スラ代表のG1を斬るっ!~2021 大阪杯

定着してきた春古馬3冠レース

大阪杯がG1に格上げされてからもう数年が経とうとしています。競馬人にはもうすっかり定着しつつあるこの大阪杯。未だ達成されてない「春古馬3冠」という概念のレースに指定されていますが、今年はその「候補」が出走してきます。

春古馬3冠は、大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念ですが、その微妙な開催時期と条件の違いから、達成するのは至難の業だと確信しています。

記念すべき第1回目の大阪杯の勝利馬、キタサンブラックでさえ達成できなかったゆえ、この先達成できる馬が現れるのかと思っていましたが、ついにその候補が出てきました。去年のクラシック3冠馬のコントレイルです。阪神大賞典を同じ馬主さんのディープボンドが勝ち、コントレイルが天皇賞に出走するかは分かりませんが、仮に出走してくれば、春古馬3冠も夢ではないと考えています。

コントレイルの強さについては過去の記事でも触れているので

画像クリックでその記事に飛びまっせ

今回は阪神コースの2000メートルに限った場合について少し書きましょうか。

コントレイルと内回り

阪神コースの2000メートルは、内回りでコーナーがキツいかわりに、3コーナーから4コーナーにかけての起伏がありません。そのため先行するにも、捲るのにも、ある程度長めの脚を使って最後の直線を向かえることが多いレースになりがちです。外回りならば4コーナーにかけての下りで勢いをつけてのスパートが有効ですが、内回りだとこの戦法はつかえません。長めの脚を使いつつ余力を残し、最後の直線を向かえるのが勝ちパターンです。

コントレイルは新馬戦に阪神コースの1800メートルで勝っており、その時以来の阪神コースになります。2000メートルについては中山のホープフルステークス、皐月賞といずれもG1で勝利しており問題はないと考えます。

特に皐月賞は馬場が渋った中で、後方から豪快に外差しするという、他馬とは別次元の競馬でした。このことからみても似たようなコース形態の阪神2000メートルを苦にするとは考えにくいです。今回は相手が強いため、あまり後ろからの位置になると危険ですが、ジャパンCで見せたアーモンドアイに迫る脚を見る限り、最有力なのは確かです。一つ気がかりなのは古馬になって他馬からのマークがより厳しくなる可能性が高い所でしょうか。

ジャパンCは東京コースの長い直線であったため、多少強引な進路取りでも外から差してこれましたが、今回の阪神内回りで外々を回らされた場合は、相手を考えるとかなり厳しいと思います。コントレイルの強さは十二分に認めますが、福永騎手の乗り方は難しくなってくると考えます。

短距離からの殴り込み!

去年の安田記念でアーモンドアイを撃破してから、飛ぶ鳥を落とす勢いでG1を3連勝したグランアレグリア。若い時こそ不安定な時はありましたが、今や馬体重が500キロを越え、牡馬顔負けの馬体になっています。

勝ったG1がすべてマイル以下ということで、やはり注目はこの2000メートルという距離になってくると思います。

脚質的には、前目よりも中団から後方で脚を溜めるのが良い脚を使うパターン。スプリント戦を使ってきたことが逆に有利に働き、仮にスタートで後手を踏んでも馬群から離されることはないと思います。ハイペースになるようなメンバー構成ではないので、出たなりの位置で構え、最後に差す形がベストでしょうか。コントレイルの差し脚と比べても遜色ないので、最後に叩きあいを制するのはどちらかといったレースになりそうです。

唯一凡走する可能性があるとしたら、スプリント戦を使ってきたことが逆に仇になり、スタートから前々の位置を取りに行ってしまう形になることでしょうか。勝っている競馬では長い脚を使うようなレースをあまりしておらず、アドマイヤマーズに負けた朝日杯や、NHKマイルも前からの競馬でした。その辺りは鞍上のルメールに託されるので心配はいらないと思いますが、極度にコントレイルを意識しすぎた競馬になると、可能性はゼロではないと考えます。

色々と書きましたが、前走のマイルチャンピオンシップを見ると、ほぼ馬なりでアドマイヤマーズとインディチャンプを追いかけ、ラスト150メートルくらい追っただけであっさりと抜き去った実力は、コントレイルに全く引けを取らないと考えます。また、こういう乗り方をしたのも距離延長を見越したものだと考えることもできます。

待望の適距離 サリオス

コントレイルと名勝負を演じた皐月賞は中山の内回り2000メートルと、今回の条件と似ています。サリオスの強さは、その重戦車のような馬体で高いスピードを保ち続けるスタミナと精神力です。ですので、マイルチャンピオンシップや安田記念のような瞬発力を要すレースは向いていません。サウジアラビアRCや朝日杯を強い勝ちかたをしていますが、それはデフォルトの能力だけで勝っています。

休み明けで出走してきた毎日王冠を見てもその事がわかります。渋った馬場をものともせず前々で運びながらも上がり最速で古馬を蹴散らしています。皐月賞当時よりも大きく成長していて、中距離ならばコントレイルとの差は確実に狭まったと感じたレースでした。

マイルチャンピオンシップは悪条件が重なりすぎた結果のもので、そこでの上がり最速での5着はむしろ立派なくらいです。天気が心配される今回、コントレイル、グランアレグリアが如何に強くとも、渋った馬場で持ち前の先行力を発揮されれば、追い付くのは簡単ではないと考えます。

3強に付け入るスキは?

正直、今回馬券を買うのであれば上記の3頭以外は必要ないと考えてますが、問題なのは天気が良くないこと。競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎さんも雨は大きく勝負してはいけないと生前に良く仰っていました。

僅かな穴の可能性を考えるのであれば、連勝中で人気を抱えるレイパパレよりも、阪神コースが得意で重賞実績も豊富なワグネリアンを推します。

神戸新聞杯以来勝ちからは遠ざかっていますが、なかなか状態が伴わず悔しい競馬が続いています。休み明けの京都記念を叩き、今回はベストに仕上げてきていて、3強の1角崩しを期待するには良いオッズです。本来、重い馬場も走る傾向があり、雨が降ってタイム水準が下がればよもやの好走も期待できるかと思っています。

🔰好調教馬をご紹介

長い休みを取っていた馬も多く、各陣営しっかりと仕上げてきています。グランアレグリア、サリオスはある程度輸送を考えた仕上げになっていますが、身体の動きは問題ないです。

コントレイル 特★★★★★

身体の動き、推進力、気合い、どれをとっても文句のつけようのない仕上げになっています。体つきが去年よりもパワフルになっており、多少馬場が渋っても全く問題はなさそうです。

レイパパレ ★★★★★

坂路コースをとても綺麗に真っ直ぐかけ上がっています。力強さも伴っていて、連勝の勢いは本物だと感じさせます。ただ、見た目にバランスが良すぎる馬なので、馬場が渋った時の対応がカギになりそうです。

クレッシェンドラヴ ★★★★☆

併せ馬で外を回りましたが、気合い乗りも良く、並走馬を難なく抜き去っています。いつになく身体の動きが良く、このレースを目標にしっかり仕上がっています。正直実力は足りませんがデキはかなり良いです。

今週も全人馬ともに無事なレースを祈りましょう