スラ代表の重賞を斬るっ!~2021クイーンステークス

G1レベルの馬も活躍するレース!

ひと昔前まではローカルの牝馬重賞の色が濃かったレースですが、近年はディアドラやアエロリットなど、G1で活躍する馬も走ることが増え、予想する側も楽しめるレースになりましたね。

今年のメンバーもマジックキャッスルを筆頭に、例年以上のレベルの高い一戦になりそうです。

本来は札幌競馬場での開催ですが、今年は函館競馬場。開幕週ではないため、多少の傾向の変化はありそうですが、基本的に洋芝なところは同じなので、先週までの函館の馬場状態を踏まえた上で例年と同じように考えても差し支えはなさそうです。

とりわけ人気の中心になるであろう、マジックキャッスルからレースを考えていきます。

現4歳牝馬ならトップクラス

マジックキャッスルはデビューから4戦して1勝2着3回とイマイチ勝ちきれない成績でした。先行すると粘れず、差しに回ると届かず、というもどかしい状態が続いていましたが、裏を返せば確実に脚は使っている証拠。重馬場の桜花賞でのダメージが回復したあとは掲示板を外さない安定した走りを見せています。

ここまで走ってきて勝利が2回しかないのは、やはりスカッとした差し脚がないからで、この馬の唯一の弱点になります。勝利した新馬戦はスプリント戦での先行、そして愛知杯は2000メートルという距離の牝馬戦と、そこまで切れる脚を必要としませんでした。事実、愛知杯で下したランブリングアレーにはヴィクトリアマイルでは完全に切れ負けしています。

今回は距離が1800メートルで、馬場の荒れてきた函館コース。切れよりも持続力の方が重要な舞台になる可能性が高く、この馬の脚質には向きそうです。

さしあたってこの馬が軸候補になりますが、この馬の「唯一の弱点」を突ける馬を探してみましょう。

マジックキャッスルより速い脚を使える馬を探してみる

前述した通り、マジックキャッスルに勝つには一瞬のキレで勝負するタイプの方が向いています。しかも、小回りの1800メートルという舞台で脚を溜められるかどうかという点も考えなければいけません。

馬柱を見渡した所ではそこまでのキレる脚を使うような馬は見当たりませんが、強いてあげるならばテルツェットになるでしょう。

トリッキーな中山コースや新潟のマイル戦での勝ちがあり、レースセンスは高い馬です。前走のヴィクトリアマイルは初めて対戦する古牝馬に萎縮した可能性もあり、あの1戦だけで見限るのは危険です。

一度大敗すると勝てなくなってしまう馬もいるので見極めは難しいですが、速い馬場を経験できたのは今回のレースに繋がってきます。ヴィクトリアマイルは馬体重を減らして出走しており、好調期が長く続かないことから、前哨戦のダービー卿がピークだった可能性もあります。

今回は間隔を取った初戦で、滞在競馬がどうかも体調面では前走よりも期待はできると考えます。

忘れてはいけないアノ馬!

速い脚を使える馬がいないと言いましたが、実は1頭だけ可能性のある馬がいます。2歳の時のサウジアラビアRCでサリオスを追い詰めたクラヴァシュドールです。

追い詰めたと言っても着差はありましたが、上がり3ハロンはサリオスと同タイム。今思えばこの走りが今までで一番のパフォーマンスだったと言えます。その後は低迷してしまっていますが、近年のハーツクライ産駒にありがちな3歳時に伸び悩むパターン。

前走の米子ステークスは重馬場で外枠という不利を抱えながらのレースでありながら、全体2位の上がりで3着に入っています。成績からは重馬場は得意ではないですが、この馬もどちらかと言えばタイムのかかる良馬場が良い馬。函館の芝は合いそうで、小回りコースで上手く脚を溜められれば差しが決まる可能性はあります。

狙い時の2頭!

飽くまでマジックキャッスルを基準に話を進めてきましたが、同じようなタイプでも狙ってみたいのはドナアトラエンテ。

1800メートル戦に数多く使われていて、パワーもあり、右回り左回り問わず成績をあげています。函館の芝も問題なく走りそうで、先行力と一瞬のキレを持っています。マジックキャッスル同様イマイチ決め手には欠けるところがあり、勝ちきるにはペースが向くなど、何かしらのファクターが要りそうです。

少し穴っぽい所になりますが、もう1頭はウインマイティー。オークス3着以降は良いところがありませんが、この馬もタイムの速い芝は向かないタイプ。ゴールドシップ産駒で成長が緩やかな傾向があるのも影響しているでしょうか。

今開催の函館のような、芝の状態が悪くなくてもタイムの遅い馬場は得意なクチ。半年の休養がもたらす成長っぷりに楽しみもあります。さすがに休み明けで、頭まではどうかと思いますが、穴として狙ってみるのはアリだと考えます。

好調教馬をご紹介!

夏も本格的になっており、北海道でも30℃越えを記録していますね。馬の調整も難しくなりますが、きちんと追えている馬を中心に考えるのが妥当なところです。

全体的な印象としては、滞在競馬なので、しっかりとした負荷をかけている馬が多い印象ですが、夏負けを気にして控えめな陣営も見受けられます。さしあたって今週も良く見えた3頭を紹介します!

サトノセシル ★★★★☆

札幌のダートコースで単走。フランケル産駒らしくダートでの動きは目を引くものがあります。ガッチリ馬なりですが、手脚の捌きがよく、休みがちな馬ですがここへ向けての調整は万全と見ます。前走を見ても、洋芝での走りに合っていて、実力抜きに前残りに注意したい1頭です。

マジックキャッスル、ドナアトラエンテ ★★★★

この2頭が同レベルの好評価になります。というのも函館のウッドコースでこの2頭で併せ馬をしていて、内のドナアトラエンテ、外のマジックキャッスル共に馬なりでお互いゴールまで一歩も退かぬ走り。2頭とも本番の前哨戦のような良い走りを見せています。

先に外から前に出したマジックキャッスルに対しドナアトラエンテも馬なりで応戦し、結果最後まで並走する形です。

今週も全馬無事にゴールを!