スラ代表の重賞を斬るっ!~2021アイビスサマーダッシュ

名物の1000直は今年は混戦?

季節の巡りは早いもので、今週から東京オリンピックも開催されましたね。新潟競馬場では名物の直線1000メートルの重賞、アイビスサマーダッシュが開催されます。

この直線1000メートルのレースは、普段のコース取りでは使われない外側に向かって各馬進んでいきます。少しでも芝の状態が良い外側を走らせたいからです。

そのため、始めから外側に位置する外枠の先行馬が有利になることが非常に多いレースになります。基本的にラチという仕切りに沿って走った方が馬の走りが安定するので、スタートしてすぐに外側に向かっていきます。

ただ、この直線の競馬にはあからさまに向き不向きがあり、そこのところは正直走らせてみないと分からない所もあるのが本音な所。特に今年のメンバーは低調で、枠順や適性の有る無しで順位が簡単に変わると考えます。

ですが、基本的な考え方としては2つのポイントを押さえると、意外な穴馬が見えてきたりもします。

ポイント1 右回りスプリント実績

スタートしてすぐに外ラチに向かっていく性質上、右回りのスプリントの実績が必須になります。右回りのコースと同じように右側にラチを取っていく形になるからですね。そして特に中山コース、小倉コースのスプリント戦での成績が良い馬が活躍するケースが多いのも特徴です。

この項目は1000直に特化したライオンボス以外の馬は大体クリアしていますが、実績も考慮すると、やや足りない感は否めないですがジュランビルが良いと考えます。小倉のスプリント戦で2勝3着2回と、3着以内を外していません。次点で前走が良い走りだったタマモメイトウあたりでしょうか。

ジュランビルは4番枠と少々辛いところに入ってしまいましたが、持ち前の器用さを武器にして、上手に先行できれば面白いと思います。

タマモメイトウは小倉、中山、京都と右回りで勝ちがありますが、いずれも馬場が重い時のもの。速い馬場での成績がイマイチで、枠も微妙な所に入ってしまったので、馬券的にあまり大きな勝負はできないと思います。

ポイント2 ダートも走れるパワータイプ

次は過去のデータから紐解くと、連対馬に共通する特徴としてダート実績があることが非常に多いです。

1000メートルの直線を走るにあたり、スタートから加速するトモの筋肉と、スピードの出る固い新潟の馬場をこなすパワーが必要になるからですね。これが他の競馬場であるならば、アップダウンなどで生まれた惰性や慣性を利用して加速することもできますが、終始平坦な新潟コースでは、ほぼすべて自力で加速して、スピードを維持していかなければなりません。

メンバーを見渡すと、ライオンボスはもちろんですが、今年初出走の中でもこのパワータイプは存在します。

やはりこのポイントでの筆頭はタマモメイトウでしょう。前走のパフォーマンスを見ても馬場悪化をものともしない差しきりは見事でした。ただ上記した通り、速い馬場での成績が今一歩というところもあり、他にも該当馬がいないか探してみます。

速い馬場でもそこそこの成績を残しているパワータイプなら、グレイトゲイナーが挙がってきます。そして、ダート実績の有る馬ならばロードエースとヒロイックアゲンが面白そうです。

3頭ともに実績は足りないですが、グレイトゲイナーは、中京コースの不良馬場を勝ったパワーがあり、1200メートルの持ちタイムが1分8秒2とタマモメイトウと比べてもそこまで遜色はないです。

ロードエースの前走は馬場に恵まれたのが確実で、ダートでもそこまで強い馬ではないので、飽くまでも1発穴狙いの馬として考えましょう。

少し期待したいのはヒロイックアゲン。近走の成績から見ると衰えた可能性はありますが、去年の同じ条件の稲妻ステークスでは最内枠の1番から2着に入る健闘を見せています。夏を向かえて調子を上げてきていれば、レベルの低い今回、上位食い込みもありそうです。

人気の3最馬は?

