スラ代表のG1を斬るっ!~2021日本ダービー

競馬の祭典、東京優駿

まちにまったダービーweekがやってきました。競馬人なら興奮せずにはいられない日本ダービーです。その年の3歳の頂点を決める戦いの勝馬を当ててこそ、毎週予想をしている甲斐があるといえるでしょう。

そんな東京優駿、日本ダービーですが、今年は皐月賞を圧勝したエフフォーリアが断然の人気になっています。ですので、まずはエフフォーリアの強さの考察から始めたいと思います。

優れた先行力

エフフォーリアの強さは、その優れた先行力にあります。単に先行脚質と言っても、一定の能力がないとその能力をフルに発揮することは出来ません。

競走馬の脚質は大きく分けて4種類あります。

脚質についての解説は、こちらでまっぱらやすたがしてくれます↓

この脚質のうち、やはり一番理想なのは先行ということになります。なぜなら、ペースやコース形態での有利不利を一番受けにくいからです。

ですが、ゲートが開いてから好位置を取りに行く操縦性、他馬とのポジション争いに競り勝つ馬体の体幹の強さ、位置を取ってからの騎手とのペースのコンタクトを取る気性の良さ、この全てを備えてこそ先行脚質で活躍できる競走馬になります。

当然、他にも位置を取っていくライバルはいるので、そのプレッシャーにも勝たなければなりません。エフフォーリアはこの条件を全て満たしているからこそ、無敗でここまでこれました。そしてこの馬が強い所はこれだけではありません。

瞬発力もあり!

エフフォーリアという馬は先行脚質でありながら、今までのレースで全てラスト3ハロンのタイムが全体の2位以内という、持続力と瞬発力を兼ね備えます。日本ダービーが行われる東京コースは直線が長く、後ろからの追撃も警戒しなければいけません。先行して好位置をとり、その上で瞬発力で後ろの追撃も完封するという離れ業が出来るのがエフフォーリアなのです。

ただ、今度の舞台は圧勝した東京競馬場といえど、未知の2400メートルという距離になります。絶対的と言えるような強さを持っていたとしても、この馬以上の瞬発力でこられた場合に、負けてしまう可能性はもちろんあります。

メンバーを見渡した限り、このような瞬発力をもっていそうなのはサトノレイナスになりますが、こちらも初距離な上に、初めての牡馬とのレースということで、さすがのルメール騎手でも荷が重いと考えます。

前哨戦の考察

次はいつもの通り、前哨戦から有力馬を探します。ダービーの前哨戦は、主に皐月賞ですが、トライアルの青葉賞、京都新聞杯、プリンシプルSと多岐に渡ります。

皐月賞

皐月賞は2着に粘ったタイトルホルダーが道中2番手から先頭を伺い、好位から抜け出したエフフォーリアが3馬身差を着ける圧勝でした。馬場が渋ったこともあり、掲示板内には前目の馬が3頭入っています。重巧者のステラヴェローチェは内々のロスのないコース取りで3着に追い込みましたが、東京コース変わりで良さそうなのは、直線で外に進路を切り替えたアドマイヤハダルと外を回って追い込んだヨーホーレイクでしょう。

アドマイヤハダルは長く脚を使うタイプで、中山よりも東京コースの方が合っている可能性が高いと考えます。ヨーホーレイクは速い脚をもってはいるものの、エンジンのかかりが遅く、こちらも東京コースで変わる可能性を秘めています。

穴目としては、4コーナーで多少の不利があったグラティアスでしょう。勝負所で1列外に弾かれ、スピードに乗るまでに時間がかかりました。内目の枠も引き当て、広い東京コースなら伸び伸びと走れる分ラストの脚に期待がもてます。

青葉賞、京都新聞杯、プリンシプルS

今年のこの3つのトライアルレースは、そこまでレベルの高いものではありませんでした。基本的に毎年トライアルは、皐月賞上位組とは勝負付けが済んでいる事が多く、オークスのソダシのような不安要素のない場合は、極端な順位変動は考えなくとも良いです。

ですがこの中で皐月賞組と好勝負をしていた馬が1頭だけいます。去年の11月からおよそ半年ぶりのレースで青葉賞を勝ちきったワンダフルタウンです。さすがに半年ぶりのレースで多少の動きの鈍さは目立ったものの、何とか間に合わせたという印象が強く、今回順調に良化していれば上位争いに加わる力はあります。なんといっても未勝利戦での新潟の走りが圧巻の1.3秒差。左回りは2戦2勝という相性の良さも光ります。

その他のレース

その他のレースからでは、毎日杯で1、2着したシャフリヤールとグレートマジシャンが有力候補ですが、今回の条件に限ると2着だったグレートマジシャンの方に、より魅力を感じます。

1月のセントポーリア賞ではバジオウに0.4差をつける完勝で、タイムもその日の2勝クラスのタイムより1.7秒も速い時計で勝っています。毎日杯は初めての関西輸送ということもあり、東京競馬場に変わる今回は実力を存分に発揮するチャンスでもあります。

🔰好調教馬をご紹介

先週のオークスは調教が良かった馬が多く迷いましたが、今週もやはり日本ダービーということもあって、この一戦をメイチで挑む陣営がほとんどです。

先週のソダシのように、調教だけではなかなか判断が難しいですが、内容や一週前の様子を含めて3頭をピックアップします。

エフフォーリア 特★★★★★

皐月賞と違い、3頭併せの真ん中で抜け出しを計る意欲的な内容です。あっさりと抜け出すと、鞍上は手を弛めることなく少し長めに追っています。東京コースの長い直線を意識したもので、すこぶる順調な仕上がりです。

グレートマジシャン ★★★★★

まだまだ荒削りな印象ですが、この走りでもラストの伸びが素晴らしく、全力で走る並走馬を瞬時にかわしています。本当に良くなるのはもう少し先かもしれませんが、現時点での最高な仕上がりなのは間違いないです。

ワンダフルタウン ★★★★☆

並走馬が早めに脱落しましたが、小気味よいピッチで、脚の動きが素晴らしいです。ラストは一杯に追われており、目を引く伸びを見せています。半年ぶりの前走からの上積みは確実にありそうです。

今週は興奮必至の日本ダービーですが、まずは全馬無事で回ってきてほしいですね!

それではレースを楽しみましょう!