スラ代表のG1を斬るっ!~2021皐月賞

メンバーも混戦、天気も微妙

ダノンザキッドがディープインパクト記念で3着に敗れたため、混戦の模様になってきた皐月賞。共同通信杯を圧勝したエフフォーリアや、きさらぎ賞の上位のラーゴム、ヨーホーレイクといった素質馬の成長力も侮れません。

加えて今週末の天気も不安定で、レースの時間帯の馬場コンディションも予想がつかないような状態になっていると思います。

天気や馬場などの不安定要素はいくら考えても決着はつかないので、いつも通りレース傾向や、トライアルレースの比較検討から入りたいと思います。

求められるのはスピードの持続力

過去の皐月賞の勝馬を見渡しても、去年のコントレイルのような馬は「まれ」で、圧倒的にキレる脚で勝負するような瞬発力タイプの馬より、速い脚を長く使うタイプの方が結果が出ています。

春になって馬場状態がよくなり、コース全体が走りやすくなってくるのもそうですが、やはり「中山2000メートルの内回り」という直線一本では届かないコース形態が一番の要因だと考えます。

今年のメンバーを見渡すと、そのような長く脚を使うタイプが揃っており、争いは激戦になることが予想されます。その中でもまずは2歳王者のダノンザキッドについて考察していきます。

弥生賞は力負け?

いくらスローだったとはいえ、先行してそのまま押しきったタイトルホルダーはホープフルステークスでも完勝した相手。ダノンザキッドの位置取りもそこまで悪くはなく、勝ちきれなくても馬体をあわせるくらいの結果は欲しかった所です。2着のシュネルマイスターは成績としてもマイル傾向で、この馬すらかわせない少し物足りない内容であったと言わざるを得ません。

賞金的には足りているので、弥生賞では無理をせず調整程度の出馬だったのかもしれませんが、このレースに馬具を工夫して望んだタイトルホルダーの実力を見せつけられた格好になりました。

とはいってもレースそのものはスローペースの中、前々から上がり最速で追い込んでいて、間隔が開いたレースとしては上々の内容と見ることもできます。2歳時の無敗のイメージが強すぎたため、馬券を買う側が少し期待過剰になったということはあると思います。

阪神、東京、中山とそれぞれの競馬場で強い競馬を見せており、叩いた上積みを考慮すれば、やはり軸馬として考えられる実力は持っています。

ここで勝ったのは前出のタイトルホルダー。口向きの悪さからどうしても道中で力んで走ってしまい、実力を出しきれませんでした。ホープフルステークスの時も上位陣相手に善戦しており、素質の高さは目立っていました。

弥生賞では馬具を工夫して挑み、スローとはいえ先行してダノンザキッドを完封した持続力はメンバーの中でも上位に入ると思います。ですが展開そのものには恵まれたのは確かで、ある程度の決め手勝負になった場合は分が悪いのは確かです。馬券の押さえには必要と考えますが堅軸にするにはもうひとパンチ実力が足りないと考えます。

共同通信杯を圧勝

共同通信杯は2月の東京コースの1800メートルで行われていて、近年の皐月賞にはあまり関連しないレースでした。もっと年代を遡れば活躍馬が出てきますが、最近の活躍馬は他のレースをステップにしていることが多いです。流行として間隔を開けて調整する牧場や厩舎が増えてきているので、このレースが再び見直されています。

このレースを勝ったのはエフフォーリアでした。圧倒的な人気のステラヴェローチェが後方でもがいているのを尻目に、前々から鞍上がゴーサインを出すと一瞬で抜け出し、そこから突き放すと後続に影を踏ませない圧勝でした。とにかく抜け出す時の脚が速く、持続力だけではなく瞬発力も同時にあわせ持ちます。

問題は中山競馬場向きであるかということになりますが、東京コースでの2勝はどちらも好位抜け出しで、新馬戦からも右回りも問題なく、中山競馬場を苦にする印象は特にありません。ただ、ローテーションやノーザンファームーキャロットの組み合わせで関東入厩という観点からも目標はダービーにある可能性もあります。その辺りは外側から考えても分からない所ではありますが、今週の仕上げ具合には注意したほうが良さそうです。

ここで2着に入ったのはヴィクティファルスですが、この馬に関してはスプリングステークスのほうで書きます。

難しいのはステラヴェローチェの取捨だと思います。前残り傾向の朝日杯ではあれほどのパフォーマンスを見せた馬が、距離が1ハロン伸びたからと言って、あそこまで低調な走りになるとは思えません。原因は様々だと陣営は言いますが、ラストの直線は、かなり窮屈な形になりました。

共同通信杯では左右に刺さるのを何度も修正して走らせる横山騎手の様子が見てとれ、朝日杯ではラストのコーナーを回ってインに入り、そこから外に出して追い込んできています。

かなり左右に振れる走りをしていて、現状の走りでは全力を出すと不安定になる馬だと考えます。共同通信杯のような左右を挟まれた格好では追い辛かったのは間違いなく、重馬場も得意としていて、穴馬として一発狙うのは絶好のタイミングだと考えます。

スプリングSと若葉S、その他のレース

最後にスプリングステークスと若葉ステークスです。

それぞれ勝ち馬はヴィクティファルスとアドマイヤハダルですが、成績としてヴィクティファルスの方は重馬場に強い傾向、走り方としてアドマイヤハダルは良馬場の方が良いと考えています。天候と馬場状態での取捨になりますが、両馬ともに能力は高く、迷う所ではあります。

成長力だけで言えばアドマイヤハダルだと考えます。2歳の時はオーソクレースに完敗しましたが、若葉ステークスではホープフルステークスで善戦したシュバリエローズを全く相手にしませんでした。内枠に加えて全身を使ったフォームなので、馬場が悪化した場合は微妙ですが、上位陣に迫る実力になっている可能性は高いです。

穴を狙うとすればスプリングステークス2着のアサマノイタズラでしょうか。馬場状態が悪くなった時限定になりますが、ヴィクティファルスとの好勝負で出走権をもぎ取り、追加クラシック登録で雨傾向、という運の良さに少しだけ魅力を感じます。

その他のレースからもここに登録してきていますが、注目としては重の乱戦になった場合、きさらぎ賞を勝ったラーゴムの相手なりの先行力に注意したいと考えます。同2着のヨーホーレイクの差し脚も魅力的ですが、今回はレジェンド武騎手が乗れないという痛手もあり、馬場状態から考えても控えめにしたい所です。

🔰好調教馬をご紹介!

牡馬クラシックの第一段ではありますが、馬場状態も微妙なため、そこまでメイチに仕上げている陣営は少ないというのが全体を見た印象です。特にエフフォーリアは今週の調教は間違いなく軽いです。

タイトルホルダー ★★★★★

前脚の駆動域が広く、回転も素晴らしいです。気合いもスピードも乗っていて、ここを目標にきっちりと仕上げてきています。雨馬場は走らせてみないと分からないところはありますが、苦にしなければ好勝負は必至でしょう。

ディープモンスター ★★★★★

坂路コースを古馬のように力強く真っ直ぐにかけ上がっています。迫力も力感も素晴らしく、状態は間違いなく良いです。ただ、実力は上位陣との開きがあると思うので、重の乱戦になればといった所でしょうか。

アドマイヤハダル ★★★★☆

単走ですが全身を使った力感のあるフォームで登坂。ラストのスピードの乗りとキレも良いです。ストライドが大きく重馬場は向かないかもしれませんが、馬のデキはかなり良いです。仮に良で開催されればこの馬はかなり有力になると思います。

今週も全人馬ともに無事でゴールすることを祈りましょう!