長距離でもセンターはソダシ?激戦のオークス!

オークス

白毛のアイドルはオークスを勝てるのか?

牝馬クラシック第一段の桜花賞を辛勝したソダシ。第二弾のオークスは距離が長いと言われています。
桜花賞で接戦を演じたサトノレイナスがダービーに挑戦することになり、実績的にはここは負けられない1戦ですが、若い3歳牝馬の長距離戦という事もあり波乱も十分考えられます。
ですが、桜花賞時点の上位との力差がはっきりしていて、穴馬を見つけるのは少々難しい面もあります。

登録は21頭!

一生に一度のオークスに挑戦する登録馬は21頭とやはり多いですが、出走確定順に注目馬をピックアップして紹介していきます!
(抽選の5頭は抜いています)

アカイトリノムスメ

桜花賞は初めての関西遠征に加えて高速馬場。そこで4着と評価できる内容でした。今回は得意の東京コースに戻るので前進が期待できます。ただ、きょうだいの好走が2000メートルくらいまでなので2400は少し長いかもしれません。

アールドヴィーヴル

キャリア2戦で挑んだ桜花賞は5着と及第点の走りでした。上位とはやや離されましたが、血統的には長い方が合っています。桜花賞からの成長に期待はできますが、勝ち切るのは難しいかもしれません。

ウインアグライア

重馬場ではありましたが、若駒ステークスで牡馬相手に勝利と、スタミナ面では魅力があります。前走のフローラステークスは叩きで使っており、馬場が重くなれば頭で来る可能性も十分にあります。

ククナ

アルテミスステークスではソダシの2着と健闘しましたが、そこからはイマイチなレースが続いています。ですがそこまで大きく負けていることもなく、長距離で一変する可能性を秘めています。

クールキャット

オークスに出るために負けられない前走は、メンバーレベルが低いながらも先行押切と強い内容でした。東京コースと長い距離が合っていて今回も期待は持てますが、前走がメイチの走りなので、今週の状態は見極める必要があります。

ステラリア

近年のオークスと相性の良い、忘れな草賞からの参戦になります。高速の前残りの阪神で良い差し脚を使っており、2400メートルになっても面白いと思います。クイーンカップもそれほど負けておらず、穴としては良い馬です。

スライリー

フローラステークスは14番人気ながら2着と健闘し、出走権を獲得しました。常に先行することができず成績が安定しませんが、1発の魅力はあります。血統的にも長い距離は良く、大穴の1頭です。

ソダシ

無敗で桜花賞まで連勝してきた、名実ともにアイドルのスーパーホースです。今回は2400メートルと少し長い印象はありますが、精神力と根性はメンバーで1番であることは間違いないので、サトノレイナスが不在の今回は意外にあっさりと勝ってしまう可能性もあります。

タガノパッション

トライアルのスイートピーステークスを快勝して追加クラシック登録で出走してきます。差し競馬に向いておりパワーもある、侮れない存在です。重賞実績はありませんが、軽視しすぎるのも禁物だと考えます。

ファインルージュ

桜花賞は3着と実績のわりには好走しました。初めての関西輸送もクリアして気性も良い馬です。得意の東京に戻りますが、桜花賞がメイチの仕上げだったので今回は状態面での上積みは薄いかもしれません。

ホウオウイクセル

中山のフラワーカップを勝っていて、どちらかというと長めの距離が良い印象です。東京コースは初めてですが、血統的にも長めの方が良いので人気にならないようなら妙味はあります。

ユーバーレーベン

重賞で連続3着とイマイチな成績が続いていますが、末脚が確かなところもあり、距離延長は歓迎できます。勝ち身に遅い所もありますが、パワー型で重馬場でも大丈夫なところは魅力を感じます。

🔰おすすめの買い方!

馬券の争点としては、距離不安が囁かれているソダシに勝てる馬がいるのかという事になると思います。何分この2400メートルという距離を走るのが初めてという馬が多く、毎年予想を悩ませます。

桜花賞の結果を見ると、高速馬場に対応したソダシと、そこに鼻差まで迫ったサトノレイナスが頭一つ抜けていて、いくら距離が伸びたとしても極端な瞬発力勝負にならなければソダシは良い勝負をすると見ます。

ソダシを中心に考えると、長距離という事を考えた場合に桜花賞組で変わってきそうなのはホウオウイクセルとククナでしょうか。ただ、この2頭ともに切れる脚をもっていないので馬券的には穴という考え方になります。

本命サイドとしては別路線のユーバーレーベンとクールキャットでしょう。この2頭は距離延長で真価を発揮する可能性が高く、特にユーバーレーベンは切れる脚をもっており、ペースによっては戴冠も考えられます。この辺りで馬連を考え、穴をねらうとすれば無難にワイドや3連複になるでしょうか。

穴馬としての魅力を持っている馬も多く迷いどころですが、筆頭に挙げるならステラリアでしょう。東京実績が意外と盲点で人気にならないと思います。末脚は確かで、今の差しも利く東京コースなら面白いと考えます。

今週も人馬ともに無事を祈りましょう!!