スラ代表の重賞を斬るっ!~2021スプリングステークス

甘く見られた?ギベオン

先週の金鯱賞は最低人気のギベオンが逃げ残り、波乱の結果となりました。有力所が後ろから行くなかで互いに牽制しあい、昨年4着のギベオンを甘くみて各馬の仕掛けが遅れた可能性が高いです。

後ろから行く実力馬が多いレースでは稀にあることですが、近走の成績からみても、まさか10番人気のギベオンが逃げ勝つとは考えられませんでした。

競馬は本当に難しいものです。

皐月賞トライアル第2戦!

さて、今週は皐月賞トライアルのフジテレビ賞スプリングステークスが中山競馬場で行われます。このレースは1800メートルということもあり、本番の皐月賞と違って若干マイルよりの距離適性の馬も出走してきます。

このレースの結果いかんにより、皐月賞へ挑戦するか、NHKマイルカップに出走するかを決める陣営もいるでしょう。ですので、馬券を買わずともレースをしっかりと見て、春のG1に備えるのも良いと思います。

今回は人気になりそうなのが1勝馬のボーデン、そして「逸走」で有名になってしまったランドオブリバティだと思います。まずはこの2頭を中心に考察していきたいと思います。

きさらぎ賞の結果から

逸走あけと言うと言い方がおかしいですが、ランドオブリバティがホープフルステークスから挑んだきさらぎ賞は、3着と勝ちきれませんでした。それまでの戦法とは違い、後ろに控えての競馬。前々で進めていた新馬戦、芙蓉ステークでは危なげなく押しきる強い競馬でしたが、控えての瞬発力勝負では分の悪さを見せ、ヨーホーレイクと同じような位置にいたのにも関わらず、1着馬との着差が0.6と課題の残る結果となりました。

やはり持ち味の持続性を生かすには、安定した先行態勢を築く必要があり、気性の成長は必須になってきます。短期間での気性の成長を求めるのは酷であるとこの記事で何回も言ってきていますが、今回は皐月賞トライアル。ここで権利をとれなければ本賞金1000万のランドオブリバティは出走できるかどうかは微妙になってきます。それ故に今回は半ば腹を括って前目で勝負してくる可能性が高いと考えます。

ホープフルステークスの逸走は曲がらなかった、というよりは曲がれなかった、というのがレースを見返す中で近い表現だと思います。芙蓉ステークスの時はしっかりと加速しながら曲がれており、直線で左に張ることもなく強い競馬を見せています。

今回は1番枠を引き、ラチを頼れるところもあり、そこまでの心配はしなくても良いとも考えていますが、日曜日の雨の量によっては内側が荒れてくることも考え、新馬戦で不良馬場で勝ってはいるものの、堅軸とまでの信用はないと思っています。

良血の大器 ボーデン

新馬戦こそディオスバリエンテに敗れたものの、未勝利戦の1.45.2というタイムは、次の日に行われたセントポーリア賞の1.46.5にくらべても破格で、その時6馬身ちぎった2着馬は次のレースで楽勝するという決して低くないレースレベルの裏付けもあります。母方がエアグルーヴから受け継がれる血の流れで、母は活躍できなかったものの、その遺伝子は間違いなく搭載されています。

母のボージェストは2勝止まりでしたが、その2勝はいずれもダートでのもの。道悪になりそうな今回は有利に働く可能性もあり、まだ幼さを見せる場面もありますが有力な1頭に間違いはないと考えます。

連下の馬は混戦

上記の2頭以外は実力が拮抗している印象で、キャリアの少ない3歳戦ということもあり予想は難解です。

その中では、前走のフリージア賞を逃げて勝ちきったレインフロムへヴンと、マイルではありますが同じ中山で勝利したヴェイルネビュラ、つばき賞で良い差し脚を見せたヴィゴーレ辺りが有力候補でしょうか。

特にレインフロムへヴンは東スポ杯こそ惨敗でしたが、中2週というローテーションが祟ったもの。百日草特別では共同通信杯を圧勝したエフフォーリアの2着と実力を示しており、今回も有力と見ます。中山は初めてですが、東京コースでも捲る競馬を見せており、長く使える脚もあります。新馬戦の内容からもある程度の道悪もこなせそうです。欲を言えば馬体の成長はほしいので、プラス体重で出てくるのが理想です。

今回の中山巧者は

中山は古馬になっても適性によるところが大きいコース。3歳の時点でこれを見抜くのは少し難しいですが、キャリアから見ると今回はロードトゥフェイムが一番でしょう。

前走は不良馬場の中で1頭だけ抜けた差し脚を使っての勝利。その時の4着馬のノーダブルディップはシュネルマイスターの2着したワザモノとのレースで2着に入っており、中山の道悪であればかなりの能力があると考えられます。日曜日にどれだけ雨が降るかはわかりませんが、馬場状態によってはこのロードトゥフェイムも連候補に加える必要があると考えています。

🔰好調教馬をご紹介

皐月賞トライアルだけあって各陣営仕上げにぬかりはないと見ます。ランドオブリバティは3頭併せ馬で折り合い重視の内容。内で我慢させ、ラストの反応は良く、まずまずといったところです。

ボーデン ★★★★★

3頭併せ馬、ラストの直線で多少いきたがる面を見せましたが、鞍上がGOサインを出すと外の2頭をあっさりと突き放しました。素質はやはり高く、道悪が多少心配ですが仕上がりは万全です。

ヴィクティファルス ★★★★★

坂路コースを単走ですがキレイなフォームで真っ直ぐにラストまで走りきっています。終始馬なりでのパフォーマンスに前走の2着は実力の高さを証明した1戦だったことに間違いはないと考えます。過剰な人気は考えものですが、小穴として考えるなら良い馬です。

ヴィゴーレ ★★★★☆

全身を上手に使って伸びのあるフォーム。全体のタイムもラストのタイムも優秀で、仕上がりはかなり良いです。ただ全体的にスピードに乗ると重心が下がるフォームなので道悪はそこまで向かないかもしれません。良馬場ならば本命候補の1頭でした。