札幌競馬開催!~函館スプリント

安田記念は復活ダノンキングリー!

圧倒的な1番人気のグランアレグリアを破ったのは、近走の結果からは少し買い辛かったダノンキングリー。もともと実力はあり、東京コースも得意としていました。競馬は何があるかわかりませんが、それもまた楽しみの一つでしょうか。

古馬になってここまで好走と凡走の差があるという事を考えると、何か身体に疾患があるのかもしれませんが、真相は馬主や関係者しか分からないでしょう。


さて、まだ春のG1は宝塚記念が残っていますが、今週から早々と夏競馬が始まります!
重賞1発目は、今年は札幌競馬場で行われるサマースプリントシリーズ第一段、函館スプリントです。秋に向けてのスプリント戦で、今後の短距離戦線を占うのには重要なレースです。

場合によっては穴も飛び出す難しいレースになりますが、そろそろ赤鉛筆メンバーもこういうローカルレースをしっかりと予想できるようにしていかないといけません。

また夏競馬になると、3歳馬も古馬と一緒に重賞を走るようになるので、その辺りの実力の見極めも必要になってきます。

登録は22頭!

涼しい函館での開催という事で、輸送を含めても走りやすい環境の北海道。別定戦の割には登録も多くなっています。

今年は22頭が登録していますが、今回も有力どころをピックアップして紹介していきます!

アスタールビー (除外、回避の可能性あり)

馬柱の上では冴えない成績が続いてますが、この時期の北海道では良い成績をおさめています。特に馬場状態が悪くなったときは走る傾向なので、天気次第では穴に面白いかもしれません。

カレンモエ

ここ2戦重賞で2着と好走しています。イマイチ勝ち切れないのは、やはり他の馬との決め手の差になります。走りが堅実でパワーのいる洋芝も問題なく、このメンバーであれば軸にするのに良いと思います。

ギルデッドミラー

3歳の頃は活躍していましたが、最近は少し伸び悩んでいます。前走は着順ほど負けておらず、オルフェーヴル産駒はこの時期に成長する事が多いので、見切るのは危険だと思います。

ケープコッド

1200~1400メートルで活躍している馬で、最近はクラスが上がって少し苦戦しています。ですが洋芝での成績が良く、人気にならないのであれば穴として狙うのは面白そうです。

コロラトゥーレ (除外、回避の可能性あり)

前走で18戦ぶり(インターバル)の勝利を記録し、大万馬券の立役者になりました。もともと洋芝での成績は良く、今回も人気にならないと思うので高配当狙いなら馬券には入れておきたい所です。

コントラチェック

ルメール騎手が主戦だった時は人気がありましたが、最近は低迷していました。安定しない成績と気性で前走は穴という形になりましたが、本来はあれくらいは走る馬。ですが本質的に当てにできないので馬券的な扱いは難しいです。

シゲルピンクルビー

今年のフィリーズレビューを勝った馬で、かなりの気性難。1400よりは1200の方がその辺りを考えると良いですが、北海道への長い輸送は確実にマイナスで、滞在競馬などの対処は必要と考えます。

ジョーアラビカ

好調期と不調期がある馬で、こちらも馬券の扱いは難しいです。キャリアは数多いですが、意外に北海道競馬は初めて。成績的に見ると、初めての洋芝でも問題はなさそうですが、開幕週の馬場は厳しいかもしれません。

ナランフレグ (除外、回避の可能性あり)

このメンバーに入れば実力は上位ですが、いかんせんその脚質が勝ち切れない原因です。今回も開幕週の馬場でどこまで追い込んでこれるかになりますが、当日の馬場傾向は前日のレース結果などでしっかり確認しましょう。

ビアンフェ

気性の悪さから成績が安定しませんが、前走は時計の水準が下がったところからの3着と好走を見せました。洋芝は走る方なので、開幕週でも高速馬場にならなければ、チャンスはありそうです。

マイネルアルケミー (除外、回避の可能性あり)

2勝、3勝クラスと連勝してきましたが、馬場状態が悪くなってのもの。今回も雨で重馬場になれば注意が必要ですが、良馬場で勝負になるほどの力はないと見ます。

ミッキーブリランテ

今年に入ってから復活して近走は好走しています。前走は強い相手に良い競馬をしていて、このメンバー相手なら有力候補です。ただ北海道での競馬は初めてなので、メンタル面での課題はあります。

ルッジェーロ (除外、回避の可能性あり)

ダートを中心に走っていますが、芝も走れます。阪神のタンザナイトSでは3着と穴になりました。函館の芝は合いそうですが、時計勝負には向いていないので、脚質からも開幕週の馬場はどうでしょうか。

🔰おすすめの買い方!

3歳と古馬が混じっての重賞、おまけに開幕週の洋芝と、予想を難しくする要素がたくさんあり、馬券は難しい傾向にあります。

開幕週の芝という事もあり、やはり中心はカレンモエになると考えます。3歳も混じったレースですが、このレースは別定戦なのでそこまで神経質に考えなくても良いです。

毎年穴をあける傾向にあるのは過去に洋芝で好走していた馬が多い印象ですが、差しあたって近走の成績から考えるのが基本ではあります。

カレンモエからミッキーブリランテ、ギルデッドミラー、ケープコッドと押さえ、ナランフレグの差しがどこまで決まるかの2.3着争いを中心に買うのが良いでしょうか。

穴としてはダート兼用のルッジェーロと気性難のシゲルピンクルビーあたりでしょう。シゲルピンクルビーは当週輸送ではなく、あまり多くはないですが北海道に滞在しての競馬が前提になると考えるので、そのあたりの情報には注意してください。

滞在競馬

北海道や九州で開催される競馬の時に、長い輸送を避けるために前もって現地に乗り込んでレースに臨むこと。関東から関西などではあまりないですが、クラシック戦の時などはこの方法を取る陣営もいます。当然お金がかかるので本気度も見え、買い要素になります。

扱いの難しいコントラチェックですが、精神的な問題なので、輸送状況や当日の気配から判断した方が良いです。シゲルピンクルビー同様、滞在競馬なら積極的に狙っても良いと思います。

今週も全馬無事でゴールを!