ハイレベルなマイル戦~マイルチャンピオンシップ

グランアレグリアも登録!

激戦の天皇賞からまだそれほど日が経っていませんが、今週は秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップが阪神競馬場で開催されます。注目はやはり去年の覇者グランアレグリアですが、今年は去年よりも間隔が短くなっており、加えて去年ほどの勢いは無く、これに対抗する馬も負けてはいられません。

勢いがあるとすれば、3歳で安田記念で3着に入ったシュネルマイスターですが、こちらは前哨戦の毎日王冠を見事に差し切り、グランアレグリアとの再戦の準備は万全といった所。

その他の登録馬も有力馬が多数おり、今年はレベルの高い争いになりそうです。

最終登録は18頭!

フルゲート18頭なので、回避がなければ登録馬が全頭出走できます。
以下優先出走順↓

  1. グランアレグリア
  2. インディチャンプ
  3. シュネルマイスター
  4. サリオス
  5. ケイデンスコール
  6. サウンドキアラ
  7. ダノンザキッド
  8. グレナディアガーズ
  9. カテドラル
  10. ロータスランド
  11. サトノウィザード
  12. クリノガウディー
  13. ホウオウアマゾン
  14. リプレーザ
  15. クリノプレミアム
  16. レインボーフラッグ
  17. ダーリントンホール
  18. サウンドカナロア

G1馬をはじめ、重賞戦線で実力を上げてきた馬が勢揃いして、かなり良い馬が集まっています。

荒れた阪神コースを攻略できるか?

開催が進んだ事による馬場の荒れと、季節的に気温が下がっているので、芝の状態はそこまで良くはありません。先週あたりから外側のコースを選ぶ騎手も出てきていることから、ベストなコースを読む騎手の腕も利いてきそうです。

また、内側よりも外側のほうが馬場状態が多少良いため、脚質による枠順も勝負を分けるポイントかもしれませんね。

騎手の腕と言えば注目は、ルメール騎手の空いた馬に騎乗する騎手ですが、今のところシュネルマイスターに横山武志騎手というところ。勢いに乗る武志騎手が関西圏でも能力を発揮できるか注目が集まります。

コース読みの天才騎手、福永騎手はいつも通りインディチャンプでの騎乗。安田記念からのぶっつけになりますが、ここでシュネルマイスターに負けるようなら、そろそろ世代交代の雰囲気が漂ってきます。

期待の穴馬!

上位陣に対抗する馬も黙ってはいません。じわじわと実力をつけてきた馬が多く、そしてここで1発狙っている馬もいます。

その筆頭として最有力なのはカテドラルでしょう。右回りの坂のある中山コースでの競馬が強く、似た形態の阪神コースもまったく問題なし。古馬になってからの米子Sは惨敗していますが、その時と今とでは馬の状態がまるで違います。
外差しの利いてきた今の馬場であれば、上位に食い込む期待は十分に持てます。

復活したサウンドキアラも侮る事の出来ない馬です。高速のヴィクトリアマイルでの2着好走の激戦のダメージが癒えるのに時間はかかりましたが、前走で見事な末脚が復活。そのヴィクトリアマイルでは外枠から強引に先行して粘るという競馬。しっかりと脚を溜める競馬をすれば前走のような脚も使え、阪神コースも得意。高速馬場でないのもこの馬にプラスに働くと考えます。

だいぶ寒くなってきて故障してしまう馬も見受けられます、今週は全馬無事に走りきって欲しいですね。