スラ代表のG1を斬るっ!~2021安田記念

グランアレグリアが参戦!

大阪杯の敗戦も何処吹く風、ヴィクトリアマイルを快勝したグランアレグリアが中2週という間隔の詰まったローテーションでありながら、安田記念に出走を決めました。

去年の同レースはアーモンドアイが人気を集める中で、中段から押し上げていき、直線で突放、ラストは0.4秒差をつけての勝利と強い競馬を見せました。

今年は中2週というローテーションですが、ヴィクトリアマイルはそこまで体力を使った走りではなかったと考えられるため、去年のアーモンドアイのようにそこまでの心配はいらないと見ます。ただ、アーモンドアイがそうだったように、多少のパフォーマンスの低下は考慮に入れて予想するのが正解でしょう。

とはいえ、現状のマイル戦線で、このグランアレグリアよりも強い馬は見当たらず、ここでも不動の軸であることには間違いありません。ですので、素直に前哨戦その他のレースから対抗以下の馬を探します。

前哨戦の考察

安田記念のステップレースになっているのは、主に3つのレースがあります。京都競馬場で行われる(今年は阪神開催)マイラーズカップ、中山競馬場で行われるダービー卿CT、そして東京競馬場で行われる京王杯SCです。

このうち、京王杯SCは距離が1400メートルですが、本番と同じコースで行われる上に、春先の速い馬場も経験出来るので強い馬が集まる傾向があります。

マイラーズカップ

今年は阪神コースで開催されましたが、本来ならば京都競馬場で行われるレースです。昔はこのレースからの参戦馬はそこまでの良績を残せてませんでしたが、馬場傾向の変化もあり、近年だとインディチャンプがここからの勝利を見せています。

昔からの傾向としてはこのレースを勝ちきった馬ではなく、ここで善戦した馬が本番で成績を上げることが多いです。インディチャンプも安田記念を勝った2019年は4着でした。原因として考えられるのは、高速馬場での疲れや元々の叩きでこのレースを使っていることが考えられますが、阪神コースに変わった今年はその傾向が変わる可能性はあります。ですので、ここは勝ったケイデンスコールを評価します。

今年始めに不振を脱出した後は、中山記念でも2着する好成績を見せています。マイラーズカップは代打の古川騎手でしたが、中段でしっかりと折り合い、ラストは外を回ったものの、前目で粘る2頭を捕らえて勝ちきっています。

グランアレグリアの差し脚と比べると、当然劣ると思いますが、復調した今なら長い東京の直線も有利に働くぐらいの勢いはあります。

ここでの4着にダイワキャグニー、7着にギベオンと入ってはいますが、前残り気味の馬場状態であったことも考えると、あまり評価はできません。ダイワキャグニーは番手の競馬ができたことは収穫で、東京コースと相性は良いですが、今年の差しも利く東京の馬場では好走は難しいと考えます。

ダービー卿チャレンジトロフィー

今年のこのレースを勝ったのはテルツェットですが、そのテルツェットは先日のヴィクトリアマイルで完敗してしまいました。実力と勢いはありましたが、レースの格の違いや馬場状態もあり、好走出来なかったものと見ます。

ここで2着のカテドラルは1頭だけ違う脚で追い込んできました。この馬も低迷期を越えて復活してきました。イマイチ勝ちきれないのは脚質的に後ろからいかないと脚が溜まらず、結果どうしてもペースに左右されるということになるからです。直線の長い東京競馬場に変わるのはプラス要素ですが、このメンバーで勝ちきるにはペースの他に伸び伸びと走れる枠運も必要になります。

京王杯スプリングカップ

このレースはラウダシオンが終始2番手から競馬を進め、そのままラストで先頭に立ち、押しきった形になりました。馬場状態が良く、好走した馬がみな先行タイプだっただけに、ある程度の評価は出来ても、軸馬に指名できる程のものではありません。実力としては去年よりかは確実に進化はしてきていますが、今年の高松宮記念をみても、まだG1で活躍出来るほどには強くないと考えます。

