スラ代表の重賞を斬るっ!~2021エプソムカップ 函館スプリントS

早くも夏競馬のスタート!

春のG1も一段落し、ラストの宝塚記念まで2週間ほど間が開きますが、今週から早くもサマースプリントシリーズがスタートします。

今年は札幌競馬場での開催になりますが、コース形態は函館競馬場とそこまで変わらないので、当週の馬場を考慮に入れつつ例年通りの予想で問題ないと考えます。ただ、注意すべきは、クッション値を導入して初めての北海道競馬なので、その辺りの馬場傾向はしっかりと確認したほうが良いでしょう。基本的に洋芝はもともとクッション性があるのでそこまで気にしなくても良いとは考えています。

東京競馬場では秋のG1に繋がっていくエプソムカップが開催されます。このレースから出世した馬も過去におり、見逃すことの出来ないレースになっています。

この天気の安定しない時期ということもあり、重馬場になることの多いエプソムカップですが、今年はどうなるでしょうか。

両重賞ともに今年も秋に向けての注目馬が出走してきますが、まずはエプソムカップから考察していきたいと思います。

目指すは秋の天皇賞!

東京コースの1800メートルの古馬の重賞となると意外に数は少なく、このレースの他には天皇賞の前哨戦の毎日王冠と、牝馬限定のアイルランド府中牝馬Sだけです。それだけにこのレースの結果は秋のレースに向けての重要な参考になると共に、ここから大レースに向かっていく馬も少なくありません。

今年のメンバーを見てみると、そこまで目立って強いと感じる馬はいません。ですが、なかなか面白いメンバーが集まり、実力も拮抗していると考えます。

今回は出走メンバーを大きく新興勢力のグループの馬と、既存の実力馬とのグループに分けて考えていきます。

新興勢力

新興勢力は文字通り新しく台頭してきた馬を差します。上がり馬などと言いますが、古馬に使う表現としては私的にはしっくりきません。

今年はこの新興勢力が多く、取捨選択に悩むところだと思います。なかでも面白そうなのは、今年の京都金杯で1番人気だったシュリと、連勝でここに挑戦するファルコニアでしょうか。

シュリは金杯こそ負けてしまいましたが、安定感がある走りを見せていて、小倉や中京など小回りの競馬場だけでなく、新潟競馬場のような大箱でも結果を残しているように、競馬センスは抜群です。近走はマイルを中心に使われていますが、2000メートルでも勝ち鞍があり、1800メートルなら全く問題ないと考えます。戦績として東京コースを走ったことはないですが、坂や左回りを苦にする事もなく、東京コースも問題ないと思います。

ファルコニアはクラシックには手が届きませんでしたが、今年に入って成長を見せていて、タイムの速い阪神競馬で連勝してきました。前々での競馬で連勝してきましたが、3歳の時は差し脚勝負もしていて、競馬に自在性を持ちます。左回りでの勝ちが無いためそこまで強くは推せませんが、連勝の勢いで壁を越える事はあると考えます。

既存の実力馬

実力馬のなかでは、やはりアルジャンナが1番手でしょうか。マイラーズカップでは最速の上がりの脚を使い2着に入りました。その時の1着のケイデンスコールは安田記念では10着と敗れてしまいましたが、このメンバーのG3であればこの馬でも実力は上位と見ます。

去年のクラシックを湧かせた馬の中ではガロアクリークが一番でしょう。産駒としてはパワータイプであり、芝のレースでここまで走るとは思えませんでした。去年の皐月賞を見ても、今の東京の馬場状態にマッチするイメージで、1800メートルくらいの距離があっています。ただ、前走の除外の影響は少なからずあるはずなので、調教などの馬体の状態は見極める必要があります。

もう一頭、クラシックで活躍したヴェロックスの復活もあり得ると考えます。ジャスタウェイ産駒で今の東京競馬場の馬場に向いている事と、今回は多少なりとも調整に工夫をしている様子が見られます。もともと実力があるし、先週安田記念で復活したダノンキングリーが調整方法を変えて見事に復活したこともあり、一定の注意は必要だと思います。

穴としては?

