スラ代表のG1を斬るっ!~2021桜花賞

ぶっつけの2頭

桜花賞を語る上で欠かせないのは、去年の阪神ジュベナイルフィリーズで死闘を演じたソダシとサトノレイナスだと思います。ですが、この2頭がトライアルを使わずにこのレースに直行したため、成長の度合いなどが全く分からない難しい予想になっています。2頭ともに血統から考えた成長をしていると過程した場合、ディープインパクト産駒のサトノレイナスの方に分はありそうです。

サトノレイナスは関東に入厩しているため、もしかしたら桜花賞よりもオークスの方に重きを置いているかもしれません。白毛馬のソダシは関西馬なので輸送も少なく、桜花賞ではそこまでの心配はいらないと考えます。

毎年のように、2歳で活躍した馬とその後年明け頃から出てきた馬との優越を考えることになりますが、完全に逆転するような強い馬が出てくることは、あまり多くありません。近年ではデアリングタクトくらいでしょうか。ですので基本的にこの2頭は馬券の根幹として考えるのが妥当です。

前哨戦の考察

今年に入って行われた桜花賞のトライアルレースを1つずつ見ていきます。まずは阪神ジュベナイルフィリーズでは外枠に泣かされたメイケイエールの出走したチューリップ賞からです。

跳ね駒

レースは1枠に入ったメイケイエールが、レジェンド武騎手をもってしても、これでもかというような入れ込みで、たまらず3コーナーあたりから促して先頭に立ちました。直線を向いた時は両サイドに後続が迫っていて、そのまま惨敗してもいいような内容でしたが、そこから驚異の粘りを見せ、同着ではありますが勝ちきりました。

陣営としては控える競馬をしたいということであのようなレースになりましたが、あの最後の粘りと闘争心を見ると、ある程度馬任せにレースをさせても良いのではないかと考えます。今回はどのような形をとるかはわかりませんが、馬場状態の悪いなかで、あれほど入れ込みが激しいのにも関わらず勝ちきる実力はチューリップ賞のメンバーの中では群を抜いているように思います。

他の馬では2着のエリザベスタワーよりも、3着に入ったストゥーティに穴の期待を持てるでしょうか。デビューから5戦ともに違う競馬場でレースをしていて、掲示板を外していないという相手なりの強さを持ちます。アルテミスステークスではソダシと0.4差とそこまでの差はつけられていません。ただ成績的にも血統的にも馬場は重くなった方が良いので、乾いた良馬場での開催になれば控えめにした方が良いでしょう。

こちらも跳ね駒?

報知杯フィリーズレビューは、シゲルピンクダイヤの半妹のシゲルピンクルビーが勝ちました。ですが姉に負けず劣らずの激しい気性で、見事にハマった感は否めません。

阪神ジュベナイルの時のように、若さを見せてしまう可能性も高いので、実力があったとしても馬券の中心として期待を寄せるのはまだ先になりそうです。

このレースで評価をするならば、3着に入ったミニーアイルだと考えます。馬場状態が良く、ハイペースになった事を考えれば過大評価かもしれませんが、スタートから常に外を回された上での追い込みであれば強い競馬をしていると思います。本番で頭まで取るのは難しいかもしれませんが、連までならあり得ると考えます。

アネモネステークス

そしてアネモネステークスです。毎年このレースからはそこまでの活躍馬は出てきません。やはり本番と違う関東の中山競馬場で行われるということもあり、あまり強い馬が出てこない傾向があります。

ここで勝ったのはアナザーリリックですが、評価すべきはむしろ2着したジネストラの方でしょう。

重馬場で行われたこのレースはハイペースで、先行馬が総崩れするかなりの消耗戦になりました。そんな中で2番手から進めたジネストラは最後に差されたものの、3着とは3馬身離しており、かなりの先行力と根性をみせました。

今回の桜花賞は先行する馬が多いため、位置取りなどが難しくなりそうですが、得意な重馬場になったときは、ノーマークのこの馬が台頭してもおかしくはないと考えます。

その他のレース

最後にトライアル以外のレースから有力馬を探します。上記のトライアルレース以外では、間隔の開きもあり活躍馬が出てくることはほとんどないです。ソダシとサトノレイナスも阪神ジュベナイルフィリーズからのぶっつけという点では、多少のマイナス材料と考えた方が妥当です。

前走で重賞を勝っている馬でも、1月や2月からの臨戦では季節も馬場状態も違い、例え状態が良くとも凡走することがあることが理由の一つです。

その中では、1月のフェアリーステークスを勝ったファインルージュの差し脚は見事でした。そのときにあっさり負かしたホウオウイクセルは、その後のフラワーカップを勝っていて、実力の高さは間違いないと考えます。

ただ、キャリアが3戦と浅いこと、関東馬であり輸送が伴うことを考えると、大きな期待をするのはもう少し先のレースになると考えます。

🔰好調教馬をご紹介

牝馬クラシック初戦ですが、調教を見る限り馬体や走り方という点ではサトノレイナスとソダシがやはり抜けている印象です。年明けからの馬の中でどうにか対抗馬をみつけるような予想になるかと思いますが、正直逆転まで出来そうな馬はいないというのが全体を見ての感想です。

サトノレイナス ★★★★★

前肢の駆動域が広く見映えのする走り、気合い乗りも素晴らしく、間隔は開きましたが抜かりのない調整であることには間違いありません。輸送は国枝厩舎なので心配していませんが、大外枠が鬼門で、どこまで頑張れるかです。

ソダシ ★★★★★

坂路コースを真っ直ぐに力強く登っています。身体の動きが他の馬よりも格段に良く、大崩はなさそうですが、血統的にあまり速い馬場は向かないと思うので、その辺りの対応がポイントでしょうか。

ファインルージュ ★★★★☆

3頭合わせで真ん中に入り、抜け出す調教。外の馬を余裕を持ってかわしており、差し脚の鋭さは鈍ってはいません。こちらも関東馬なので輸送は心配ですが、素質の高さが目立ちます。

いよいよ待ちに待った桜花賞ですが、まずは全人馬無事に回って来ることを祈りましょう!