スラ代表のG1を斬るっ! 2021高松宮記念

混戦のスプリント戦

グランアレグリアが中距離に移行し、スプリント戦は混戦模様になってきたと言わざるを得ません。

今回のメンバーで注目されているのが、1400メートル~マイルで実績のあるレシステンシアと去年の香港スプリントを見事に制したダノンスマッシュの2頭です。

2頭とも実績が高く軸にするには申し分ないですが、レシステンシアはスプリント戦に出走したことがなく、ダノンスマッシュは過去の高松宮記念での良績が無いことは事実です。

まずはこの2頭に注目してみたいと思います。

圧倒的なスピード能力

先行押切を戦法とするレシステンシアは、2歳の時からそのスピード能力を認められていました。阪神ジュベナイルFでは敢然と先頭に立ち、ラストの直線でさらに突き放したインパクトはまだ記憶にあるでしょう。

レシステンシアの能力は、そのスピードだけではなく、長く使える脚の方が実は重要です。一瞬のキレの持続力が他の馬よりも長く、速いスピードを保ったままゴールまで駆け抜けます。そして、この持続力こそが中京の1200メートルという舞台では特に重要になってきます。

以前に書きましたが、中京コースの最後の直線は、始めに急坂があって、そのあと緩やかなだらだらとした坂が続きます。したがって追い込む馬はその坂に負けない勢いでスピードを上げなければいけないので、追い込みが決まりにくいのです。先行馬はスピードを維持していれば、後ろからの追撃が鈍い分、根性次第で最後まで押しきることも十分に考えられます。

去年のマイルチャンピオンシップの時に大幅なプラス体重で出てきたことが1つのターニングポイントだったと考えます。怪我の休み明けではありましたが、馬体の筋肉量が増え、マイラーというよりはスプリンターの馬体になって戻ってきた所を見て、陣営は去年からスプリント戦を狙っていた可能性が非常に高いと考えています。

桜花賞で見せた走りから重たい馬場も問題なく、前哨戦の阪急杯も楽勝し、ここへ向けての調整は抜かりなく、掛け値なしに本命候補の1頭と言えます。

唯一の不安材料としてスプリント戦未出走という事がありますが、ミッキーアイルのように、同じタイプの馬での好走例はあるので、やはり本命は不動でしょうか。

香港スプリント制覇の快挙

日本馬で香港スプリントを勝利するという快挙を成し遂げ凱旋したダノンスマッシュ。ですがその戦歴は決して華々しいものではありません。3歳時の低迷期を乗り越えたあとはG3、G2クラスでは好走するものの、G1には手が届かず、凡走することもありました。

凡走してしまう原因として考えられるのは、調教からも走りが懸命で、いつも全力投球なところがありすぎるのかもしれません。結果として本番になると余力がなく、力を出しきれずに終わるところがあるのだと思います。ここ何回かの凡走は、距離がマイルであったり、レースの間隔が短かったりと、それで一応の説明はつきます。

今回は去年の香港スプリントからの直行で登録しており、休養は足りています。中京コースも去年の秋の代替え開催のセントウルSで勝っており、特別問題はないと考えます。

こちらも1つ不安を挙げるならば、3月末に行われているレースで毎回負けているということでしょうか。たまたま3回続いているだけかもしれませんが、馬によっては不得意な季節も存在するので、ダノンスマッシュがこの季節の変わり目の微妙な気候に体調を悪くしている可能性もあります。マイナス材料というには乏しく、杞憂に終われば良いと考えてはいます。

2頭に割って入るのは?

