカテドラルは、ともにハーツクライ産駒。長い距離が得意と思われているハーツクライ産駒ですが、実はマイラーも数多く出しています。ただ、成長する過程でどうしても越えられないタイムの壁に当たることが多く、速い馬場の春先では勝てないレースが続きます。加えて晩成型の血統ゆえに、どうしても競走成績が安定しません。

サリオスはその雄大な馬体をフルに使い、能力だけで通用していた3歳までは安定していましたが、やはり成長が緩やかなために、その後は成績が今一つ上がってきません。今回の力のいる馬場は向きそうですが、成長という点ではまだ未知数な部分が大きいのも事実です。

一発逆転を狙うとすればカテドラルの方になるでしょうか。年齢を重ねて成績が安定してきてからは、マイルを中心に活躍しています。苦手な左回りでも冬の東京新聞杯で好走しているだけあり、パワータイプなのは間違いありません。今回は得意な右回りな上に力のいる馬場、そして外差しも利いてきている、と、3拍子揃ったレース。グランアレグリアやシュネルマイスターは強いですが、一瞬の切れに関してはこの馬も引けを取らないだけに、侮る事はできないと考えます。

3歳の取捨と、もう1頭の牝馬!

既に名前は出てきていますが、春のNHKマイルカップを勝ち、安田記念でも3着したシュネルマイスターが参戦します。舞台は阪神競馬場に変わりますが、さしあたって血統的にも馬場に関しては問題ないと思います。課題としては関西圏では初めての競馬だということ。

3歳の秋ともなれば一回くらいは西への輸送もありそうなものですが、この馬は初めて。気性的な気の悪さを持っている訳ではありませんが、最近調子の悪い手塚厩舎ということもあり、100%の信用とまではいかないでしょう。ですが、斤量面では1キロ有利になるので、丁度相殺される感じでしょうか。グランアレグリアが55キロなことを考えると、単勝で突っ込むほどの勝負はできないでしょう。

そして叩き型、かつ右回り巧者のグレナディアガーズも甘くみてはいけない1頭だと思います。特に阪神コースでの成績が良いため、高速馬場ではない今回は、得意の前々からの競馬で押し切る可能性さえあります。脚質的にグランアレグリアと被る所がネックではありますが、今回騎乗する騎手はグランアレグリアにも乗ったことがある池添騎手。仕掛け所の難しい攻防を、経験でカバーする事は可能と見ます。

さて、週始めの記事にも書きましたが、期待したい牝馬がもう1頭登録しています。去年のヴィクトリアマイルでアーモンドアイの2着に入ったサウンドキアラが復活の兆しを見せています。春からの休み明けで挑んだ前走のスワンSは、最終コーナーで位置取りが悪くなったにも関わらず、良い差し脚で追い込んでいます。そこのもたつきがなければ恐らく勝っていたでしょう。マイルになれば追走も楽になり、機動力も上がります。3連勝で挑んだヴィクトリアマイル時には及ばないかもしれませんが、このメンバーならまだまだ上位を脅かす実力は持っていると考えます。

グランアレグリアの仕上がりは良し

マイルチャンピオンシップの調教評価です。今週は各馬ともに坂路、ウッドコースと別れていて偏りはありません。好調馬が多く、ここで一発狙ってる伏兵馬もいそうな雰囲気。ラストランを決めたグランアレグリアは、動き申し分ない調教で、中2週の不安は残りますが、仕上がりは悪くありません。中でも特に動きの良かった2頭を紹介していきます!

ロータスランド 超★

栗東坂路で単走。今までこの馬の調教を見てきた中で、一番動きが良いです。鞍上はガッチリと抑えたままでも、スピードの持続力、加速力ともに十分で、体調に問題はなさそう。重馬場の米子Sでの勝利が表すように、走りがパワーに片寄っていますが、それでも穴には買いたくなるくらいの好内容です。

サウンドキアラ 特★★★★★

こちらも栗東坂路で単走。鞍上が武騎手だったのも多少はあると思いますが、これまでの鬱憤を晴らすような好調教。近走は成績と共に調教内容もイマイチでしたが、前走あたりから本格的に復活した印象があります。6歳馬の活躍があまり無いレースですが、荒れた今年の阪神ならば一発の期待をもっても良いと考えます。

馬券本命は…!

メンバーが豪華だけに、穴を探し始めるとキリの無いメンバーですが、やはり実績と馬場状態から考えていくのが基本のラインだと思います。

◎ グランアレグリア

◯ サウンドキアラ

▲ シュネルマイスター

以下

カテドラル グレナディアガーズ サリオス

中2週という条件以外では減点の全く無いグランアレグリアは本命にせざるをえません。調教内容と前走の内容が良い、サウンドキアラを対抗に抜擢します。シュネルマイスターは実力は認めても、阪神コース初で乗り変わりというところで減点。

以下は阪神良しで、外差しの利きそうなカテドラル、阪神マイルG1で実績のある若い馬中心で考えます。

グランアレグリアは有終の美を飾れるのでしょうか!レースが楽しみですね。

今週も全馬無事にゴールを!