さあ!ダービーweekだ!

競馬の祭典 東京優駿

その年の3歳馬の頂点を決める東京優駿。今年は牝馬のサトノレイナスも参戦を決め、更なる盛り上がりを見せています。

皐月賞の結果を見るとエフフォーリアが頭一つ抜けている印象ですが、舞台は東京2400。オークスの結果を見てもやはり総合力が問われるレースになります。

また、皐月賞に出られなかった馬の中にも、今回の舞台を考えた場合に有力馬がいるはずなので、そのあたりの見極めも重要になってきます。

登録は18頭!

今年はメンバーレベルも高く、登録はフルゲートの18頭ピッタリということで、全頭紹介していきます!

アドマイヤハダル

皐月賞は不利な1番枠から外を回し、4着と実力を見せました。成長力があり東京2400でも期待が持てる1頭です。速く長い脚が使えるため、あとは好枠に入れるかという運だけです。好枠であれば逆転の可能性もあり得ると考えます。

ヴィクティファルス

皐月賞は9着と負けてしまいましたが、東京コースの共同通信杯ではエフフォーリアの2着があります。多少馬場が重くなった方がいいので、当日が雨馬場になった場合に期待度は上がります。ですが現状は1800メートルくらいが良い印象です。

エフフォーリア

皐月賞は見事な完勝でした。東京2400も問題なく、あとは枠運だけになります。正直、皐月賞時点での仕上げは7割程度にみえたので、キッチリ仕上げるだろう今回は、相手探しの競馬になると考えます。文句なしに強いです。

グラティアス

皐月賞は少ないキャリアの中でよく頑張っています。中山での印象が強いですが新馬戦は東京コースで楽勝しており、血統的には東京2400メートルは向いています。活躍は秋以降だと思いますが、力のいる馬場になった場合は一定の評価は必要です。

グレートマジシャン

阪神の毎日杯で2着した馬です。タイムの速いレースで上り最速を使っていますが、メンバーレベルとしてはそこまで高くはありませんでした。セントポーリア賞で子ども扱いしたバジオウが後のプリンシパルステークスを勝っており、対抗筆頭はこの馬でしょうか。

サトノレイナス

牝馬でダービーに参戦してきました。2着が続いていますが、実力は折り紙付きで、未対戦ゆえの魅力はあります。頭で勝ち切るのは難しいかもしれませんが、差し脚はこの中に入っても通用すると考えます。

シャフリヤール

グレートマジシャンに毎日杯で勝った馬です。共同通信杯では3着でしたが、成長力は期待できます。血統としてアルアインの下という事もあり、やはり右回りの方が良さそうではあります。2400メートルをこなせるかもポイントです。

ステラヴェローチェ

皐月賞は内を上手く立ち回り、3着と実力を見せました。走りの安定感がまだないので、良くなるのはこちらも秋になると思います。重馬場は得意なので、天気次第では馬券内に浮上するかもしれません。

タイトルホルダー

皐月賞は見事な走りで2着をもぎとりました。東京2400メートルで逃げ切るのはかなり難しいですが、馬具の工夫でかなりの良い走りが出来てきました。他馬がエフフォーリアのマークに集中する隙をついての逃げ切りはあるでしょうか?

タイムトゥヘブン

NHKマイルカップからの参戦になります。さすがにレースを使いすぎているので、すでに余力はないと見ます。マイルを使ってきたのでスピード競馬には慣れていますが、2400メートルではどうでしょうか。

ダノンザキッド(回避の可能性あり)

皐月賞はまさかの惨敗でした。体調面や気性面など難しい所はあったのかもしれませんが、それにしても走らなすぎでした。実力はあるのでこの短期間でどこまで立て直したかに注目し、今週の仕上がりは要チェックです。

ディープモンスター

皐月賞は7着とそこそこの走りでした。走り方からは東京競馬場向きで、速い脚より長い脚を使います。イメージ的にはここより秋の菊花賞なので、このメンバーでどこまで頑張れるかになるでしょう。

バジオウ

プリンシパルステークスで最後の切符を手にした1頭で、切れる脚がなく勝つのに苦労しました。2400メートルは合っている印象で、精神力は上位です。ただ、キャリアが多く体力的に余力があるかは微妙な所です。

バスラットレオン

前走は落馬でほとんど競馬をしていないので、疲労は考えなくてよいでしょう。札幌の1800で勝ちがあり、意外に2400メートルは合うかもしれません。ノーマークの走りで大穴を演出する可能性はあります。

ヨーホーレイク

皐月賞は位置取りが後ろになり、結果5着と良い脚が使えませんでした。広い東京コースに向いている可能性があり、巻き返しに期待できます。ですが鞍上はやはり武騎手のほうが良いので、そのあたりには注目です。

ラーゴム

皐月賞は良い所がなく終わってしまいましたが、体調的なものもあったと考えます。巻き返しに期待ですが成長があまり見られず、切れる脚もないため、飽くまで善戦級の馬だと思います。

レッドジェネシス

トライアルの京都新聞杯を勝ちましたが、中京開催でメンバーレベルも低く、この中に入ると見劣りします。ただ、パワー面は優秀なので重の乱戦になった場合は浮上してくるかもしれません。

ワンダフルタウン

なかなか間隔を詰めて使えず、青葉賞で何とかダービーに間に合わせました。実力はありますが、青葉賞からの臨戦は体力的にも厳しく、間隔が詰まった状態のレースで、この馬がどういったパフォーマンスをするかは微妙な所です。

🔰おすすめの買い方!

皐月賞の結果を見るとエフフォーリアが抜けている印象ではあります。ですので、素直にこの馬を軸に考えた方が馬券としては当たりやすいと考えます。
エフフォーリアとの馬連を押さえ、3連系で穴目を狙っていくことになりますが、注目は牝馬のサトノレイナスの扱いだと思います。

先週のオークスを勝ったユーバーレーベンよりも速い脚を使え、東京コースも問題なく、パワーもある牝馬で、問題は力関係と、実は初めての牡馬との対戦という事になります。牡馬との初対戦で力を出し切れない可能性もあり、ここは押さえ以下の評価が妥当な所で、あまり大きな勝負は避けた方が無難でしょうか。

注目の対抗馬としては、毎日杯で2着と差し切れなかったグレートマジシャンと、距離延長がプラスになりそうなヨーホーレイク、アドマイヤハダルでしょう。

グレードマジシャンは上にも書きましたが、セントポーリア賞ではプリンシパルステークスを勝ったバジオウを子ども扱いしており、広い東京コースに向いています。

ヨーホーレイクは皐月賞では後方からになりましたが、ラストで良く追い込んできていて、距離の伸びる広い東京競馬場の2400メートルならば面白い存在です。それだけに武騎手に乗って欲しい1頭ではあります。

アドマイヤハダルは皐月賞では不利な内から外への切り返し競馬の割には良く追い込んでいました。瞬発力に欠けるため展開が重要になりますが、タイトルホルダーという逃げ馬が締まったペースを作る可能性が高く、持ち前の長い脚が生きる可能性が高いです。

皐月賞で人気を集めたダノンザキッドの巻き返しにも期待しますが、さすがに負けすぎていて、ダービーで連に入るくらいに回復するのは少し難しいと思います、こちらは3連系の3頭目の評価が妥当でしょう。(回避の可能性あり)

競馬の祭典日本ダービー、全馬無事に回ってくることを祈りましょう!