皐月賞は速い馬が勝つ?

今週も群雄割拠? 皐月賞

トライアルレースでダノンザキッドが冴えなかったこともあり、皐月賞は混戦模様。暖かくなり芝状態も冬より良くなってきて予想も難しくなります。
こちらも桜花賞と同じく間隔の開いた馬が人気する可能性もあり、各馬の状態を見極めるのも重要になります。

ひと昔前では皐月賞は「速い馬が勝つ」と言われていましたが、近代競馬では早熟傾向のある馬が勝つことが多い印象です。
ここを負けた馬がNHKマイルカップで好走することもあり、あながち間違った定説ではないとも思いますが、さて今年はどうなるでしょうか?

最終登録は18頭

最終登録は18頭ですが、残念ながらスプリングステークス3着のボーデンとホープフルステークス2着のオーソクレースが回避になりそうで、フルゲートにはならないかもしれません。

それでは今週も注目馬を中心に紹介していきます!

アサマノイタズラ

スプリングステークスで2着に入り追加クラシック登録をしての参戦です。重馬場が味方した感は否めませんが、中山競馬場は得意なので馬場が重くなれば善戦することはありそうです。

アドマイヤハダル

若葉ステークスを快勝してここに登録してきました。2歳の時のアイビーステークスでは上位陣とは離されていますが、成長力が素晴らしく、侮ることができない1頭です。

ヴィクティファルス

共同通信杯でエフフォーリアには完敗しましたが、スプリングステークスで権利をもぎ取りました。速めの馬場に対応できるかがポイントですが、重馬場になれば一転主役レベルのパワーはあります。

エフフォーリア

3連勝で皐月賞と有力な1頭です。戦績として東京向きなのは確かで、初めての中山競馬場がポイントになります。狙いはダービーにある可能性もあり、当週の仕上げは要チェックでしょう。

グラティアス

キャリア2戦で京成杯を制し、そこからの参戦です。トライアルの結果を見ると京成杯はメンバーに恵まれた感があり、ローテーションも良くないので、このメンバーに入ってどうでしょうか。

ステラヴェローチェ

不良馬場のサウジアラビアRCでの走りは見事でしたが、その後の共同通信杯ではキレ負けしてしまいました。馬場の速いレースへの対応ができず今回も苦戦するかもしれませんが、馬場が重になれば主役候補に早変わりです。

タイトルホルダー

スローとはいえダノンザキッドを完封した逃げ足は中山向き。鞍上がうまく乗ったのは確かですが、皐月賞向きの良い根性をもっています。血統的には速い馬場はこなせそうです。

ダノンザキッド

弥生賞は調整で出ていたかもしれませんが、形勢としては完封負けです。有力には違いありませんが、楽に勝てるほど相手は弱くないです。他馬の成長力に掬われる可能性はあります。

ディープモンスター

裏街道からここに駒を進めてきました。強いところと当たっていないので実力のほどは測りきれませんが、クラシックとの相性が悪いローテーションで、距離はもう少しあった方が良いかもしれません。

ヨーホーレイク

きさらぎ賞ではラーゴムに1歩届きませんでしたが、脚色はこちらの方が上で皐月賞でも有力になると思います。こちらもローテーション的には良くないですが、ディープインパクト産駒の成長力に期待です。

ラーゴム

2歳で3戦していることもあり、きさらぎ賞からの直行で参戦して来ています。強いところと当たって善戦を続けており、自力勝負なら一番でしょうか。決め手のなさがネックなので、1着を取るのには何かしらの助けはいりそうです。

レッドベルオーブ

朝日杯からの直行でここに登録しています。バスラットレオンが先日のニュージーランドTを快勝しており、実力はあると思います。ですがマイルに拘っているので、ここを叩いてNHKマイルカップが目標でしょう。

🔰おすすめの買い方!

トライアルの結果からみると今年は魅力的な馬が数多く、絞り切るのは困難な印象です。いい意味でレベルが低く今週も予想は難しいです。

軸として考えるのであれば2歳王者のダノンザキッドですが、弥生賞は完敗でした。調整とはいえ勝ち切っても良いメンバーで、他の馬の成長力も考えた方が無難です。オッズはそこそこ割れると思われるので、ワイドや馬連のボックスで少々穴目を狙うのも面白いかもしれません。

若葉ステークスを勝ったアドマイヤハダルの成長は目を見張るものがあり、人気にならないであろう今回は良い狙い目になりそうです。

ラーゴム、エフフォーリアと押さえ、天気次第でステラヴェローチェとヴィクティファルスを切るかどうかの選択になると思います。
武騎手が乗れないのはイタイですが、人気にならないのであればヨーホーレイクの成長力と差し脚も考慮したほうが良いと考えます。

今週もまずは全人馬無事に。