スラ代表の重賞を斬るっ!~2021ラジオNIKKEI賞 CBC賞

激戦の福島と堅軸のいるハンデ戦

宝塚記念がクロノジェネシスの圧勝で終わり、今年も本格化に夏競馬がスタートしました。

夏と言えば牝馬と言いますが、実力のある馬が気候的に暑い夏の期間を休養することもあり、相対的に夏に出てくる牡馬の実力が下がるため、特に牝馬が強くなるということではありません。ですが毎年牝馬の活躍は目立つため、しっかりとその強さを見定めて馬券を検討しましょう。

さて、今週から函館、福島、小倉の3場開催になりますが、第一週の重賞は福島でラジオNIKKEI賞、小倉でCBC賞が開催されます。

ラジオNIKKEI賞は今年の3歳馬の実力が伯仲していたため、かなりの激戦になると考えています。対して小倉開催のCBC賞は、ハンデ戦ではありますが、軸に出来そうな馬がいるため、馬券の検討としてはそこまで迷わないかと思います。

残念ダービー?

毎年福島で行われるラジオNIKKEI賞は、昔の話しですが「残念ダービー」と呼ばれていたこともあります。

その名の通り、日本ダービーに出られなかった馬が集まるレースということですね。言い様ですが、ダービーに出られなかった残念な馬が集まるということでは決してないですw

このレースの検討をするにあたり、難しいのは福島コースということ、開催時期が梅雨ということ、そして最大の悩み所が3歳どうしのハンデ戦と言うことだと思います。

故にこの3つのポイントから有力馬を絞り出します。

福島コース巧者

まずはコース適性です。出走メンバーで福島コースの経験があるのは、スペシャルドラマとネクストストーリーだけです。スペシャルドラマは重馬場で5着、ネクストストーリーは1200メートルの未勝利戦で勝ちがありますが、今回は1800メートルということで、そこまで参考にならないと考えます。

であるならば、福島コースと同じような機動力を必要とする、トリッキーな中山経験に注目して考えます。

中山コースで良い成績を納めていると言えば、筆頭に挙がるのは葉牡丹賞を圧勝したノースブリッジでしょう。

前走の青葉賞は5ヶ月ぶりの実戦でいきなりのトライアルレース。そして距離も血統的には長い2400メートルでした。今回は1800メートルになり、勝鞍の2000メートルと同じような距離。パワーもあるし、中京競馬場での勝ちがあるように、小回りにも対応出来ます。

もう一頭挙げるなら、スプリングステークスで3着したボーデンですが、こちらはハンデが55キロで、どちらかというと良馬場の方が良いタイプです。福島コースの馬場次第なところもありますが、そこまで重くならないようなら押さえる必要はあると考えます。

梅雨時の馬場

次にこの時期の馬場についてです。馬場そのものは雨が降ったり止んだりしているので完全な良馬場というのは難しいと思います。それに加えて安定しない天気により、芝に水の浮く状態が多いのも特徴です。そして福島は小回りコースなので、あまり大飛びの馬は避けたほうが良さそうです。

単純な重馬場巧者で言うと、ヴァイスメテオールは有力になるでしょう。中山と東京競馬場での重馬場実績もあります。重賞とリステッド競走での4着もあり、実力的にも十分戦えそうです。

重馬場でもう一頭浮上しそうなのが、スプリングステークスで2着したアサマノイタズラでしょうか。前走の皐月賞はスプリングステークス好走の反動もあり、惨敗してしまいましたが、少し時計のかかる位の馬場が向いている馬です。十分に間隔を開けた今回は期待が出来ますが、ハンデ56キロは少々重たいです。

ハンデ重量のあれこれ!

最後に少々判断が難しい所ですが、ハンデキャッパーに過小評価されている可能性のある馬を探します。

出走馬を見渡した所、リッケンバッカーやアサマノイタズラといった重賞で好走している馬を中心に重くなっている傾向はあります。それは当然なのですが、若葉ステークスやホープフルステークスでも好走てしいるシュヴァリエローズが55キロで出走できるのは有利と見ます。

やはりメンバー的に強い所が集まったホープフルステークスでの5着は光るものがあります。斤量としてはトップハンデとは1キロだけの差ですが、これが重馬場になると確実に影響してきます。

もう一頭、逆の意味での狙い方とすれば、前走で1勝クラスを勝ち上がった組の中で、唯一54キロを背負わされているプレイイットサムです。こちらは、ハンデキャッパーに実力を見られていて、ほかの同じ条件の馬よりも1キロ重くなっています。

幾多の馬を見てきたハンデキャッパーが着けたハンデなので、この馬は同条件でも他の53キロの馬よりも実力的には期待出来るということになります。また、そもそもハンデ競走ということなので、53キロでない時点で不利だから切るという選択もできます。その辺りはオッズとも相談でしょうか。

