スラ代表の重賞を斬るっ!~2021ローズS セントライト記念

3日間開催でトライアルが2鞍

今週は中央競馬は3日間開催で、日曜日は秋華賞トライアルのローズステークス、祝日の月曜日は牡馬クラシック最後の1冠、菊花賞の出走権をかけたトライアル、セントライト記念が開催されます。

両レースともに春のクラシック出走馬が出てきますが、中山で行われた紫苑ステークスを見た限り、ひと夏を越しましたが勢力図は大きく変わってはいない模様。牡馬はまだ分からないところがありますが、出走メンバーを見渡しても差ほどの変動は無いと見ています。

上記の通り、例年秋のトライアルレースは春の活躍馬が強いですが、紫苑ステークスで12番人気3着のミスフィガロのように、いわゆる「上がり馬」が連に絡むこともあります。

馬券妙味もあることだし、今週はこの2つのトライアルレースで上位を狙えそうな穴馬を、上がり馬を含めて探してみることにしましょう!

狙いはやっぱり長い脚を使える馬?

ということで、まずはローズステークスから見ていきます。

傾向と言うには乏しいですが、去年のレースを参考にすると、スタートからスロー~ミドルペースで流れ、ラストは上がりの競馬。中京芝2000メートルだと、坂を2回登ることになるので、序盤からはスピードを上げにくいです。ましてや3歳の牝馬ともなれば、余程スタミナに自信がない限り速いペースを刻むのは不可能でしょう。

なので、愚直に今年も同じと信じます。去年3着以内に入った3頭に共通することは、マイルから1800メートルのレースで、レース上がりよりも0.7秒以上速い差し脚で勝っていたということです。4着のデゼルまで広げても同じことが言え、要するに好走馬は、マイル向きの差し馬だったということですね。

中京の2000メートルというと長い脚を使える馬が有利な事が多いですが、事3歳の牝馬となると、小回りコースのゆったりとしたペースの中で脚を溜めて、速い上がりを使う馬が今年も良いかもしれません。

この条件で考えた場合、ミヤビハイディという馬が面白そうでしたが、挫石で回避と非常に残念な事になってしまいました。ですので次点の評価のイリマを強調しておきます。

軽い馬場を得意とするこの馬は後方からの差し脚が秀逸で、小倉の未勝利戦では2000メートルを1分57秒台のタイムを出して勝っています。前走では前目に構える競馬で自在性を見せた上に、2着を4馬身離して勝利しており、戦績から中京コースも問題ありません。

ネックなのはパワーに乏しく、馬場が渋った時は苦戦していることでしょうか。台風による降雨が心配されますが、仮に良馬場であればこのイリマの一発を狙ってみるのも良いと思います。

中京コースに適性は要りそう?

次はコース適性についてです。去年の出走馬の中で中京コースを経験したことがある馬が7頭。そのうち勝利経験があったのが2頭。そして3着以内の1頭が中京1600メートルで勝利しています。

こう見るとそこまでの適性は要らないのかと思いますが、1頭注意したい馬を挙げるならスパークルという馬。

中京は3回走って1勝2着1回3着1回の好相性。負けた2戦も着差はわずかなもので、間違いなく中京コースは合います。重い芝もこなせるので、今週の天気も味方にできそうなところも良いです。ある程度脚質に自在性もあり、3連系の馬券で狙うのは面白いかもしれません。

重馬場になりそうですが?

最後に台風14号の接近で、中京の馬場が荒れた時の狙いどころを考えます。戦績から考えると、重馬場に強い馬がそこそこいますが、ここはストゥーティ1択。

デビュー戦では稍重馬場でレッドベルオーブを下しており、前走は不良馬場での粘り込みで勝利。チューリップ賞でもメイケイエールと接戦を演じており、むしろ重馬場の方が歓迎できるクチの馬です。馬場状態がどこまで悪化するかは当日でないと分かりませんが、人気的にも広く買えそうな馬なので、重馬場になった時限定ではありますが、オススメできる馬です。

菊花賞トライアルだか、本番には繋がらない?

