スラ代表のG1を斬るっ!~2021オークス

総合力が問われる東京2400メートル

オークスが行われる東京コースはもともとクセがなく、広くて大きいため、その馬の実力がハッキリと出やすい良い競馬場であります。加えて距離が2400メートルともなると、スピード、スタミナ、精神力と、1つだけの突出した能力では勝ちきれない総合力が問われるレースになります。

そんな過酷なレースであるので、まだ若い3歳牝馬にとっては毎年厳しい闘いになります。今年のメンバーの中で総合力という事で考えるならば、やはり桜花賞を僅かな差ではあったとはいえ、見事に勝ちきったソダシということになります。

ソダシの強さとは?

白毛ということもあり、アイドル的な要素を強く感じますが、その競争能力は凄まじいものがあります。なんといっても「これは強い!」と思う所を見せたのが去年の札幌2歳ステークスでした。

力のいる洋芝で積極的に先行し、最後のコーナーを立ち上がってすぐに先頭に立ち、そのまま押しきりました。夏の暑い時期で、2歳という年齢的にも体力的にも辛いレースであったにも関わらず、早め先頭からの押し切りは、相当なスタミナと精神力がないと出来ることではありません、しかもレースレコードのおまけ付きです。

そして圧巻だったのが前走の桜花賞でしょう。マイルという距離で3連戦しましたが、自身のタイムを1走毎に2秒近く短縮してきています。しかも桜花賞はコースレコードを更新しての勝利。サトノレイナスには迫られたものの、レースそのものは危なげなく進み、これでもかという強さを見せつけました。

相手なりの究極系

ソダシは自分でペースを作ることもしなければ、後方で脚を溜めるようなこともしません。飽くまで一つ一つのレースの流れの中で好位につけ、他馬を圧倒し、キッチリと勝ちきります。古馬にカレンブーケドールという馬がいますが、その馬のように毎回相手なりに勝負をして、勝つというレースをしてきています。

このようなレース内容を見る限り、戦前に言われているような血統による距離不安というものは、あまり関係ないと見ます。

確かに父クロフネ産駒で長い距離のG1を勝った馬はいません。ですが、ソダシのようなペースやコースに関係なく、一緒に走る馬を基準に勝負するタイプには距離の不安は少なく、精神力で相手に競り勝つという根性論が成り立ちます。

同世代に似たようなタイプの実力馬がいれば話は別ですが、今までのレースで勝負付けは済んでおり、桜花賞からの短期間で他馬の成長に期待するのも、いささか酷な話です。

負けるとすれば?

いくらソダシが強いといえど、若い3歳牝馬の長距離レースであることに間違いなく、紛れもあることから、絶対的な存在ではないことは確かです。

ソダシに勝てる可能性のある馬というと、やはりサトノレイナスに代表されるような瞬発力タイプになります。ソダシが根性で踏ん張る横を、高速で差すような競馬をする必要があります。阪神ジュベナイルと桜花賞で僅差だった同馬をみればそのことは一目瞭然でしょう。

今回のオークスのメンバーで瞬発力タイプを探すと、有力になってくるのは、ククナ、ユーバーレーベン、そしてステラリアの3頭が浮上します。

このうちククナとユーバーレーベンは過去にソダシに負けており、東京の2400メートルに変わる今回で逆転を期待するのは、血統というロジックに頼るしかありません。対決した経験のないステラリアにも面白味はありますが、そこまで突出した実力はなく、この3頭は対抗評価に止めておくのが無難でしょう。

前哨戦、その他のレースから

ソダシに関しての記述が長くなりましたが、概ね上にあげた4頭でレースが決まる可能性は高く、あとは前哨戦その他から可能性のある馬を探します。先にも述べましたが、ソダシと同じようなタイプの馬よりも、サトノレイナスのようにキレ脚で勝負する馬を探すほうが可能性として良いと思います。ですので、このタイプに絞って考えていきます。

フローラステークス

フローラステークスは遅いペースの前残りの結果となり、追い込んできたユーバーレーベンはまたも3着と届きませんでしたが、ある程度の位置を取っての追い込みが出来たことは収穫でしょう。ハッキリ言ってメンバーレベルが激低でしたが、前哨戦としては及第点であったと考えます。