父 クロフネ 母 ナリタカサブランカ 3戦2勝 

主な勝ち鞍

未勝利戦 中京芝2000メートル 良 2.03.0

山藤賞 中山芝2000メートル 良 2.01.0

新馬戦は不良馬場の中山コースで逃げて、良い勝負根性を見せ、2着に粘りました。続く未勝利戦は小回りコースに対応し、操縦性の良さもみせました。山藤賞は番手で進み、最終コーナーで捲り気味に上がっていきそのまま押しきる形。このレースを見ると捲りがしやすい福島コースにも対応出来ると思います。強いところとの対戦はありませんが、穴として狙うのはアリだと考えます。

調教評価  ★★☆ 栗東CW 83.6ー12.8

3頭合わせで真ん中に入れられ、長めからの意欲的な調整。が、ラストは完全にバテて、デムーロが押しても引いても動かない。調教が上手くないデムーロですが、この調教だけを見ると、少し手は出しづらいです。

故郷に錦を。

次は小倉開催のCBC賞の検討に入ります。出走メンバーで人気になりそうな所というと、やはり九州産馬のヨカヨカとシンザン記念を逃げ切ったピクシーナイトになると思います。

ですが、小倉のオープンクラスのスプリント戦という舞台だと、3歳馬があまり活躍していないのも事実です。特にスプリント経験のないピクシーナイトはデータ上では人気過剰といえるでしょう。(小倉稍重以上の1200メートルのオープン以上戦はスプリント経験のない馬は連対なし)

ヨカヨカに関しては小倉競馬場での良績があり、ハンデも軽いので有力視するのは当然ですが、ピクシーナイトがあまりに過剰な人気になる場合、期待値としては低く、他の穴馬も候補に入れて考えた方が良さそうです。

スプリント経験、そして穴を開けるダート馬

やはり強いのは芝1200メートルで勝ち鞍のある馬で、小倉も経験している馬です。この条件で探すと、上記のヨカヨカは言うまでもなく、その他で言えばファストフォース、クリノアリエル、クーファウェヌス辺りが軽ハンデで面白そうです。オッズは割れると思いますが、ワイド馬券で押さえるのも手だと思います。

そして、夏に開催される小倉のスプリント戦の北九州記念でも、たまに穴を開ける傾向があるのは、短距離ダート経験のある馬です。今回は開催の時期は異なりますが、同じ小倉のスプリント重賞ということで取り上げてみます。

なんと、ダート経験で考えた場合でも上の3頭が見事に合致します。なかなか絞りきれないメンバー構成ですが、やはり上記の3頭は穴狙いとしては面白いと考えます。

最後に1頭!

3歳の2頭が中心にはなりそうですが、最後に1頭ビオグラフィーを挙げておきます。小倉での成績が良くないのがマイナス材料ですが、前走の京王杯の走りは見事でした。結果5着ですが、良い粘りを見せていました。

テンから他の馬に絡まれず、単騎で行くことが条件ではありますが、スプリント戦でも勝ちがあり、パワーのいる馬場も大丈夫。枠もほどよい所に入りました。ピクシーナイトとの先頭争いになりそうですが、単騎で離していければ、よもやの逃げ切りもあるかもしれません。

好調教馬をご紹介

今週は美浦、栗東とも雨模様でしたが、水曜日の栗東は良馬場で、美浦は稍重ですみました。調整する陣営も難しかったと思いますが、雨のレースという前提では美浦は良い参考になりそうです。全体的に少々控えめな印象で、特にCBC賞出走メンバーの方は先を考えた調整の馬が多かった印象です。今回は両レースから2頭ずつピックアップしていきます!

ラジオNIKKEI賞

ノースブリッジ ★★★★★

美浦のウッドコースで長めからの走り。3頭合わせで最内に入れられ追走、ラストの直線で並びかけると、外の馬を豪快に抜き去ります。鞍上の手も強め程度で、今回は馬のデキはかなり良さそうです。

リッケンバッカー ★★★★☆

栗東の坂路コースでほぼ単走。全体的なタイムは出していませんが、最後まで緩まないペースで力強く登坂。気合いも乗っており、ハンデは重たいですが、デキの良さには期待できます。


CBC賞

ビオグラフィー ★★★★

栗東坂路で単走。まずまず気負い気味ではありますが、全体、ラストとスピードの出方が秀逸。小倉の1200には合うイメージで、今の高速馬場をこのスピードで押しきってしまう可能性はあります。

メイショウケイメイ ★★★★

こちらも栗東坂路で単走。全体タイムは控えめですが、ラストの力強さと伸びがとても素晴らしいです。最近の成績が悪すぎるので、積極的には買えませんが、馬そのもののデキは良いです。

今週も全馬無事を祈りましょう!