スラ代表の重賞を斬るっ!~2021フローラステークス

オークスの最重要トライアル

フローラステークスは本番のオークスと同じ東京競馬場で行われ、距離も2000メートルと、オークスに向けてのトライアルとしては一番条件が近く、このレースからの連対馬も多い重要なレースになっています。

懸念される事は、このレースに勝てないとオークスに出れない馬が、ここで力を使いすぎて、好勝負をした馬が本番でイマイチな走りになる事がしばしばあることです。

そういう馬は、いわゆる使い減りすると言われるような馬ですが、そういう事を含めても調整状態などを見極めるのは少々難しくはあります。

ただ、東京競馬場は広く走りやすい構造なゆえ、実力が素直に出ることもあり、馬場状態を含めこのレースの結果は、本番のオークスを考えるのには最も重要だと考えます。

キャリアの少ない馬はどう評価する?

今回のように、3歳戦でもキャリアが少ない馬が多い時は、その馬の実力を計るのが難しくあります。そういう時は血統を見たり、個々のレースを比較して検討するしかありませんが、それでもキャリア1戦や1勝馬の馬の馬柱で、その馬の実力を見極めるのは困難です。

そういう時はレースのVTRを見ると良いと思います。JRAのホームページに行けば、近年のレースであれば新馬戦から見れるので、その馬の走りを確認できます。

そして意外と大事なのはレースのVTRだけでなく「パトロールビデオ」を見ることだったりします。

パトロールビデオ、見ますか?

パトロールビデオは、そのレースで何かしら問題があった時のために、今でいうVARのような役割のために録られています。

これ!

ですがこのパトロールビデオは、各馬がどのような位置取りをしていたかに始まり、内や外などのコースのどの辺りを通っているのか等の色々なことがわかり、立派に予想に役立ちます。レースを通して真っ直ぐに走れているか、惨敗したときには道中での不利は無かったのかというような確認もできます。何を隠そう、先週の皐月賞でステラヴェローチェを穴で推せたのもこのパトロールビデオから導き出したものです。

敢えて有力馬を挙げるとするなら…

さて、実力が伯仲しているこのレースですが、キャリアや成績から見た場合に、敢えて有力馬として挙げるのであれば、重賞戦線で掲示板に載っているユーバーレーベンになると思います。札幌2歳ステークスではソダシの2着に追い込んでいて、その時の3着馬のバスラットレオンは、先日のNZTを快勝しています。

東京競馬場で行われたアルテミスステークスは9着と成績が奮いませんでした。マイルという距離も短い印象な上、道中で前をカットされる場面があり、左右に大きく振れる不安定な走りでした。その後の阪神と中山での走りを見ても、勝ちきるにはある程度の条件が整う必要があると感じます。

後ろからになる脚質がネックなのと、今の東京競馬場の馬場への対応が何より必要になります。ただ、そこを克服しても開幕週で前を行く馬が止まらない場合もあり、馬券の対象ではあっても、軸として狙っていくのは危険だと考えています。

2勝以上馬の中からは?

出走馬の中にはリステッド競走を勝っている馬もいます。まずはその他の特別勝ちを含めた2勝以上馬の中から有力馬を探します。

その中ではアルメリア賞を勝ったオヌールと、ゆりかもめ賞を勝ったパープルレディーが有力候補でしょうか。

オヌールの勝ったアルメリア賞は前残りの競馬であったことは確かですが、新馬戦ともに、好位でピタリと折り合い、道中も真っ直ぐキレイに追われて伸びています。レースの巧さも目立ちますが、気性の良さもこの馬の良いところです。懸念される事は主戦の武騎手が乗れないというところですが、素直な馬で乗り変わりでも実力は出せると考えます。

ゆりかもめ賞を勝ったパープルレディーは牡馬がひしめくラストの直線で、馬群を割って差しきりました。馬体重が420キロそこそこと、ディープインパクト産駒の牝馬らしい体型に加えて男馬相手に怯まない勝負根性は、このメンバーでは上位のものです。この時の東京競馬場はタイムが速い高速馬場だったので、今の馬場への適性もあります。前走は追い込みになりましたが、成績を見ると一辺倒というわけでもなく、前出のユーバーレーベンよりはレース展開に融通が利きそうな所も魅力です。

評価に困る1勝馬

最後に1勝馬の中から考えますが、まずは前走の赤松賞でアカイトリノムスメの2着に入ったメイサウザンアワーでしょう。その後アカイトリノムスメが桜花賞で好タイムの4着に入った事からも評価するのは妥当です。血統的にも2000メートルは問題なく、長く脚を使えるのは今の東京競馬場では有利になります。

そして最後にもう1頭穴として、ジェニーアムレットを挙げておきます。新馬戦ではスノークォーツの差し脚に屈しましたが、その走りは見事なものでした。

その日の東京競馬場は内馬場が荒れていて、内を避けるようなコース取りをする騎手がほとんどでした。この時はデムーロ騎手が乗っていましたが、丁度内の荒れている部分と外側の馬場の良いところの境目をぶれることなく最後まで真っ直ぐにはしっています。デムーロ騎手の騎乗も見事ですが、それに答えるだけの競馬センスと体幹の強さを持っていて、だからこそ未勝利戦の圧勝に繋がっています。

この未勝利戦のタイムは次の日に行われた、前出のパープルレディーが勝ったゆりかもめ賞を0.6も上回っており、加えて差し馬場傾向の先行押切と強調材料は多いです。ただ、その新馬戦もスノークォーツに切れ負けしたことは確かなので、不得意な瞬発力勝負になった場合には分が悪いことは確かです。馬券的に狙ってみるのは面白いですが、飽くまで3着候補といった所でしょうか。

🔰好調教馬をご紹介

クラシックのトライアルということで、併せ馬でしっかり負荷をかけてきた陣営と、先まで見据え、比較的軽めに押さえた陣営で別れたというのが全体を見た印象です。人気どころだと、オヌールはタイムも走りも控えめでした。

パープルレディー ★★★★★

併せ馬で先に仕掛けた外の馬に、馬なりで応戦するとあっさりと先着。鞍上は持ったままの手応えで、小柄な馬体ながら勝負根性はやはり他の馬より1つ抜けています。

スノークォーツ ★★★★☆

少し気負い気味ではありましたが、ラストで馬体を併せてからは、外の馬に抜かさない根性を見せています。キャリアは少ないですが、仕上がりが良く当日の気配と人気次第では馬券に入れても良いと考えます。

ララサンスフル ★★★★

今までに一度も取り上げてきませんでしたが、上のスノークォーツと併せ馬をしていて、外から馬なりでかわす勢いで並びかけています。なかなかの差し脚を持っており、穴として挙げておきます。

今週もまずは全人馬ともに無事で回ってくる事を祈りましょう!