春のスプリント王決定戦!~高松宮記念

短距離戦線は大混戦!

グランアレグリアが抜け、短距離戦線は混戦模様の様相をみせています。
今年これまで行われた前哨戦を見ても、各馬の実力が拮抗していることがわかります。
ポイントはやはりトリッキーな中京コースということになりそうです。

中京の1200メートル

中京競馬場の1200メートルは小回りなうえに最後の坂が急で、ハイペースであったとしても追い込むのは難しい形態になっています。

登録馬の中では、やはりレシステンシアが有力になってくると思いますが、他の馬も注目馬が多いですね。

今週もその登録馬の中から注目馬を中心に紹介していきます!

アウィルアウェイ

スプリンターズステークスでは最後に飛んできて波乱を演出しましたが、好走にはかなりの条件が付く馬です。今回は追い込みづらい中京で、ペースは向きますが、上位まではどうでしょうか。

インディチャンプ

1200メートルという距離はやはり短い印象。1400メートルでも忙しさを見せていたため実績があって叩き良化タイプでも、どこまで順位を上げられるかは微妙です。

サウンドキアラ

ようやく復調してきた牝馬で、アーモンドアイの2着の安田記念は良い走りでした。1200という距離は初めてですがパワーもあり舞台設定は向いています。馬場が重くなれば一発がありそうです。

シヴァージ

中京コースを得意としていて、前走も前残りの中キッチリ差し切りました。重馬場でも問題なく脚が使え、人気がなければここから狙うのも面白そうです。

ダノンスマッシュ

香港スプリントを勝ち、G1馬として日本に戻ってきました。今回も得意な中京コース、重も問題なく、レシステンシアと人気を分け合うでしょう。当然最有力候補の1頭になります。

ダノンファンタジー

前走は出遅れて見事に期待を裏切ってしまいました。初めて走る1200メートルよりは1400の方が良い印象で、安定しない走りからもスプリントはかなり微妙です。パワータイプではなく良馬場のほうがいいので、天気も心配になります。

マルターズディオサ

前走で1400メートルをこなし、ここへ駒を進めてきました。気性の問題から距離を短くしてきましたが、さすがにいきなりの1200メートルがG1なのは実績から見ても荷が重い印象です。

ミッキーブリランテ

不安定な走りのため人気がなく、しかしそこで好走を繰り返し、ついにG1登録まで来ました。中京コースも得意でパワーもあり、こちらも1200メートルは初めてですが、おそらく人気にはならないので穴の魅力は一番です。

ライトオンキュー

シルクロードステークスではトップハンデ、休み明けと不利な条件でも前々からの粘りこみは見事でした。今回は鞍上も乗り替わり、陣営も勝負をかけてきました。上位とどこまで争えるか注目の1頭です。

ラウダシオン

NHKマイルを勝ったマイラーですが、中京コースには実績があります。前走は及第点の走りですが、やはり決めての無さはこのメンバーに入ると厳しいです。雨で馬場が悪化した方が良い馬なので、天気次第で一考です。

レシステンシア

とにかくテンのスピードが速く、無理に着いていくと追いかけた馬がバテるほどのスピード能力。体系的にもスプリンター仕様になってきており、陣営はここを狙っていた可能性が高いです。パワーも申し分なく、本命候補の1頭です。

🔰おすすめの買い方

1200メートルや中京が初めての馬が多いですが、その中でもやはりレシステンシアが中心になってくると考えています。中京コースの1200メートルは、1400メートルまで走れるスタミナとパワー、そして急坂を駆け上がる根性が必須です。

馬券は固くなりますが、相手はダノンスマッシュ、ライトオンキューとパワーも兼ね備えた馬が狙い目になります。

少し穴目を狙うなら中京コースと相性の良いシヴァージ、馬場が渋ったときのラウダシオンを押さえておけば良いと考えています。

3連系の穴としては復調気配のサウンドキアラ、自力と実績からインディチャンプ、そして不安定要素満載のミッキーブリランテと、こちらもパワー型を中心に狙うほうが良いと考えています。

先週は武騎手が負傷してしまいましたが、まずは全人馬無事でゴールを。