ここで先行しての1、2着の2頭はタイムも平凡で楽な競馬であり、疲労こそ残っていないでしょうが、本番のオークスでは重要視せずとも良いと考えます。そのことは2着のスライリーの競争成績をみれば瞭然です。

スイートピーステークス

スイートピーステークスは、そのメンバーレベルの低さから毎年軽視されがちですが、今年は勝ち馬のタガノパッションはマークしても良いと考えます。未勝利戦の阪神コースの重馬場で、捲って勝ちきるパワーと精神力、そして前走で2着に0.3差をつける速い差し脚をもっています。今年に入って4走目になるので、見えない身体の疲れはあるかもしれませんが、成長度も加味すると、穴馬券を狙うならば入れておきたい1頭です。

その他のレース

その他のレースからですが、正直どのレースもレベルが低く、オークスでの活躍が見込めない馬が多いというのが本音ではあります。

であるならば、今一度桜花賞と阪神ジュベナイルフィリーズでソダシに負けた組から、今回の条件で見直せる馬を探すほうが賢い選択です。

桜花賞でソダシよりも速い上がりの脚を使えていたのは、前出のサトノレイナスとククナを除くと、ファインルージュ1頭です。

内を上手く立ち回った福永騎手の好騎乗もありますが、ラストまでソダシとの距離を詰めていました。

血統的には兄弟に活躍馬もおらず、母はダートタイプの馬ばかり排出していますが、前走の桜花賞では速いタイムに対応しており、距離が延びる今回は道中ゆったりと行けて、血統的なスタミナと精神力を生かす競馬になる可能性は高いと思います。過剰な人気になるのであれば妙味は少ないですが、馬券になる可能性は十分にあると考えます。

阪神ジュベナイルフィリーズは、上位2頭が目立ったレースでしたが、このレースに出ていた馬で後に牡馬を蹴散らして勝った馬がいます。

一昔前は出世レースと呼ばれていた若駒ステークスを勝ったウインアグライアです。2歳の時には速い時計に対応できず、惨敗が続いていましたが、年が明けた中京開催の若駒ステークスでは重たい馬場を前々から粘り混む競馬で見事に勝利しています。

前走のフローラステークスは離された5着と冴えない結果になりましたが、もともと賞金は足りており、慣らしとしても速い東京の馬場を経験できたのは収穫とみて良いでしょう。さすがにこのメンバー相手に良馬場で好勝負とまではいかないと考えますが、今週の雨続きで馬場状態が悪化して回復しないような時は馬券に組み込んでも良いと思います。

🔰好調教馬をご紹介!

クラシックの優駿牝馬ともなると、各陣営素晴らしい仕上げをしてきています。さすがに仕上がりの良い馬が多く、目移りしてしまうということもあったのですが、今回は東と西で2頭ずつ挙げたいと思います。

美浦

スルーセブンシーズ 特★★★★★

美浦調教ではこの馬が文句なしの特評価です。手脚の動きが素晴らしく、コーナーでは自らの蹄鉄を吹き飛ばす程の動きです。ラストの伸びも良く、上には挙げませんでしたが、馬券には入れたい穴馬です。

ウインアグライア ★★★★★

今週は短めの内容でしたが、重たいウッドコースに負けないパワフルな走りを見せています。良馬場でのパフォーマンスは微妙ですが、雨の影響で馬場が荒れた場合は粘り混みが期待できます。

栗東

ソダシ 超★★★★★

高松宮記念のレシステンシアに続いて2回目の「超」評価です。もはやこの馬の動きは3歳馬のそれを越えていて、風格のある古馬のようです。言われているように完成度が高いことが理由だと思います。ここまでレベルの高い走りだと、距離不安を払拭しての勝利も十分にあります。

ステラリア ★★★★★

こちらはソダシと違った意味で完成度の高い走りをしています。重たくなったウッドコースを軽やかな脚取りで駆け抜けています。ここまで苦労なくウッドコースを走れる3歳は、ラヴズオンリーユー以来でしょうか。大外枠がポイントですが、潜在能力は一級品と見ます。

牝馬クラシック第2戦、全馬無事を祈りましょう!