スラ代表の重賞を斬るっ!~2021 ユニコーンS マーメイドS

梅雨に入り予想も難解

先週のエプソムカップは直前の雨もありましたが、休み明けのザダルが見事に勝利し、2着にはサトノフラッグが意地を見せました。当てにならないサトノフラッグですが、戸崎騎手の手は合っているようで、今後も戸崎騎手が騎乗するようであれば注意は必要かもしれません。

ザダルのラストの脚は1頭だけ抜けていました。調教から良くなるのはもう少し先だと感じ、印は回しませんでした。ですが、去年の実力から見たら今回のメンバーなら上位だという事を読めなかったのは反省点です。

函館スプリントSの方はメンバー予想トークなどの記事に出た馬で決したので、こちらは満足のいく結果でした。

さて、今週から関東甲信が梅雨入りし、本格的な雨のシーズンに入ります。馬場が荒れる傾向にあり、特に阪神コースは難しい競馬になると思います。

東京競馬場では3歳ダートの重賞ユニコーンSが開催され、阪神競馬場では荒れる重賞のマーメイドSが開催されます。

ユニコーンSの方は例年通りであれば、順当に強い馬が勝ち、荒れるとしても2.3着が穴の、いわゆるヒモ荒れになるくらいな事が多いです。マーメイドSは馬場が悪い中でのハンデ重賞なだけに、意外な馬が飛び込んでくることもあります。

まずは比較的予想のしやすいユニコーンSから考察していきます。

スピードのあるダート馬

この時期に開催されるということもあり、馬場状態が重くなる事が多いですが、今週も雨が降り続いており、ダートコースは脚抜きの良い状態になっています。

加えて東京ダート1600メートルのコースは芝スタート。パワーに寄ったタイプの馬よりも、芝も走れるようなスピードを兼ね備えた馬の方が好走しそうです。過去のこのレースで馬場が重くなった時は、芝のレースを勝ったことがある父を血統に持っている方が(ゴールドアリュール含む)好走してるのもその裏付けではあります。

とは言うものの、過去に重馬場実績のない馬から適性を計るのは困難なのも事実なので、そのあたりも踏まえつつ考察していきます。

重馬場で好走のある馬

重馬場で良績があり、今回の条件に向きそうなのは、ケイアイロベージ、ゲンパチフォルツァ、ルーチェドーロあたりでしょうか。

ケイアイロベージとゲンパチフォルツァはヘニーヒューズ産駒で、脚抜きの良いダートが得意な血統。産駒のアジアエクスプレスは芝のG1を勝っています。

ゲンパチフォルツァは、前半3ハロンが34.9というハイペースで展開した青竜ステークスを2番手で進み、直線で先頭に立つとそのまま押しきりました。ルーチェドーロは函館の芝でも2着があり、スピード競馬にも実績があります。この2頭は馬場が悪くなっても平気なので、好走する期待がもてます。ルーチェドーロはどちらかといえば短い距離の方が良いので、そのあたりは若干心配ではあります。

面白いのはケイアイロベージでしょうか。オープン勝ちこそないものの、1勝クラスの勝ちっぷりが秀逸で、叩き出したタイム1.52.6は、その日行われた古馬2勝クラスの勝ち時計を0.6も上回っています。セン馬ということもあり、気性的な問題はつきまといますが、実力的な底が見えてないだけに注意は必要だと思います。

父 ヘニーヒューズ 母 ケイアイベローナ 3戦2勝(2.0.1.0)

勝鞍 未勝利、1勝クラス共に 阪神ダート良1800

新馬戦は重の中京ダートで3着とまだ覚醒していませんでしたが、続く未勝利戦は2着に7馬身差を着けての快勝。1勝クラスも楽勝し、その差し脚は優秀なものがあります。課題としては東京コースの芝スタートと、ワンターンに変わることでのリズムの変化で脚が溜まるかどうか。気性的な課題は残りますが、ハマればここでも勝ちきっても不思議はないです。

調教評価 ★★★☆ 栗東坂路 重 53.6ー12.4

単走ですが、重い坂路をものともせずに力強い動きを見せています。ラストで手前を何度か変えており、最後は多少重たい坂路コースに苦戦した様子は見えます。

そこまで実力差はない?

