混戦の3歳ダート!~レパードステークス

混戦というより…

今年の新潟競馬は例年よりもタイムの速いレースが続いていますが、今週はダートの重賞、レパードステークスが開催されます。

毎年ダート界は、1頭くらいは強い馬が出てくるものですが、今年は6月のユニコーンステークスで7番人気→14番人気で決まるような混戦になっています。

先月開催された大井競馬場のジャパンダートダービーでは、12番人気のキャッスルトップに逃げ切りを許すなど、はっきり言って中央勢のレベルの低さを感じました。

そんなこともあり、今回のレパードステークスも馬場状態や展開で上位の着順が違ってくると思います。まずは新潟ダート1800メートルの傾向として、前有利という事を中心に考えた方が良さそうです。

登録はなんとも多い22頭!

かなりの馬がここに登録していますが、レベルの低いメンバー構成で、馬券の検討も難解になりそう。抽選の馬も多く、差しあたって重賞好走馬を中心に今週も紹介していきます。

と、思いましたが、重賞でも好走している馬が少なく、最近のダートのグレードレースは、どうも馬主どうしで勝ちを分け合っている感があります。

ダートの重賞レースの数が少なくて、各馬の生き残りが難しいのは分かりますが、こうも露骨だと少しイラつきます。強い馬が出て来ない以上、弱い馬でも可能性はあるということですね。

競馬ファンは強い馬どうしのガチンコの勝負を見たいんです。


アリエノール

牝馬で芝からダートにすぐに転向した馬。未勝利、1勝クラスと圧勝しているが、こういう馬が揉まれて惨敗する様をどれだけ見てきたことか。幸い2勝なので抽選を突破してこない限りは出て来ないが、出てきたら本当に取捨に困る馬。

キャリアリズム

外国産のUpstart産駒。良馬場の方が良いと思える体つきであるが、なんとも速いダートに相性が良い。出走は抽選になるが、出でこれて、なおかつ馬場が重くなったら注意は必要になるという条件つきまくりの馬。

クリーンスレイト

ユニコーンステークスは5着と負けたが、このメンツに入れば実力は上の方。だが、新潟のダートは基本的に前有利だから、こういう馬があっさり負ける。脚力は段違いだから押さえは必要だけど、穴狙いなら3着固定とかだな。

ディールクルム

6戦して2勝2着4回と非常に堅実な成績を納めているが、裏を返せば決め手がない証拠。速いダートのほうが得意であるが、小回りをこなす器用さもある。ただし2勝馬だから飽くまで抽選対象。出てこれれば2、3着固定などの使い方ができる。

ノースザワールド

芝脱落組からのダート転向ではあるが、前走は小回りコースの中でも、しっかりと変わって見せた。抽選で出られるかわからんが、突破したときは一応の注意は必要か。だがこちらも追い込み脚質ということで、後方ママという可能性もある。

ハンディーズピーク

後方からになった3走前以外は、前々から危なげない競馬で勝っている。なんといっても新馬戦がレコード勝ちで、まだ底を見せていない面もありそう。人気次第では軸はここから考えても良い。ただし出遅れなどスタートで後ろになったら、買った馬券は早々にすべて終了する。

ホッコーハナミチ

右回りコースでの成績が良く、雨が降っても大丈夫な自在性をもっている馬。左回りも、てんでダメという訳ではなく、揉まれないことが一番の好走のファクターだと考えられる。速い時計のダートが得意で、良馬場でも新潟は向きそう。穴に一考。

メイショウムラクモ

前走は福島のダートで実力の違いを見せつけたが、オープン特別では上の馬には歯が立たなかった。さすがにこのメンバーならば中心であるが、この馬が上位にくるというメンバーレベルの低さはやはり隠せないもの。

ルコルセール

芝脱落組から2頭目。ダートに転向してからは馬場状態、コース問わずに活躍している。ワンターンの舞台がベストなだけに距離としてはマイルあたりが良いが、前走で小回りにも対応した。器用さもあるし、もしかしたらダートではしばらく負けないかもしれないな。

ロードシュトローム

ジャパンダートダービーは中央勢として参戦したが、6着と良いところはなかった。実力的にまだ未完成ではあるが、鳳雛ステークスは及第点の走り。先行タイプの大穴として少々考えるのもありっちゃありだが、いかんせん強くはない。

オススメの買い方!

レベルの低さに呆れるくらいのメンバー構成。このメンツであれば、新参もののルコルセールでも楽な勝負ができると考えます。前残りを基本的に考えて、ペースが速くなったときの後ろからの馬を、2頭くらい押さえで買うのがベスト。

スマッシャーなどの馬がいない以上、追い込みの2頭はクリーンスレイトとノースザワールドで良いと考えます。前はそこそこの実力馬が多く取捨に困りますが、ハンディーズピークとメイショウムラクモの2頭は大きく崩れないと思います。

馬券は軸を置くならルコルセールから前3頭、後ろ2頭。軸を置かないならルコルセールを含めた馬連を前目を中心に買い、追い込み馬にワイドをかけるような買い方で回収するのが良いと思います。

ホッコーハナミチはおそらく人気にならないと思うので、先行馬の穴として買うのは良いと考えます。2勝馬のディールクルムが抽選を突破すれば、相手なりに走る馬なだけに、こちらも3連系の穴としては面白い存在です。

今週も全馬無事にゴールを!