続いて中山で20日の祝日に開催されるセントライト記念の穴馬や、期待のできそうな上がり馬を探してみましょう。

セントライト記念で活躍した馬はあまり本番の菊花賞では活躍できない傾向がここ数年あります。5年以内ではサトノルークスとクリンチャーの2頭だけがそれぞれ2着に入っています。やはり中山というコース形態の2200メートルという特殊な舞台は適性がハッキリしてしまい、勝ち馬は中山向きという結論になるのが普通だからですね。

それだけに基本的に中山適性だけを考えれば自ずと答えは見えてきますが、去年のバビットのような存在を見つけるのは適性だけでは測りかねます。去年は馬場が特殊であったため、度外視することもできますが、開幕間もない馬場であるため、パワータイプの先行押切りには今年も注意したほうが良いと考えます。

正直、春のメンバーと戦えそうなのは2頭だけ

いささか得意気に上がり馬や穴馬を探そうと言いましたが、なんとか春のメンバーと戦えそうなのは、正直な所2頭しかいないと考えています。

札幌で2勝を挙げてここに乗り込むソーヴァリアントと、ラジオNIKKEI賞で辛くも3着に粘ったノースブリッジの2頭です。

ノースブリッジはパワータイプの先行型で中山コースを得意としています。前走は1800メートルでもラストまで粘れませんでした。原因としては気性の荒らさが関係しています。ですが開幕間もない馬場で、岩田騎手を背に気分良く行かせれば、よもやの逃げ切りもあるかもしれません。それでも、同形のタイトルホルダーはかなりの強敵なので、やはり飽くまでも3着候補に止めておいた方が無難です。

ソーヴァリアントはディープ記念弥生賞で4着。前残りのレースで展開が不向きでしたが、お世辞にもキレる脚はもっていません。札幌の洋芝で圧勝したレースがそれを証明しています。中山コースの2200メートルのような、キレる脚を必要としないレースは絶好で、さらにパワータイプのこの馬には今週の天気も後押しする形に。

メンバー的にも先行タイプが揃っていて、機動力の高いこの馬にも十分チャンスがあると考えます。狙いとしては思いきって頭からが面白そうです。

好調教馬は?

クラシックトライアルの当週だけあり、攻めている陣営が多いかと思いきや、ローズステークスの方は、調教馬場が多少渋ったこともあり、思うように動けない馬が多かった印象。

対照的にセントライト記念の方は、目移りするくらい良いデキな馬が多かったのが、全体を通した感想です。その中でも春からの成長度合いを中心に、ローズステークスから2頭、セントライト記念から3頭挙げます。

ローズステークス

タガノディアーナ ★★★★★

栗東坂路で単走。タガノはパッションの方だと考えてますが、こちらも身体を良く使った勢いのある登坂。多少ラチを頼って走っていますが、ほどよく気合いも入っており、ラストまでスピードを保った走り。2000メートルがどうかも、仕上がりは抜群です。

アンドヴァラナウト ★★★★☆

栗東坂路で単走。正直実力は物足りないと考えていますが、真っ直ぐブレのない綺麗な走りが出来ており、体幹の強さがうかがえます。血統的には速い芝が良さそうですが、この走りを見ると、馬場が重くても問題はないと思います。

セントライト記念

タイトルホルダー 特★★★★★

美浦ウッドで単走。春からの成長が楽しみでしたが、期待にバッチリ答えてくれています。身体つきが良くなり、軽く走っているようでも圧巻の動き。ラストの伸びが凄まじい割にはメイチに追ってるわけでもなく、これでも7、8割りの仕上げと見ます。ハッキリ言って、かなりの成長を感じます。

ソーヴァリアント ★★★★★

こちらは美浦ウッドで併せ馬。走る気に満ちており、最後の直線は我慢しきれないほどの勝負気配。軽く促しただけで並走馬をあっさりとかわす辺りはさすがの一言です。相手は強くなりますがここでも間違いなくやれそうです。

タイムトゥヘヴン ★★★★☆

こちらも美浦ウッドで併せ馬。最後は上昇度という点でこの馬を挙げます。春に比べて格段に身体の使い方が良くなり、ラストの伸びが違ってきました。他の馬も成長してはいると思いますが、上昇度という点ではタイトルホルダーと1、2を争います。

スラのまとめは?

ローズステークス

◎ タガノディアーナ

◯ タガノパッション

▲ アールドヴィーヴル

以下 クールキャット スパークル アンドヴァラナウト ストゥーティ

馬場状態が読めないので何とも言えませんが、雨の影響が残りそうなため、イリマはカット。本命にはデキの良さからタガノディアーナを抜擢します。スパークルの適性を穴で買い、クールキャットは輸送もあり連下まで。馬場状態でストゥーティは切ります。紛れもありそうなこのレースは、馬券は馬連ワイドで楽しみます。

セントライト記念

◎ タイトルホルダー

◯ ソーヴァリアント

▲ ノースブリッジ

以下 タイムトゥヘヴン ルぺルカーリア

◎◯で決まると思いますが、ノースブリッジと成長期待のタイムトゥヘヴン、次点の好調教、ルぺルカーリアも入れておきます。馬連一点と、◎◯2軸の3単ノースブリッジ、タイムトゥヘヴン、ルぺルカーリア。以上です。