例年ですと、このユニコーンSは、強い軸馬が存在するようなメンバー構成になることが多いですが、今年はそこまで突出して強い馬がいません。ヒヤシンスSを勝ったラペルーズにしても前走はスピードに全くついていけず、サウジダービーを勝ったピンクカメハメハも日本の速いダートで好走できるかは全くの未知数です。

馬柱を眺めても、レースが変わる毎に勝ち馬が変わっており、ペースやコースなど、不確定な要素で着順が変わってる事が多いです。これなら無理に人気馬を買うよりも、総合的に見て穴っぽい所で勝負するのも面白いと考えます。

上でケイアイロベージを推したのもそんな理由からですが、もう1頭挙げるとすれば、前走1勝クラスの同条件を好タイムで勝ったクリーンスレイトです。その日に出した1.36.4というタイムは、同日の古馬の2勝クラスよりも0.3速く、前日の3勝クラスの立夏ステークスと同じタイムです。脚質としてどうしても後ろからになり、ペースに左右される所はありますが、一発に賭けてみたい魅力は十分です。

父 ディスクリートキャット 母 ニューチャプター2 4戦2勝 (2.0.0.2)

勝鞍 1勝クラス 東京ダート良1600  未勝利戦 中山ダート良1800 

新馬戦は中山芝1600メートルで10着と負けましたが、続く中京1400メートルの未勝利戦では上がり2位で4着と実力を覗かせ、距離を伸ばした前2走は着差をつけての完勝。脚質から内枠よりも外枠の方が競馬がしやすいため、その辺りの注文はつきますが、脚が溜まったときの爆発力が凄く、こちらもペースに左右されるところはありますが、期待が持てる1頭です。

調教評価 ★★★★ 美浦坂路 稍 53.9ー13.0

併せ馬で外から再三に渡りプレッシャーをかけられるも、全くぶれずに登坂。正直時計は少し物足りないですが、折り合いがよく、集中した走りに好感をもてます。

荒れる前提のレースだから

次は荒れる重賞のマーメイドステークスについて考察していきます。

毎年荒れるというだけあり、オッズが割れることが予想されます。買う方もある程度荒れる事を前提に買うので、そこそこの穴馬が来てもそこまでの配当がつかなかったりするので、過度な期待と買い目を増やしすぎた穴狙いは危険です。

基本的に出走馬の実力を考えつつ、ハンデ競走という観点から実力上位馬と勝負になりそうな穴馬を探していきます。また、この梅雨の時期の開催ということと、季節の変わり目であるということで、馬場に対する適性と馬の体調の良し悪しも予期しない穴が出る原因となっていると考えます。

まずはメンバー全体を見渡して実力が上位と考えられる馬を探していきます。

重賞好走馬と阪神実績

ハンデ戦ということもあり、重賞の好走はそこまで重要になりませんが、飽くまで実力を計る意味でこのあたりから考えます。また、阪神コースは馬場が悪くなると、途端にコース適性の差が顕著になることから、合わせてコース実績も考えていったほうが無難です。

この2つの観点からいくと、やはりアンドラステが最有力になると思います。牡馬とまじった重賞でも掲示板内に入る好走を見せており、阪神コースの稍重でも実績があります。ただ、出走レースがマイルと1800メートルに集中していて、2000メートルは今回が初めて。力のいる馬場になった場合は、初めての距離でスタミナが続くかどうかは未知数で、このあたりに付け入る隙はありそうです。

それならば長い距離でも好走があるソフトフルートと、最近成長を見せている差し脚堅実なレッドベルディエスも面白いでしょうか。ソフトフルートは秋華賞での3着という実績があり、加えて重馬場巧者。斤量もアンドラステより1キロ軽く、逆転まであるかもしれません。レッドベルディエスは成績からそこまで人気にならないでしょう。ですが3歳時のハイレベルなクイーンカップ5着など、隠れた能力は秀逸と見ていて、ハンデ53キロで復調しつつある現在なら良い勝負になる可能性は高いと見ます。

