スラ代表の重賞を斬るっ!~2021札幌記念

夏競馬最高峰の札幌記念

札幌記念を向かえると毎年、夏競馬もそろそろ終わりかなぁと感じますが、みなさんはどうでしょうか。今年も今週札幌記念が開催されますが、全国各地で降雨による被害が深刻で、素直に競馬の開催を喜べないのも本音です。

さて、出走メンバーを見渡すと、今年はG1の上位常連のような強力な馬がラヴズオンリーユーしかいなく、人気が被るのは間違いなさそうです。体質的に弱かった馬が香港のG1を勝利したのには、驚きと共に陣営の努力が報われたという喜びも湧いてきました。

香港のシャティン競馬場は、日本よりもタフな洋芝であるから、札幌のコースは初めてでも楽な競馬が出来ると思います。休み明けを苦にするようなタイプでもないし、目標のレースが先だとしても、ここは中心視で間違いはないと考えます。よって争点は対抗以下ということになります。

レースの格を重要視する

札幌記念は毎年荒れにくいレースになることが多いです。比較的強い馬が多数出てくるため、極端な競馬にはならず、ペースも緩まず流れて締まった競馬になるからです。そういう厳しい流れになるから、力のある強い馬がキチンと実力を出しやすくなります。

ということで、やはりレベルの高いレースでレベルの高いメンバーと走ってきた経験を第一に考えるのが妥当だと思います。

そういう観点から考えると、ブラストワンピース、ステイフーリッシュ、ユーキャンスマイル、ペルシアンナイトの4頭に絞られます。加えてG1で結果を出している馬が強いため、そこも考慮すると、ブラストワンピースが相手筆頭になります。

ブラストワンピースは2年前のこのレースを勝った馬。ワグネリアンやフィエールマンといった並み居る強者たちを撃破した見事な勝利だったと思います。札幌記念はあまり過去に入着した馬が絡まないレースですが、前走の競馬を見てもまだまだ走れることは分かります。岩田騎手の手が非常に合っていて、それまで見せたことのないインからの差し脚。明らかに既に終わっている馬では出来ないパフォーマンスです。

精神的な安定の無さがネックではありますが、岩田騎手との新コンビはそれ以上に魅力で、今回のレースで再び好走をしてくれる期待を持てると思います。

基本的に差し有利。だが、極端な追い込み脚質はG1レベルの脚が必要

過去の札幌記念のレース傾向を見ると、中段前目くらいからの差し、捲り脚質の方が成績が良いです。反面、それより後ろの追い込み馬で勝ちきるには2014年に1着に入ったハープスターのようなG1レベルの差し脚が必要になってきます。

ただ、逆に追い込みが決まると大穴になる傾向がありますが、2017年に12番人気で2着したナリタハリケーンのように、その時のメンバーそのものが、G1を勝った馬が不在であるようなことが多く、今回のように実力のある馬が多数いるときには素直に差しタイプから狙う方が無難ではあります。

ブラストワンピースは前の項目で書いたので割愛すると、面白そうなのがディアマンミノルです。

前走は泉谷君が少し慎重になりすぎたこともあり、かなり後ろの方からの競馬になってしまいましたが、本来はもう少し前からも競馬ができます。2200メートル以上の長距離を多く使われていますが、前走を見る限り、洋芝の2000メートルくらいの距離が合っている印象です。この馬がG1レベルかと言われれば当然疑問ですが、夏競馬の穴として狙うのもありだと考えます。

先行馬が1頭は絡む?

差しタイプが有利なレースにはなりますが、毎年1頭くらいは先行からの粘りこみをする馬が出てきます。小回りの札幌コースを、立ち回りの上手さでカバーするような馬です。

このタイプはレースの格の所でも出てきたステイフーリッシュ、前走の七夕賞を勝ったトーラスジェミニ、目黒記念をマンマと逃げ切ったウインキートス、そして注目の3歳馬のソダシが該当するでしょう。

その中でも、ステイフーリッシュはなかなか勝てない競馬が続いていますが、どんなコースやレースでも上位に来れる器用な所をもっています。よく言えば相手なりという事になりますが、決め手に欠けるというのも事実です。血統としてはまだまだ成長の余地はあり、今回のフレグモーネ明けという不安要素を考慮に入れても、押さえる必要はあると考えます。

ウインキートスとトーラスジェミニは、先行馬が揃った今回、各馬のプレッシャーを早めに受ける可能性が高く、前走のようには上手くいかないと思います。ソダシは前走で競りかけられた分今回の出方が難しく、番手で押さえるにしても位置取りは前目になると思います。そこから先行馬を含めた古馬勢のプレッシャーを受けて、最後まで踏ん張れるかは、かなりの疑問があります。

好調教馬をご紹介!

函館調教の馬は、ウッド、芝共に不良で追われていて、札幌での調教よりも多少負荷がかかっています。ラヴズオンリーユーは強い調教ではないですが、持ち味の手先の軽さはいつも通りで、普通に走ることは出来るでしょう。ただ、ここに向けての気合いの入り方は他の馬の方が上で、今週もよく見えた3頭を抜粋します。

ディアマンミノル ★★★★★

札幌のダートコースで併せ馬。鞍上がガッツリと追っていて、ここに向けてメイチで仕上げてきてることが分かります。追ってからの身体の動きや、手脚の捌きも上々で、ここは少し狙ってみたい所です。

ステイフーリッシュ ★★★★★

札幌芝で併せ馬。3頭併せの形になりましたが、内から馬なりで並びかけるとラストは圧巻の伸び。洋芝が合っている走りで、成長してきた今回は2年前のような惨敗をする姿は想像できません。

マイネルウィルトス ★注

本当はこの馬の調教が一番良かったんですが、条件が函館の芝の不良と、得意な物になったため、評価は難しいです。ただ、不良馬場といえどここまで走れるのであれば体調面の心配はないはずで、最後の穴の押さえとして買っても良いところです。

スラのまとめ!

今回からまとめとして、予想印も乗せておきます。(調教まで含めた全体の総評で決めてますので、当日の馬場傾向などは別途加味しましょう!)

◎ ステイフーリッシュ

◯ ラヴズオンリーユー

▲ ブラストワンピース

以下

ディアマンミノル、トーラスジェミニ、マイネルウィルトス

今週も全馬無事にゴールを!