3歳牝馬三冠ラストは…?~秋華賞

札幌記念からソダシが参戦!

札幌記念を快勝したソダシはその動向が注目されていましたが、3冠ラストの秋華賞を選んできました。陣営はダートにも参戦する可能性を示していましたが、まずはここからという事でしょうか。

トライアルを勝った他馬もかなりの成長を見せており、一概に1強とも言えない所はあります。

出走が決まっている13頭

16頭立てで抽選対象が4頭、このうち他に回避がなければ3頭が出走できます。

  1. アンドヴァラナウト
  2. アールドヴィーヴル
  3. エイシンヒテン
  4. スルーセブンシーズ
  5. ファインルージュ
  6. ミスフィガロ
  7. ソダシ
  8. ユーバーレーベン
  9. アカイトリノムスメ
  10. クールキャット
  11. ホウオウイクセル
  12. アナザーリリック
  13. スライリー

抽せん対象(3頭まで出走可能)

エンスージアズム サルファーコスモス タガノパッション ステラリア

ソダシは強いが…

札幌記念を勝ったソダシが中心で間違いはなさそうですが、今年の8月の札幌開催は馬場が非常に重く、開幕間もない阪神に繋がるかというと微妙な所。しかしソダシは桜花賞時にマイルで1分31秒台を出しており、スピード競馬にも対応はできます。

オークスの結果が示すように、極端な瞬発力勝負は苦手なため、自らペースを作っていくレースが理想。スタミナと根性で後続を叩き潰す競馬が出来るかは吉田隼人騎手の腕にかかりますね。

成長を見せる対抗馬!

ソダシは確かに強いですが、他馬も夏の間に遊んでいたわけではありません。中でもかなりの成長を見せたと思うのが、トライアルの紫苑ステークスを圧勝したファインルージュ。

上位の馬はみな内枠の馬にもかかわらず、1頭だけ外から違う脚で突き抜ける強い競馬。走破タイムも1分58秒2と優秀。この中山2000の経験が生きるのが、似たような形態の阪神コース。ローテーション的にも紫苑ステークス組は優秀で、ソダシを逆転する可能性を秘めた1頭だと考えます。

マイルから2000での堅実な差し脚をもつアンドヴァラナウトも阪神コースは得意で、夏の上り馬。今の速い馬場にも対応できる位置を取っての競馬が出来ます。
メンバー的にそこまで強くないローズステークスでしたが、6着のオヌールも自己条件で2着と、その後結果を出しており、決して侮ってはいけないと思います。

ぶっつけの関東馬2頭

オークスを勝ったユーバーレーベン、2着のアカイトリノムスメはぶっつけでここに挑みます。もともと秋華賞に関しては、関東馬は栗東に滞在して調教しないと、思うような結果が出ていなく、今回もこの2頭の実力は認めてもローテーションや、状態面でのプラス材料は全くなく、狙いはこの後のレースになると思います。

とくにアカイトリノムスメは新馬戦で惨敗しており、母の気質を受け継いでいる可能性が高く、危険な人気馬になり得ます。したがって、この2頭に関しては栗東に滞在しているか否かの情報は集めた方が良いでしょう。

天気が悪いようです

関西地方は今週末の天気予報は下り坂。秋華賞が行われる日曜日も今のところ雨予報になっています。阪神競馬場はすこぶる雨に弱く、各馬の雨適性がモロにでるコースです。

加えてまだ身体が出来きってない3歳牝馬にはキツイ闘いになる可能性があります。経験として他の競馬場の不良馬場で好走している馬を押さえる必要も出てきました。そして、雨馬場は馬券的にも非常に荒れやすいため、過剰な勝負は避けた方が無難です。

不良馬場で結果を出しているのはアールドヴィーヴルとユーバーレーベン。特にアールドヴィーヴルは降雨により、普段の切れの足りない部分を相殺できる可能性があり、上位候補に浮上してきます。

抽選を抜けろ!

最後に抽選対象馬で1頭狙いたい馬。前走のローズステークスはラストで進路がなかったタガノパッション。中京のような狭いコースより阪神コースの2000メートルの方が脚質的にもあっています。開幕馬場でもエアレーションの効果が利いており、差しもそこそこ決まる馬場。ノープレッシャーの岩田騎手の思い切った騎乗が期待でき、上位の1角を崩しても驚けない実力はあります。

脚質的に穴党でも少し買いにくいかもしれませんが、可能性として見るためにも、抽選を突破することを祈りましょう。

今週も全馬無事にゴールを。