前走G1組、そして長期休み明け

扱いが難しい馬の中には、休み明けでの参戦の馬もいます。大阪杯から2頭、カラテは東京新聞杯以来、そしてダノンの2頭は去年の冬のレースからの参戦です。

最近の競馬は間隔が開いても問題ないところはありますが、いきなりの高速馬場のG1ともなると心配ではあります。その中では去年の毎日王冠で古馬に楽勝したサリオスが有力と見ます。

前走は阪神コースの重馬場で、適性の差が出たレースになりました。仮に良馬場であれば、毎日王冠の走りからも2000メートルくらいまではまともに走れると考えます。ハーツクライの産駒はマイラータイプが少ない印象ですが、瞬発力というより持続力で勝負する馬が多いので記憶に残らないだけです。

サリオスは去年のマイルチャンピオンシップで上がり最速を出しており、瞬発力も申し分ないです。東京コースも得意としており、大阪杯の疲れがない状態であれば巻き返しは必至でしょう。

そしてもう1頭忘れてはならないのは高松宮記念から参戦のインディチャンプでしょう。高松宮記念では馬場の外側で伸びる2頭に対して内を進み、確実に脚を伸ばして3着に入りました。正直年齢からも1200メートルという距離は忙しく、やはりマイルという距離がベストだと考えます。もともと叩き良化形なのに加えて、スプリント戦を使ったことで、スピード競馬に対してプラスに働く可能性が高く、今回での好走が期待できます。

最後にもっとも扱いの難しい、ダノンの2頭と上がり馬のカラテですが、ダノンの2頭に関しては休み明けは問題なく走るのでそこまでの心配はいらないとみています。ただ、馬券的には上位に来るかは微妙な所で、特にダノンキングリーは年齢を重ねてもう少し長い距離の方が脚を溜めやすく、今回は控えめにしたほうが良さそうです。

ダノンプレミアムは何にせよ爪の状態次第だと思います。今年の東京競馬場は以前のような堅すぎる馬場ではありませんが、力のいる馬場であることは確かです。今週の天気で雨が降った事はプラスなので、一応の注意は必要であるかとは考えます。

そして上がり馬のカラテですが、こちらは間隔をあけて調整はしてきましたが、まだこのメンバー相手のG1を戦える程の実力に達していないと見ます。マイルという距離での3連勝は見事ですが冬場のレースでのもので、今の東京の速い馬場に対応出きるかは未知数です。加えて脚質的にも決め手に欠ける所があり、このメンバーに入ると確実に見劣りします。

この3頭に関してはオッズとの兼ね合いにもなりますが、基本的には積極的に買う必要はないと考えます。

🔰好調教馬をご紹介!

クラシック戦が終わり古馬のG1となった今週は、攻めた陣営がはっきりとしています。調教だけでその馬を測ることは難しいですが、その中でも良く見えた馬を今週も3頭ピックアップしていきます!

ケイデンスコール ★★★★★

近走は岩田騎手を背にした意欲的な調教をしていて、今回も坂路コース。全体の入りはゆるいものの、ラストは矢のような伸びを見せています。なにより鞍上との呼吸があっており、今年の勢いからも打倒グランアレグリア1番手はこの馬かもしれません。

ダノンプレミアム ★★★★☆

ウッドコースで長く脚を使う調教。ラストのキレもあり、長い休み明けとは思えないほど手脚の動きが素晴らしいです。この動きならば爪の状態も悪くないと思います。若干太めに映る馬体で割り引きしましたが、それがなければこの馬が一番でした。

インディチャンプ ★★★★☆

やはりこの馬は調教は動きます。今回も変わらず坂路コースですが、少し気負い気味だったのは前走でスプリント戦を使ったからかもしれません。ただ、力感や迫力はこの中では1番で、今回も好走が期待できると思います。

春のマイル王はどの馬になるでしょうか!今週も全馬無事でゴールを。