オークストライアル フローラステークス

東京開催が開幕!

今週はG1はひと休みで、東西合わせて2つの重賞が行われます。赤鉛筆とお馬さんではオークストライアルのフローラステークスに絞って予想、見解を発信していきます。

早いもので、もうオークスのトライアルレースが開催される時期になりました。このレースから本番のオークスで活躍する馬も多く、重要な一戦になっています。特に今年は桜花賞を勝ったソダシがマイル傾向なところもあり、未知の2400メートルのオークスで勝ち馬を予想するのには注目のレースであります。

今年の登録は17頭

東京の2000メートルという誤魔化しのきかない舞台ですが、開幕週の馬場ということもあり、例年先行馬の活躍が目立つレースです。

クラシックのトライアルだけあって今年も他頭数になりそうですが、登録馬の中から注目馬を中心に紹介していきます!


ウインアグライア

牝馬でありながら今年の若駒ステークスを勝った意外性のある馬です。今年は中京で行われたため適性がでた可能性が強いですが、前に行ってのしぶとさには目を見張るものがあります。

オヌール

新馬、特別と連勝でここに駒を進めてきました。先行力が武器で長い脚を使えます。主戦の武騎手が乗れないのは痛手ですが、実力は持っている1頭です。

クールキャット

新馬勝ちから重賞に挑戦していますがイマイチ結果が出ません。どちらかと言えば東京向きなので、立て直したここでどこまで頑張れるでしょうか。

ジェニーアムレット

なかなか珍しいオークス前に東京2400メートルを使っている馬です。新馬戦は勝ち馬の瞬発力に屈しましたが、前々からの粘りも東京向きな走りをしています。開幕週で馬場が速くなった時の対応が鍵と見ます。

スノークォーツ

上記のジェニーアムレットに新馬戦で勝った馬です。1戦のキャリアは何とも言えませんが、東京向きの良い差し脚をもっています。血統的に高速馬場は向かないので、こちらも開幕週の馬場が鍵でしょうか。

パープルレディー

こちらもオークス前に2400メートルを走っています。前走のゆりかもめ賞は牡馬相手に上り最速で蹴散らしていて、素質の高さが伺えます。血統的には短距離指向ですが長い距離を得意としています。

メイサウザンアワー

赤松賞ではアカイトリノムスメの2着に入っていて、少し間隔があきましたが素質馬の1頭です。ただ血統的にも成績的にも力のいる馬場が良い傾向なので開幕週の馬場はどうでしょうか。

ユーバーレーベン

重賞で惜しい競馬が続いており実力は持っています。脚質的に後ろからになるので、前残り傾向の馬場になった場合、東京の長い直線でも差し損じることはありそうです。

🔰おすすめの買い方!

2歳時や今年の初めころに活躍していた馬の登録が少なく、予想は困難を極めます。キャリアの少ない馬も多く、おそらくオッズは割れると思うので、軸を決めずワイドで手広く穴を含めて狙うのは面白そうです。

高速馬場の前残りを狙う馬券としてジェニーアムレットやパープルレディーを入れ、オヌール、未知の魅力のスノークォーツ、距離延長のクールキャットと前目の馬に拘る馬券も良いと思います。

雨が降って馬場状態が悪くなったら、ウインアグライアとメイサウザンアワーはかなり有力になるので、そのあたりも気に留めておいた方が良いと思います。

ユーバーレーベンは実力はありますが、高速馬場に対しての適性と脚質がネックで、あまり人気になるようであれば切る勝負もありだと考えます。

今週もまずは全人馬無事でを祈りましょう!