穴っぽい所としては、休み明けのセダブリランテスが中でも有力でしょう。なかなか詰めた間隔でレースが使えない所があり、7歳の現在でもキャリアは8戦しかありません。それだけに身体そのものは若い可能性があり、陣営がキチンと馬を作ってくれば、もともと実力が高いだけに軽視するのは危険だと考えます。

どちらが上?

問題はこの2つの勢力のどちらが上かということですが、総合的に見ると、まだ既存のメンバーの方が上に感じます。レース展開としては目立った逃げ馬もいないため、スローで流れての上がり勝負になりそうで、そうするとマイルで活躍しているアルジャンナや、ガロアクリークの差し脚が生きてきそうです。

長く良い脚を使いたい馬が多く、レース途中からペースが必要以上に上がる可能性があり、仕掛け所が難しくなりそうなのも差し馬に展開が向きそうなファクターになりそうです。

サマースプリントシリーズ!

次は速くも夏競馬に入る札幌競馬場の、函館スプリントSです。上でも述べたように札幌競馬場での開催ですが、馬場や規模の差はそこまでないので、函館競馬場での過去の結果と同じように考えていきます。

別定重量ですが、リンゴアメとシゲルピンクルビーの3歳牝馬の2頭は50キロという破格な軽さで出走できます。特に気性が甘すぎるシゲルピンクルビーにとってはこの恩恵は絶大でしょう。重賞勝ちもあり、50キロであるならば押さえ程度には必要かもしれません。ですが、基本この3歳馬の2頭は斤量以外に買い要素はありません。

軸馬としては?

実力がかなり拮抗していますが、ある程度好走する信頼の置ける馬としては、重賞で2着を続けているカレンモエでしょう。血統も成績も、札幌の洋芝に苦戦するとは考え辛く、開幕直後の芝状態であれば前々からの押しきりに期待ができます。

洋芝巧者にも注意が必要です。このメンバーの中だと、ビアンフェ、ケープコッド、コントラチェック辺りが有力になるでしょうか。特にケープコッドとビアンフェは平坦コースの方が得意な傾向があり、札幌競馬場での好走に期待が持てます。

特注の穴!

週始めに書いた記事の中で挙げていた馬が何頭か除外されてしまったため、次点での穴候補の馬を1頭だけ挙げておきます。

実力的にはまだまだ不完全ですが、この時期の洋芝での走りが良いアスタールビーです。敢然と先頭にたつ馬が少ないため、枠によってはこの馬が逃げるかもしれません。ビアンフェとの先行争いになりますが、番手からの競馬で勝ったこともあります。ですが重馬場になると成績は悪くなる傾向なので、狙うとしても天気次第では控えめにしたほうがよいかもしれません。

好調教馬をご紹介!

札幌競馬のメンバーは長距離輸送後の疲れも考慮しての調整の馬が多いですが、基本的にみんな北海道に入厩してからの調教です。

エプソムカップの方は、この後は夏競馬を使うか、休養かの選択が出来ることもあり強い仕上げをしている陣営が多い印象です。

今回はそれぞれ2頭ずつ良く見えた馬を紹介します!

エプソムカップ

シュリ ★★★★★

坂路で単走の調教ですが全体タイムも良く、ラストまで脚裁きが衰えることなく登坂しています。終始馬なりの割には気合い乗りもよく、このレースに向けての仕上がりはかなり良いと思います。

ヤシャマル ★★★★☆

こちらも坂路調教で、一杯に追わせる意欲的な調教が好印象です。最後まで抜かせず、ラストは半馬身ほどの先着で駆け抜けました。正直実力は一歩足りない気もしますが、気合い乗りも抜群で、調整そのものは万全です。

函館スプリントS

ケープコッド 特★★★★★

遠征直後でありながら、併せ馬で強めに追われていて、札幌の芝コースを苦にすることもない力強い動きが好印象。かなり洋芝が合っている動きで、ここを本気で取りに来ている様子が伺えます。

ビアンフェ ★★★★☆

こちらは単走で全体時計も速いものは出していませんが、手脚の動きが力強く、まさしく洋芝の申し子といった感じ。外枠で先行脚質なのであまり強調は出来ませんが、馬の出来は良いです。

今週も全馬無事でゴールを。