スラ代表の重賞を斬るっ!~2021神戸新聞杯

ダービー馬が始動します

祝日の月曜日に行われたセントライト記念は、低評価だったアサマノイタズラが後方からの差し脚を見せて見事に差しきりました。先行馬が雁行したせいもありますが、タイトルホルダーに乗った横山武志騎手が自ら動いてペースをあげることもなく運んだこともあり、後続の馬が簡単に先団との差を詰められたのが差しが決まった要因です。

いくら一番人気のプレッシャーがあるとしても、あそこまで動きを見せなければ、ラストで囲まれても文句は言えず、なんとも残念な競馬になってしまいました。

ソーヴァリアントに関して言えば、切れが無いのは戦前から分かっていたので、差し損じはあると思っていましたが、漁夫の利を得るようにオーソクレースが権利を得たのも不自然で、なんとなく納得がいきませんね。ですが、これもまた競馬なので結果は素直に受け止めて、今週の予想にいきましょう。

さて、今週は神戸新聞杯ですが、今年も去年と同じく中京コースで開催されます。去年はコントレイルが直線一本で楽勝しましたが、今年のメンバーではそこまでの脚を持っている馬は見当たらず、小回り向きの器用さと、ラストの2回目の坂を駆け上る精神力が重要になる競馬になります。

今年もスローペースになる

坂を2回かけ上がる性質上どうしても中長距離だとスローになりやすい中京コース。これといった逃げ馬もメンバーにいないし、今年もスローペースは濃厚。そうするとやはりラストでの瞬発力比べになる可能性は高いです。ただ、思いきってペースを作っていくような馬が出た場合、その馬の単騎逃げ粘りも注意したいところ。

実力的に前目で勝負した場合に面白そうなのがワンダフルタウン。中京向きのパワーと精神力を持っていて、切れよりも持続力タイプ。いつもは中段で競馬をしていますが、この馬が淀みないペースを1頭で作った場合、後続はかなりツラいと思います。

日本ダービーと、前哨戦の青葉賞はレースタイムがおよそ2秒違いますが、ワンダフルタウンはタイムの速かった日本ダービーではラストで捲って仕掛けたのにも関わらず、上がり3ハロンのタイムは青葉賞と同じです。加速ラップを刻んでいるのに、ラストでここまでの走りができている故に、先頭からマイペースで運べばかなり良い走りが出来ると確信します。まぁ、自分は調教師でも騎手でもないから、逃げの指示は出せませんが、あくまでも可能性として逃げの手はあるので、この馬は押さえたいところです。

小回り適性が不可欠?

先週のローズステークスを見ると、クールキャットやタガノパッションといった、東京競馬場で好走するタイプの不振が目立ちました。様々な要因はあると思いますが、中京競馬場という小回りな競馬場での窮屈な立ち回りに苦戦した可能性が高いのは事実です。去年の神戸新聞杯で好走したヴェルトライゼンデとロバートソンキーは、この小回りのコースや、中山競馬場での良績があるため、この観点から穴馬を探すのも面白いと考えます。

中でも楽しみなのは上り馬のセファーラジエルという馬。夏に走っていないため、上り馬と呼ぶのは微妙ですが、5月に行われた中京競馬場の白百合Sをぶっちぎりで快勝していて、コース適性は抜群。それまでに見せなかった見事な差し脚でした。去年の神戸新聞杯の決まり手がみな後ろからだったこともあり、差し競馬に転じて成功したことはかなりの収穫です。

もう一頭コース適性という事で言うとレッドジェネシスです。春の京都新聞杯で強烈な差し脚を見せており、同じ舞台の今回は馬券的には外せない一頭になります。ダービーはポツン騎乗で2桁着順ですが、最後では確実に脚を使っており、休養を挟んだ今回は万全に仕上げてくることは間違いないと思います。

ダービー馬や有力どころは…?

これまで穴っぽい所を3頭ほど挙げましたが、肝心のダービー馬、シャフリヤールについて書いていませんね。

1月に今年の注目馬としてあげたこの馬がダービーを勝つとは正直思っていませんでした。血統的にはマイル戦向きで、長くても2000メートルまでだと考えていたこともあります。キャリア3戦からのダービー制覇という事で、当然注目はしていますが、いまだに長距離に関しては半信半疑な所もあります。

というのも、日本ダービーはペースが上がりにくく特殊な競馬になることが多いからです。今年は後半1000メートルで速めのラップが刻まれていて、ラストでは上りの競馬になりました。マイル向きの瞬発力勝負になったのは明らかで、内容的にはエフフォーリアの方が良い競馬をしています。

ですが、初めに書いたようにこの神戸新聞杯が瞬発力勝負になる可能性が高いために、実際問題として馬券は押さえることになるでしょう。

最後に1発逆転の可能性のある馬として、キングストンボーイを挙げます。青葉賞を2着してダービーの権利を取ったものの、出場せずに成長を促した珍しい経緯の馬です。キングカメハメハの系統としてこの選択は間違ってはいないと思いますが、仮にダービーに出てもそれなりの勝負ができたと思います。

新馬勝ちが札幌の洋芝でパワーもあり、小回り適性も十分。そして強豪がそろった共同通信杯で上り最速で4着と実力は引けを取らないと考えます。夏の間の成長は未知数ですが、腹をくくった陣営の努力が実れば、ここでダービー馬を追い詰めてもなんら不思議はないと思います。

各馬の仕上がりはどうでしょう?

夏の間に休養していた馬が多く、仕上がりは気になる所。レッドジェネシスは芝で単走追い切り、その他の馬はウッドと坂路で追いきっていますが、全体的に見てやはり前哨戦仕上げの馬が多いです。先々を考えての調教で、当然と言えば当然ですがこのレースに絞って仕上げてる馬はいない模様。その中でも目立ったのは春に活躍した2頭でした。

ステラヴェローチェ 特★★★★★

栗東坂路で単走。春の頃よりも走りの鋭さが増して、全体的なパフォーマンスが上がった印象があります。タイムもかなり出ていて、脚の回転もスムーズ。ラストまでまったく緩むことなく駆け上がってくる姿に、かなりの成長を感じます。

シャフリヤール ★★★★☆

栗東坂路で併せ馬。ラストでは並走馬に若干の遅れをとったものの、非常にキレイなフォームで走り切っています。春の頃よりも体幹が強くなった印象があり、終始馬なりで気負うこともなく、状態に関しては完璧と言えます。

スラのまとめ!

調教まで見た場合、ステラヴェローチェに逆転の目を見たくなりますが、グッとこらえて▲まで、やはりシャフリヤールとキングストンボーイの上に行くには道中での捌きは必要で、そこは3ヵ月くらいではあまり変わらないところ。

連下にはレッドジェネシス、ワンダフルタウン。セファーラジエルは今週の追い切りがイマイチだったため、最後の△までです。

◎ シャフリヤール

◯ キングストンボーイ

▲ ステラヴェローチェ

以下

レッドジェネシス ワンダフルタウン セファーラジエル