コース巧者と軽ハンデ

次に阪神コースの重馬場2000メートルという条件と、ハンデの軽い馬という観点から上記の3頭に迫れる馬を探します。

とはいうものの、週始めに期待していた馬が軒並み回避や除外となり、次点の評価の馬と、出走決定メンバーで再検討した結果になってしまいました。

阪神巧者という点ではイズジョーノキセキが有力です。阪神では8戦して、(2.3.1.2)の好成績を残しています。稍重馬場も2回あり、多少馬場状態が悪くなっても平気です。52キロのハンデも手頃ですが、脚質的には溜めた方がラストは切れる脚を使うので、西村騎手がどのように乗るかも重要になると思います。

最後にもう1頭穴としてカセドラルベルを挙げます。オープンに上がってからは苦戦が続いていますが、前走の都大路Sでは進境を見せた走りでした。3番手からレースを進め、前残りのレースではありましたが、勝ち馬との着差は0.1で2、3着馬とはタイム差なしの4着に粘り込んでます。中京コースですが稍重の2200メートルでも勝鞍があり、スタミナとパワーも兼備しています。

父 ハーツクライ 母 ベルスリーブ 14戦4勝 (4.2.1.7)

主な勝鞍 

3勝クラス 博多S 小倉 芝良2000  

2勝クラス 京橋特別 阪神良2000

ハーツクライ産駒ということもあり、若い時から長めの距離を使われてきましたが、オープンまでクラスが上がってからは壁に当たっている感じです。ダートにも挑戦しましたが、流石にパワー不足で、やはり芝の方が合っています。前走の走りは前残りだとしても復調を見せていて、勝負所でもたついて外に切り返した分の差です。少し雨が降って時計がかかるようなら出番は十分あると考えます。

調教評価 ★★★☆ 栗東坂路 重 54.4ー11.9

全体のタイムは出してなく、終い重点での調教です。ラストは良い伸びを見せていますが、並走馬には1馬身ほどの遅れをとっています。正直もう少し切れのある所が欲しかった印象です。

好調教馬をご紹介!

今回は3歳のダート戦と、牝馬のハンデ戦ということもあり、陣営の調整も微妙。マーメイドステークスの方はしっかり負荷をかけた馬が多かったですが、併せ馬で遅れてる馬が多いです。ユニコーンSの方はもともと調教で動かない馬も多く、少々見極めは難しいです。今回も良く見えた順にそれぞれ2頭ずつ紹介します。

ユニコーンS

ピンクカメハメハ ★★★★★

栗東の坂路を単走ですが、スピードのある走りを見せています。17日に追った分他の馬よりもタイムは速いですが、身体のキレや動きがとても良いです。速いダートに対応できるか未知数ですが、この動きであるならばこなせる可能性は高いです。

カレンロマチェンコ ★★★★☆

こちらも単走ですが、重たい坂路コースを力強く真っ直ぐに登坂しています。タイム全体が速い割には後半も緩んでおらず、かなりの好調教です。距離的にマイルがもつかは微妙ですが、デキは良いです。

マーメイドステークス

ソフトフルート ★★★★☆

栗東のウッドコースで併せ馬。外から被せられると、馬なりで加速してラストは引き離す一方。貫禄すら感じられる調教に状態の良さが感じられます。荒れる重賞ですが、この馬は入れておきたいと考えます。

ホウオウエミーズ ★★★★☆

美浦ウッドコースで併せ馬。今週は遅れる馬が多いなかで、ラストの直線は内から馬なりで先着。外の強めに追われた馬の追走を難なくねじ伏せています。実力はまだ少し足りませんが、軽ハンデを生かして上位に食い込む事はあるかもしれません。

今週も全馬無事にゴールを!