上記の2頭で固くおさまる可能性が高いとは思いますが、少ないとは言えこの2頭にも最後に書いたような不安材料があり、割って入る馬も当然考えておく必要があります。今回は様々なレースからの参戦ですが、とりわけ2つのステップレースから候補馬を絞ってみようと思います。

阪急杯

今年の阪急杯は例年よりも強いメンバーが集まりレベルの高い勝負だったと思います。馬場コンディションが良かったためレコード決着になったとはいえ、そこで影さえ踏ませない勝利を飾ったレシステンシアは、上記した通りの強さでした。

焦点は2着以下にあるはずです。出遅れながらも5着したダノンファンタジーは、その実力と戦績は認めますが、いかんせん不安定で、力のいる馬場にも実績がないうえにスプリント戦は初めてという買い材料の見当たらない状態。4着のインディチャンプもタイムが遅かった去年の阪神カップよりパフォーマンスが落ちており、やはりスプリント戦は忙しい印象が拭えません。2頭ともに実績から押さえは必要ですが、勝ち負けまではどうかと考えます。それならばいっそのこと不安定要素満載のミッキーブリランテに穴の期待を持ちます。

阪急杯は展開にも恵まれ、内を上手に立ち回ってこその2着であった事は確かでしょう。しかし、何より走る気力を取り戻した事が重要で、レースの上がりそのものはレシステンシアと同タイム。中京コースの稍重の1400メートルでも実績があり、今回のメンバーでの穴の魅力としては十分だと思います。

シルクロードステークス

今年は代替え開催のため、今回の高松宮記念と同じ条件で行われたレース。ここで勝ったシヴァージは残念ながら外傷の影響で回避と、有力馬が1頭いなくなった感はあります。ですがここで休み明けながらトップハンデを背負い、2着に入ったライトオンキューと、久しぶりのスプリント戦で良い走りを見せたラウダシオンは評価できると考えます。

2頭共に先行タイプで力のいる馬場も問題なく、実績もあります。特にライトオンキューは鞍上を横山典弘騎手に変更しており、勝負気配が感じられます。スプリント戦に限ればライトオンキューの方が実績は上なので、こちらを多少上には取りますが、デムーロ騎手の重馬場の巧さにも魅力があり、ラウダシオンも侮れない1頭に違いないと考えます。

その他のレース

最後にその他のレースから1頭挙げておきたいと思います。昨年の後半はヴィクトリアマイルの疲労からか、全く良いところがなかったサウンドキアラ。ですが、そのヴィクトリアマイルでは高速馬場でありながら、外枠から強引に先行して見事な走りを見せました。最後は苦しくなりましたが、アーモンドアイ以外には勝っています。その時の3着のノームコアは香港カップを制覇する快挙を成し遂げていて、いかにメンバーの揃ったレースだったかが伺えます。

前走の阪神カップは復調の兆しを見せる走りで、もともと力のいる馬場も良く、中京コースもそこまで悪い成績ではありません。問題はスプリント能力ということになりますが、前述のとおり、中京の1200メートルは1400~マイル実績のある馬が成績を残すこともあり、こちらはインディチャンプに比べると実績が無いため人気薄になる可能性が高いです。馬券妙味ということも合わせてインディチャンプ同様、そこまでの信用度はありませんが、穴馬として狙ってみるのも面白いと思います。

🔰好調教馬をご紹介

今回は久しぶりの古馬芝のG1ということもあり、各陣営とも気合いの入った仕上げをしています。正直、甲乙つけ難いくらい各馬デキは良いので、今回は上昇度という観点で評価をしてみました。

レシステンシア 超★★★★★

初めて特の上を出します。終始引きっぱなしの鞍上が少しでも気を抜いたらそのまますっとんで行くくらいの勢いで登坂。身体つきも牡馬のように素晴らしく、スプリンターとしての走りと体型になっています。やはり気がかりなのは、この凄まじい前進気勢が、逆に初めて乗る浜中騎手にとってマイナスにならないかということです。

サウンドキアラ ★★★★★

終始落ち着いた様子で真っ直ぐ一直線に登坂。身体の動きが軽く、不振だったころのバタバタ、ドカドカとした動きの鈍さが完璧に無くなっています。欲を言えばもう少し気合い乗りが欲しいですが、それは当日の気配を見ましょう。

カツジ ★★★★

好走したスワンステークスは先行してのものでしたが、本質的には後ろから行きたい馬。今回は調教の入りをゆっくりにし、ラストの脚を伸ばす調教。するどい末脚で周りの馬もろとも並走馬を抜き去っています。陣営の意欲的な調教に好感をもてます。

今週も、まずは全人馬無事にを願いましょう!