スラ代表の重賞を斬るっ!~2021新潟記念

新潟開催ラストを締めくくるハンデ戦!

小回りの割には直線が長く、実力を発揮しやすい舞台のため、荒れないイメージの新潟の2000メートルですが、事ハンデ戦ともなると、様相は違ってきます。特に今週のような最終週の荒れ気味の馬場だと、インコースが走りにくいせいもあり、枠運やハンデ差が利いてきます。

週の初めの記事にも書いた通り、過去のレースを見ると新潟記念というレースは、G1やG2レベルの馬じゃないと一番人気馬や、上位人気馬が人気に応える事ができていません。その時の登録メンバーにもよりますが、リステッド、G3クラスの中途半端な実力の馬でもハンデが重くなり、馬場や枠順も考慮に入れた場合に、相対的に不利になることが多いからですね。

G1、G2レベルの馬を探す

今年の登録メンバーの中でグレードの高いレースで活躍しているのは2頭。ザダルとトーセンスーリヤ。ザダルは去年の毎日王冠の5着から確実に成長していて、今年のエプソムカップでは1頭だけ違う脚を使っていました。トーセンスーリヤは去年の新潟大賞典を勝ってから、そこそこ強いところと勝負してきました。前走の函館記念は圧勝と言っても良いくらいの内容。相手はそこまで揃ってはいませんでしたが、実力の違いを見せてくれました。もう一頭あえて挙げるならギベオンになります。デアリングタクトを封じた金鯱賞では長く良い脚を使っていて、条件的にも合います。成績としては安定感に欠けるから、評価をするとしたら上の2頭の次で良いと思います。

上記の通り軸として考えるならザダルとトーセンスーリヤですが、こと勝ち馬の傾向としては長めの距離からの転戦と、4~5歳までの活躍馬が多いため、このあたりが穴馬の狙いどころになると考えています。ちなみにこの2頭はどちらも該当しないということになってしまいます。

長距離が得意な若馬

長めの距離を使ってきた馬の方が良いのは、新潟競馬場の最終週だけあって、荒れた馬場を走ってきた上でラストの長い直線を走りきるスタミナと精神力が要求されるレースになることが多いのが理由です。そして、なぜか6歳以上は苦戦傾向があるのも事実です。

このあたりを考慮に入れた場合、1発狙ってみたいのはパルティアーモです。あまり牝馬との相性の良いレースではありませんが長距離志向で、馬場状態も不問なうえ、脚質にかなりの自在性を持っています。夏はしっかりと休養をとり、ここを狙って調整してる可能性も高く、ハンデも52キロと手頃なため、条件としてはかなり良いです。

牡馬で狙うならアドマイヤポラリスが良いと考えます。こちらも長距離志向で、前走は崩れましたが、安定性のある走りが売りです。ジャスタウェイ産駒のパワータイプで、春の東京の馬場状態よりも、今の新潟くらいの芝の方が向いています。右回りの方が得意なのかもしれませんが、小回りの中京でも大きく負けておらず、新潟コースも問題なく走れそうです。

もっと穴を狙いたいんですが?

新潟記念は重賞といえどハンデ戦。荒れる事も多いレースです。どちらかというと紐荒れ傾向で、上位人気プラス人気薄が1頭、ないし2頭絡むようなパターンです。

穴を開ける馬となると、長距離志向という点では変わりませんが、一転して6歳以上の馬が多くなります。過去に重賞で好成績を残していて、なおかつ新潟競馬場での勝ち鞍がある馬が6歳以上で穴を開けやすい傾向があります。

この条件だと、最近はマイルばかり使っていますが、サトノアーサーが該当します。3歳の時はクラシックにも挑戦していた馬なので、2000メートルくらいまでは走れると考えます。最近は低迷していますが、去年の関屋記念を勝ったのはこの馬。年齢を重ねたことにより、マイルよりも長い距離の方が前半の位置取りも楽になり、逆にいいかもしれません。さすがに大きく狙うのは危険ですが、3連系の最後に印を打っても良いと思います。

好調教馬をご紹介!

今週は美浦のウッドと坂路が重ということもあり、全体タイムを出さずに上がり重点の馬が多かったです。東と西の全体を通してコース追い切りの馬がほとんどで、あまり坂路を使ってない馬が多い印象です。

やはり調教が良かったのはこの2頭(プラスα)でしたね。

ザダル ★★★★★

美浦のウッドで併せ馬。長めからタイムは出していないものの、ラストの脚は秀逸。少し促しただけで並走馬を置き去りにしています。夏はしっかりと休養に当てて、ここから始動しますが、身体の動き等、デキは申し分ないです。

トーセンスーリヤ ★★★★☆

こちらは美浦のウッドで単走。5ハロン69.5とそこまでの内容ではないですが、ラストの脚のキレは良いです。若干シルエットが重めに映るため、ザダルよりも下に評価しましたが、動きそのものはザダルと遜色ないです。

マイネルファンロン ★★★★

最後にこの馬を挙げておきます。6ハロン78.5と、重の美浦ではかなり攻めた調教です。もともと重馬場が得意なため良い走りをしているのもあるとは思いますが、馬場の外側をスピードの持続力を生かして走りきっています。

スラのまとめ!

外せない2頭は調教でザダルの方を上に取ります。次にアドマイヤポラリスとパルティアーモ、穴でサトノアーサーと、調教と鞍上からマイネルファンロンを抜擢します。ギベオンはトップハンデな上で乗り変わりがあるため、今回は見送ります。

◎ ザダル

◯ トーセンスーリヤ

▲ アドマイヤポラリス

以下

パルティアーモ、サトノアーサー、マイネルファンロン

馬券は穴2頭はワイドの軸買い。他の馬たちで馬連を組みます。