クロノか?レイパパレか!~2021宝塚記念

宝塚記念

驚愕の大阪杯からおよそ3か月

4月初めに行われた大阪杯からおよそ3か月。重馬場でのレースでしたが、レイパパレの走りは凄まじい物がありました。今回は距離を2200に伸ばし、ポストアーモンドアイの暫定女王、クロノジェネシスとの対戦です。

対するクロノジェネシスも阪神の重馬場は得意で、雨が降るであろう今週も最有力になると思います。

対する牡馬勢も負けてばかりはいられません。巻き返しを狙い、ここはこの牝馬2頭を倒しにいってほしい所です。

阪神の2200メートル

宝塚記念の行われる阪神コースの2200メートルは内回りコースで、各コーナーのRがきつく、特に1,2コーナーは外から回ってもそこまでの不利がないくらいです。それだけに重馬場になると走りの器用さが顕著に現れ、大阪杯のような穴が出ます。

大阪杯の検証記事はコチラ↓

今週も雨模様の阪神。大阪杯のような結果になる可能性も高いですが、競馬は水物。また新たに予想を構築していくことも大事です。

登録は15頭!

登録は15頭ですが、この時期に相手の強い宝塚記念に出走する意味は全くなく、はっきり言って半数以上は数合わせの登録で、まともに勝負になる可能性のある馬は7頭しかいないと考えています。

馬場が不良になれば他の馬もわかりませんが、これからの夏競馬に向けて無理をしないのが妥当でしょうか。ですのでその7頭に絞ります。

ではその7頭を紹介していきます!

アリストテレス

天皇賞は最後の最後でもうひと伸びしましたが、3着には届きませんでした。近走は不振ですが原因はエピファネイア産駒だけに、目に見えない気性の悪さと見ています。コロナの関係で外国人騎手が日本に来れないのが残念で、海外の剛腕騎手に乗ってほしい1頭です。まともに走れば勝ち負けだと思いますが、今回はどこまで走ってくれるでしょうか。

カレンブーケドール

この馬の天皇賞3着は立派で、相手なりに走るという事は完全に証明されました。今回も阪神コースですが、クロノジェネシスには4戦全敗。堅実性という意味では1番ですが、もう一つ上を狙うには思い切った乗り方も必要だと思います。騎手は関係ないので、この馬を育てた津村騎手に戻ってほしい所はあります。

キセキ

海外遠征では4着と頑張りましたが、もともと頭数が少ないレースでのもの。日本での大阪杯に出ていたらどうなっていたか残念な思いはあります。G1 を勝つには、やはり運も必要で、今回は天気は味方しそうです。不良馬場の乱戦になるという幸運が訪れれば、奇跡も現実になるかもしれません。

クロノジェネシス

日本におけるバゴ産駒の最高傑作です。牝馬という事もあり子種は半分になりますが、これからの日本競馬を変えていく可能性がある馬です。今回の宝塚記念はレイパパレとの一騎打ちムードですが、唯一心配があるとすれば、開幕ほどない阪神コースで、良馬場になる事。去年の天皇賞秋でも勝負所で動けなかったように高速馬場では他馬に劣ります。そのあたりは“運“です。

モズベッロ

大阪杯では本命党の悲鳴と怒号をあざ笑うかのように、コントレイルとグランアレグリアを撃破。重馬場での走りには定評があります。他のレースに目もくれずここに登録していることも好感が持てますが、仮に良馬場になった場合、途端に低評価になるのでこの馬にも運は必要です。検証記事にもある通り枠は不問です。

ユニコーンライオン

鳴尾記念で余裕の逃げ切りを果たした馬です。若い時に北海道の洋芝で結果があるように、パワーと根性は高い馬です。前走はかなり余裕だっただけに、今回はかなり不気味な存在になります。58キロという斤量と、レイパパレの作るペースについていけるかは鍵ですが、復調して調子を上げているだけに、重不良の乱戦になった場合に注意したい1頭です。

レイパパレ

連勝はすべて前からの押切。前走の大阪杯は重馬場をものともせず、体幹の強さと心肺機能の高さを見せつけました。今回はもちろんマークは厳しくなるでしょう。ですが、意図的に潰しにでも行かない限り、この馬に競りかけた上で好走するには、余程の能力がないと無理なことだと思います。課題は1ハロンの延長。きょうだいに長い距離で活躍した馬が少ないだけに、その辺りが唯一の穴でしょうか。

おすすめの買い方!

前半の締めくくりという宝塚記念。ですので好きな馬を買って思い切り応援するというのがセオリー。ですがやはり配当はほしい所です。

レイパパレとクロノジェネシスの馬連は1倍台になるのではないかというレベルだと思います。そこを保険に持って、好きな馬からの穴狙いをしてみましょう。

上にあげなかった馬にも競走馬的に魅力のある馬はいるので、そこから狙っても良いでしょう。

(その他の登録馬)

アドマイヤアルバ カデナ キングミニッツ シロニイ ミスマンマミーア メロディレーン ヨシオ ワイプティアーズ

私的にはアリストテレスの巻き返しとユニコーンライオンの1発に魅力を感じています。また、重馬場になったときのモズベッロとキセキの奇跡にも賭けてみたい所はあります。

なにはともあれ、今年も前半の競馬が滞りなく行われたことは、JRAその他関係者の努力によるものですね。
その辺りにも感謝しつつ、今週の宝塚記念を楽しみましょう!!