神戸新聞杯~菊花賞トライアル!

荒れたトライアル!!

先週のトライアル2鞍は、アンドヴァラナウトと、アサマノイタズラが勝利し、本番への名乗りを上げました。

セントライト記念は(馬券を取った人には悪いが)久々に胸くその競馬でしたが、勝ったアサマノイタズラは後方から前のゴチャつきとは関係なく追い込んできました。さすが田辺騎手と言った所でしょうが、負けたタイトルホルダーの横山騎手はお父さんの典さんに沢山怒られればいいと思います。

さて、秋の3歳戦に向けトライアルレースが続々と行われていますが、今週は去年コントレイルが出走した神戸新聞杯が今年も中京競馬場で開催されます。

今年のローズステークスの結果を見ると、先週の記事に書いたような速い上がりも必要ですが、やはり「小回りへの適性」は必要に感じました。タガノパッションやクールキャットは東京コースでの走りが良かったですが、コーナー4回で狭い中京コースは向かなかったというのがレースを見た印象です。

去年のコントレイルは別格としても、速い上がりが有り、なおかつ小倉コースやトリッキーな中山コースでの好走がある馬の方が、中京の中長距離には向いているかもしれません。

登録は11頭!

登録頭数の少なさが示すように最近の菊花賞は、長い距離のため強い馬には敬遠されることが多いですが、このようなレースを楽に走れてこそ凱旋門賞のようなタフな海外のレースに勝つことができるハズで、実力のある牡馬が海外で勝負するなら、臆せずトライしてほしいと思いますね。

神戸新聞杯は去年と同じ中京2200メートルのスタミナ戦。先にあげた小回り適性も考慮に入れつつ有力馬を紹介していきます。

イクスプロージョン

デビューから長めの距離を使われているオルフェーブル産駒。中京コースは3戦していて走りなれてはいるが、いかんせん決め手がない。小回りの適性はあるが、速い脚は持っていないから、3着も厳しいかと言った所。

ヴェローチェオロ

同条件でディープモンスターの2着がある馬。ゴールドシップ産駒で、タフな条件に強く、成長も期待できる。2歳札幌でもソダシの5着と何気に侮れない成績もあるから、3着候補には考えてもいい。

キングストンボーイ

青葉賞2着くらいではダービーを勝てないと、陣営自ら成長を促した珍しい馬。その成長の期待に応えられるかは分からんが、ワンダフルタウンを見ると春の時点でも十分通用しそうではある。仕上がりには注目したい。

シャフリヤール

ダービー馬がここから始動。最近のダービー馬は神戸新聞杯から始動が多い、それだけ西高東低といったところか。小回りの適性はどうかもカミソリのような決め手があれば、ラスト中段一気でかわす。普通に走れば勝ち負け。

ステラヴェローチェ

以前この馬が最強だと言ってたが、やっぱりバゴ産駒はまだまだ日本ではアテにできない所がある。重になれば主役だが、後方に構えるだけでは強敵には勝てないだろう。精神力はあるから中京コースには向くと思う。あとは右に張る面が解消されてれば言う事はないが、その点左回りは少し不安。

セファーラジエル

中京開催の白百合Sを快勝して満を持してここへ望んできた。小回りコースも得意だし、ひそかに期待している上り馬。溜めた方が切れるから、先行策でなく後ろから思い切っていってほしい。阪神コースは微妙だからここメイチで穴をあけてくれればいい。

レッドジェネシス

ダービー惨敗組1頭目。といっても中2週でのダービーはきつかったのか、ほとんどレースしてないためここでの評価も少し難しい。トライアルの京都新聞杯は強かったから、今回立て直してくれば面白い存在になりそうではある。

ワンダフルタウン

ダービー惨敗組2頭目。ダービーは自ら仕掛けて見せ場を作ったが、その割にはラストの粘りがあった。パワータイプなだけに、速いタイムはきつかったと思う。中京2200ならそこまでのタイムが出ないから、精神力と機動力で上位に来る可能性はある。小回りも良し。

ダービー馬は負けないでしょう?

先週のトライアル2鞍が荒れまくって、予想家は困り果ててるわけですが、今週の神戸新聞杯は何といってもダービー馬のシャフリヤールが出てきます。休み明けを苦にするタイプでもないから、ここは前哨戦でもそれなりの走りをしてくるはずです。

去年の結果を見ても、スローからの追い込みが強く、また、ローズステークスから考えると、逃げ馬のいない展開はあまり歓迎できません。

馬券的にはシャフリヤールからでいいと思いますが、ローズステークスのこともあり、前からも1頭は抜擢した方が良いと思います。

青葉賞では中段から行ったワンダフルタウンあたりが前目から競馬をすれば面白いレースになりそうで、前目からはこの馬。ステラヴェローチェの差しは速いですが、差し損じも考えると、キングストンボーイ、レッドジェネシスの2頭も入れた方が無難だと思います。

何とか穴を狙うとすれば、中京良しのヴェローチェオロ、上り馬の筆頭としてセファーラジエルを3頭目に入れるくらいで、先週とは変わって、固い決着になると考えます。いや、考えたいですw

今週も全馬無事にゴールを。