さて、このメンバーの中でも特に人気になっている3歳馬、モントライゼについて少し書きます。

上記したとおり直線競馬の向き不向きについては、走らせないと分からないものの、東京競馬場での長い直線での先行押しきりは精神力の証明であり、右回りの阪神コースでも良績があります。重馬場でもそれなりのレースをしていて、パワー面でも期待ができるでしょう。加えて53キロの斤量は有利です。

問題として、このメンバーで走るにあたり、実力的に足りているか?ということになります。NHKマイルカップには出場できませんでしたが、ピクシーナイトやヨカヨカ、シュネルマイスターの古馬との対戦を見る限り、モントライゼの実力ならある程度通用しそうです。

心配材料としては、前走の葵ステークスでルメールが極端に控える競馬をしたことでしょうか。陣営の意図として控えたのかもしれませんが、ダイワメジャー産駒とすれば、控えず出たなりの競馬をするのがベター。後ろから行っても差しきる脚は持っていません。今回は2歳の時に乗っていた川田騎手に戻りますが、イメージとして新潟の1000メートルという騎手ではないため、今回の川田騎手の乗り方は相当に難しいと思います。外枠に入れば迷いなく行くでしょうが、極端に内枠になった場合は差しに回る可能性もあり、危ない場面もあると考えます。

結局は外枠?

2つほどポイントを書いてきましたが、例年通りならば、やはり外枠からのレースが圧倒的に有利になります。ひとつ注意しなければいけないのは、差し、追い込み馬です。

脚質的に後ろから行く馬になると、外枠でも肝心な所で前が詰まってしまい、先頭まで届かないレースを結構見ます。前走のタマモメイトウのように、馬群を縫って上がってこれるような器用な立ち回りとレースセンス、精神力が要ります。

差し、追い込み馬で勝負するなら、上記のポイントで挙げたような、小倉コースでの勝ちがある立ち回りの上手い馬や、中山コースの急坂を駆け上がる精神力に長けた馬を外枠でも選びたい所です。

となると、3歳牝馬のオールアットワンスが浮上してきます。斤量51キロに加えて中山、福島でも成績があり、条件はそこそこ悪くないです。前走の葵ステークスを見ても、脚質として決め手に欠けるところがあるので、石川騎手には思い切って先攻しきって欲しいところです。

最後に外枠の穴馬を1頭だけ挙げておきます。ロジクライが取り消したため、事実上の大外になったのがルドラクシャ。まったく人気がないですが、実は1000直で外枠になった2走は、1勝2着1回。1勝馬すら人気になるメンバー構成でこの人気で買えるのはかなり妙味があると言えます。

穴馬なのでそこまでの期待はもてませんが、思わぬ夏のボーナス狙いには良いと思います。

好調教馬をご紹介!

今年は混戦ということもあり、各陣営気合いの入った仕上げ。全体的に良く動いている馬が多かったですが、ライオンボスはポリコースで控えめな調教。夏の時期だけに夏バテも考慮しないといけない難しい状況ですが、今週もとりわけ良く見えた3頭を紹介します!

ヒロイックアゲン ★★★★★

美浦の坂路で単走。全体タイムが52.4でラストが12.4とそこまでの数字は出てませんが、鞍上は終始抑え加減で、バテることなくハイラップを刻んでいます。こういう平均的に速いラップをキッチリ出せるということは身体の調子が良い証拠で、復調した今回は狙い目になりそうです。

モントライゼ ★★★★☆

こちらは栗東の坂路を単走。真っ直ぐに加速し、低い重心から手脚が良く伸びた良い走りをしています。ゴール前だけ気合いを付けられ、もうひと伸びという調教をしています。最後まで集中していますが、身体のキレはもう少し良くなるかもしれません。

グレイトゲイナー ★★★★☆

栗東坂路で併せ馬。強めに追われる並走馬がフラつく中でも、鞍上の手はガッチリと抑えられたまま、しっかりと自分の走りに集中できています。最後まで馬なりのままですが、並走馬に追い付かれることもなく、ラストの伸び脚が光ります。これだけ走れば調整は万全と見ます。

今週も全馬無事にゴールを!