ソダシが出走予定!~札幌記念

3歳牝馬には酷なレースだが…

お盆も過ぎ、夏競馬も佳境に入っていきます。
札幌競馬場では今週は伝統の重賞の札幌記念、そして小倉競馬場ではサマースプリントシリーズの北九州記念が開催されます。

北九州記念は登録メンバーによっては荒れるレースで、万馬券が飛び出すレースですが、札幌記念は海外競馬のステップレースに使われたりすることもあり、毎年強い馬が出てくることが多く、レースも馬券的にも面白くなります。

注目の登録馬としてはやっぱり3歳牝馬のソダシだと思います。この札幌記念に3歳牝馬で出走することは、相手関係を考えてもかなり辛いとは思います。去年の札幌2歳ステークスを見る限り洋芝は問題ないですが、オークスの負け方を見ても、もう一回1800メートル前後の3歳戦でキッチリ勝利してから古馬との勝負に行ったほうが精神的には良いと思います。

札幌記念の登録は13頭!

万馬券の飛び出す北九州記念も気になりますが、今週はそこそこのメンツが登録している、サマー2000シリーズ最高グレードの札幌記念に絞ってメンバーを紹介していきます。札幌記念は登録が13頭と少ないこともあり、全頭いきます。

アイスバブル

前走の函館記念では穴を出した馬。いつ走るか当てにならないタイプで、前走の好走も馬券を買ってない人には物凄く余計だった。タイムの出ない洋芝は合っているが、今回は相手も強く、大人しくしておいてもらいたい。

ウインキートス

目黒記念はマンマと逃げ切り。ダービーの興奮をよそにマイペースで運んだレースが光った。今回はそう上手くいくとも思えないが、パワータイプなので札幌の2000は合っている。穴に考えても良いとは思う。

サトノセシル

クイーンステークスではそれまでとは違った走りで3着と、成長を見せた。そのまま北海道に滞在しているのであれば輸送もなく、環境的には他馬よりも恵まれる。ここに入ると実力はまだもう少し足りない印象だ。

ステイフーリッシュ

長い休養明けで札幌に登場。重賞の常連で、ここに照準を合わせて調整している可能性が高い。格から言えば上の方だし、血統的にもまだまだやれる。休み明けでも馬券には入れておかなければいけない1頭。

ソダシ

春に注目を集めた白毛馬がここから始動。相手関係は随分と辛くなるし、3歳という年齢での挑戦には疑問を感じる。洋芝はこなすだろうが、これが人気になるなら買いたい馬は他にも結構いる。

ディアマンミノル

函館記念では4着だったが、上記2着のアイスバブルとは位置取りの差。確実に成長していて、今回もそこそこ有力。脚質的に追い込みタイプだから、今回の少頭数は歓迎。人気がないならここは穴で押さえておきたい。

トーラスジェミニ

重馬場の函館記念では見事に先行押切を見せた。去年までの実力ではいくら前有利の馬場だったとしても掲示板が精いっぱいだったろう。この馬も成長はしている。今回のレースではおそらく終盤でのプレッシャーもあるし、同型のステイとの兼ね合いもカギになる。勝ちまでは難しいか。

バイオスパーク

福島巧者2頭が惨敗した後に、この馬はキッチリと結果を出した。ただ、実力的にはG2 だと見劣る印象。来月の中山まで待っても良かったとは思うが、北海道滞在中にもう一回使うという事だろう。サマーのポイントもあるしね。

ブラストワンピース

ひょんな事から転厩になった実力馬だが、この馬にとってはプラスに働いているかもしれない。前走も前残りの中で良く追い込んでいて、まだまだ走れるところを見せた。岩田騎手の手が非常に合っているから、乗り変わりだけはやめてほしい。

ペルシアンナイト

老兵はまだまだ死なず!前走はタイムの出ない馬場の恩恵はあったが、差しての4着は立派。今回のメンバーで好走は難しいと思うが、当日の馬場状態が悪化してタイム水準が下がれば、十分に浮上する可能性はある。良なら乙だ。

マイネルウィルトス

やれ凱旋門だー、とか最強だー、とかどこぞの外野に言われていたが、良馬場を走らせればあんなもんだという事は競馬を普通にやっている人ならわかる事。勝つには馬場運が必要で、今回も良なら押さえ程度の評価でよろしい。

ユーキャンスマイル

右回りを克服できないまま年を取り、今回の札幌記念もまた右回り。好走するにはこの馬は枠運が必要。右回りで外枠を引いた場合、ロス覚悟で後ろに下げてでもラチを取る必要があるので、絶対に内枠が欲しい。浜中が乗った春の天皇賞の乗り方がベストで、あの競馬が出来れば連はあるはずだ。

ラヴズオンリーユー

体質が弱く、まさか香港G1 を勝つとは思えなかったが、陣営の努力が報われた形になった。香港であれだけ走れば札幌の洋芝は楽に走れるし、休み明けも苦にはしないタイプ。じっくり休養も取れているだろうし、目標は先でもここは軸にとらえるのが妥当。

おすすめの買い方!

メンバー的に「おお!」というような派手なメンツではないですが、「なんとなく地味に強い」メンバーが集まったというのが第一印象。

馬券的にはそれほど荒れないレースだから、まずは格で選ぶのが良いでしょう。重賞の常連のラヴズオンリーユー、ステイフーリッシュの2頭はここでは軸に考えるのが妥当です。

ユーキャンスマイルは上記しましたが、できれば内枠が欲しい所。その辺りを考えつつ、本線は復活したブラストワンピースで厚くいくのが無難でしょうか。

正直ソダシはこのメンバーの2000メートルで結果を出せるほどに強いとは思えません。これが人気になるようなら、成長してきているディアマンミノルや、トーラスジェミニを3着に取った方が3連系の狙いとしては面白いと思います。

あとは馬場が荒れた場合のマイネルウィルトスには注意したい所です。この馬は本当に重馬場が得意で、仮に不良馬場になったとしたら、G1馬相手にも勝ち切ってしまうほどの適性があると見ています。

今週も全馬無事にゴールを。