真夏の牝馬の闘い!~クイーンステークス

菅原騎手の好騎乗!~アイビスサマーダッシュ

先週のアイビスサマーダッシュは、上位人気のオールアットワンスとライオンボスの2頭と、最内枠のバカラクイーンが3着に入りました。

これまでの騎乗の常識にとらわれず、迷うことなく内に行った菅原騎手は例え陣営の指示だとしても素晴らしいと思います。基本的にレースの場合、1頭だけになると走りにくいもので、その状態で3着に粘ったのは間違いなく菅原騎手の技量です。

さて、今週は夏の牝馬の闘い、クイーンステークスが函館競馬場で行われます。例年は札幌競馬場ですが、今年は函館競馬場になりますね。今開催の函館コースはタイムが遅く、前残りでも力のいる馬場になっています。開催が進み、馬場に痛みも出てきており、なおのことパワータイプの馬が良さそうです。

登録は15頭!

登録は15頭と比較的強い馬が出てこない割には少なめですが、今週も有力馬を中心に紹介していきます!


ウインマイティー

オークスで3着に入ってからは全く走っていない。ゴールドシップ産駒の小難しさなのか、成長していないのか、その両方か。いずれにせよタイムの出ない舞台は得意なので、ここいらで穴を開けても良いころ。

クラヴァシュドール

お休み期間が終了して、ようやく前走は3着。同期には離された感があるが、ハーツクライ産駒はここから。馬体重も増やしてきて、洋芝のレースであれば頭を取れる可能性は高い。あとは夏の暑さがどうか。

シゲルピンクダイヤ

気性の悪い馬はそれが落ち着いてしまうと、何故かダメになるケースが多い。この馬も落ち着いてきてからが今一歩の成績。前走は及第点の走りだから、1ハロンの延長でゆったりと運べれば上位もある。

シャムロックヒル

マーメイドステークスは計ったような逃げ切り。洋芝も合いそうで、今回も逃げの手に出るだろう。だが、今回は別定戦で真夏。5キロの負担増はそこまで甘いものではなく、掲示板に入れば良いレベルか。

テルツェット

連勝で挑んだヴィクトリアマイルは他馬との迫力負けな所があり、実力を出しきってはいないと思う。一度惨敗を経験したことが、吉とでるか凶とでるかはもう一度見てみないとわからない。ダメになる馬もいるが頑張ってほしいな。

ドナアトラエンテ

不良馬場の中山牝馬ステークスを除けば3着を外していない堅実性が売り。函館の馬場も向きそうだから、こういう馬は問答無用で押さえたほうが良い。ただ馬券的な扱いは難しく、3着にいれるか頭で買うか、悩ましい限りだ。

フェアリーポルカ

地方の交流戦にわざわざ出向いていって、黒星を重ねる訳のわからない使われ方をして可哀想であるが、所詮馬主の所業。我々は口出しできないのである。決め手がない走りとしては函館は合いそうだが、ここ数戦の使われ方から精神的な物は良くないだろう。

マジックキャッスル

前走のヴィクトリアマイルは速い馬場を見事にこなし、3着と良い成績。戦績からもあまりパワータイプには思えないが、良の芝なら洋芝でも問題はないだろう。普通に回ってくれば勝ち負けできる実力はある。

ルビーカサブランカ

まだ3勝クラスを突破出来ていないが、北海道はまずまず得意。実力的には全く劣っているけど、夏競馬の穴として少々狙うのは面白そうだ。無理にここに出さずに自己条件に転戦するならそっちで買いたい。

おすすめの買い方!

今年の夏競馬は開催間もない新潟を含めても荒れている傾向がありますね。夏は牝馬といいますが、ガチな牝馬どうしの闘いであれば、的確に適性と状態を見極めて馬券は買いたいものです。

軸として考えるのはヴィクトリアマイルで好走しているマジックキャッスルとシゲルピンクダイヤになるでしょう。この2頭は人気を集めそうですが、さしあたってここの馬連ワイドを押さえるのは必要だと考えます。

なんとか割ってはいる馬はドナアトラエンテとテルツェットの2頭でしょう。ドナアトラエンテの堅実さは優秀ですが、決め手としてはテルツェットの方が上です。

ただテルツェットは前走の敗けが響いている可能性もあり、今週の仕上がりは良く見た方が良いと考えます。実力としてはテルツェットがまとめて差しきってもおかしくはないので、そこに勝負をかける買い方もありだと思います。

開幕して時間も経ち、馬場も荒れていることから、先行馬もキツいレースになりますが、穴としてはウインマイティーの前残りでしょうか。キレでは勝負にならないので、ゴールドシップ産駒のパワーを生かした思いきった騎乗を、鞍上にはしてもらいたいですね。

今週も全馬無事にゴールを!