スラ代表の重賞を斬るっ!~2021金鯱賞

上位人気で決着した弥生賞

ダノンザキッドが圧倒的な人気を背負った弥生賞ディープインパクト記念は、スローペースの中タイトルホルダーが鮮やかに逃げきり勝ちし、能力の高さを示しました。ダノンザキッドはラストで追い込みを計りましたが、シュネルマイスターもかわせず3着。

さまざまな要因はあると思いますが、このレースの結果を見るとダノンザキッド「1強」ではなかったことが良くわかりました。本番はまた馬の仕上がり具合なども変わってくると思いますが、今後のクラシックに向けての予想は少し難しくなったように思います。

大阪杯へのステップ

さて、産経大阪杯がG1に格上げされ「大阪杯」になったことにより、そのステップとして現在の開催週になっている金鯱賞ですが、本番までの期間が中2週と間隔がかなり短くなっています。

この中2週という間隔をどのように捉えるかがまずひとつのポイントになってくると考えています。

重賞から中2週でG1というローテーションは無くはないのですが、さすがに間隔の短い中で、強豪とのレースは消耗します。ですので前哨戦の方を7、8割程度の仕上げで挑み本番に全力を出すという、いわゆる「叩き」として使う陣営もいるでしょう。また逆に、この金鯱賞に狙いを定めて勝ちにきている陣営もいるはずです。

その辺りの使い分けを判断するのは難しいので、飽くまで参考程度に考えたほうが良いですが、頭の隅に置いても良いとは思います。

デアリングタクトは勝てるのか?

まず考えるべきなのは、圧倒的な人気のデアリングタクトについてだと思います。

無敗の三冠牝馬という肩書きは過去にほとんど例がなく、比較するのには難しいですが、さしあたって実力を計るのには出走したG1レースを検証するのが良いはずです。

デアリングタクトが出走したG1レースのうち、2回が重馬場でのレースでした。馬場が重くなると、良の時よりも適性に関しての得手不得手が目立つため、あまり参考にするべきではないですが、中京競馬場は金曜日からの雨で、日曜日まで馬場状態が回復しない可能性もあります。重馬場でのパフォーマンスも秀逸で、むしろ雨が残ったほうが良いのかもしれません。

良馬場での走りで実力の高さを見せたのは、やはりジャパンカップだと考えます。

3歳ゆえ、斤量面では優遇されていましたが、直線入り口でコントレイルに寄られ、内に進路を探してキレ混む厳しい展開の中、最後まで伸びた勝負根性と精神力は、今回のメンバーに入ってもトップだと考えています。

唯一の懸念材料とすれば、今後のローテーションとして香港のクイーンエリザベス2世カップに登録、出走する可能性があるということでしょうか。

海外のレースに出走する前に日本のレースを叩きで使うことは今では普通のことで、その場合は当然、完全には仕上げてこないでしょう。

ですが、いつも一生懸命に走る姿と、あの泥田のような桜花賞での強い精神力の走りから、例え仕上げが前哨戦仕様でも勝ちきってしまう可能性のほうが高いとも考えられます。やはり下手に穴を狙うよりは、このデアリングタクトを中心に馬券の検討をするべきだと結論づけます。

対抗以下はどうしよう?

メンバーを見渡すと、頭数は少ないですが海外のG1を勝ったグローリーヴェイズもいるし、最近実力を着けてきたブラヴァス、ポタジェと絞りきるのは少し難解なのも事実です。

レース全体の流れとしては、ジナンボーやギベオンが先手を取ってスローからミドルで流れる展開になる可能性が高いと考えられます。中京競馬場の2000メートルは、コース形態から3コーナーから4コーナーにかけてのロングスパートで押しきる形になる事が多いため、長く脚を使える馬を選ぶのも1つの手です。雨が残れば急坂の直線だけで追い込むのは厳しく、尚更前残りになることも考えられます。

香港ヴァーズの覇者

長い脚を使う馬で高い実力を持っているのは、やはり香港ヴァーズを勝ったグローリーヴェイズになると思います。左回りは特に問題はなく、デアリングタクトとの斤量の差も、ジャパンカップの時よりも詰まるので有力候補ではあります。

ただ、このグローリーヴェイズもローテーションが香港の可能性があり、前哨戦仕様の仕上げになると思います。香港ヴァーズの前の京都大賞典は疲れを残さないレース内容でしたので、今回は実力を認めても馬券はそこまで厚く掛けないほうが無難かもしれません。

破竹の勢い ポタジェ

破竹の勢いとは今回はこの馬のためにあるような言葉で、目下4連勝中。1勝クラスからリステッド競走までを危なげなく勝利。距離は2000メートルですが、開催条件に偏りがなく、能力の高さを示しています。

やはりここまでの連勝をしているので当然人気にはなりますが、過剰な人気と受けとる人も多いと思います。

元々の能力が高いのは間違いありませんが、クラスが上がるごとに対戦相手も強くなるので、単純な力関係ではオープンまで4連勝ということにはなりません。1戦ごとに成長し、さらに能力を高めている証拠でもあります。

今回はいきなりG2ということで、さすがに相手が悪いかもしれませんが、成長力のあるディープインパクト産駒は勢いで簡単に壁を越えることもあり、対抗1番手に抜擢しても良いと考えます。

眠れる怪物

その他で挙げるとすれば、重賞戦線で健闘しているサンレイポケットや、前目から長い脚を使えるブラヴァスは馬場状態を問わず走ってくるので、押さえる必要はあると考えます。ですが今回は敢えて眠れる怪物を狙ってみるのも良いと思っています。

新馬戦では走らず惨敗、しかし連勝で挑んだ弥生賞は外目から見事な差しきりを見せたサトノフラッグ。このレースを見たときはやはり強いと思いましたが、ベストな立ち回りから勝つ勢いで直線を向かえた皐月賞は5着と不可解な負け方。

調教も当時、まるで古馬のような動きをしており、コントレイルと共に抜けた存在だと思っていましたが、結局クラシックでは活躍できませんでした。

原因を探るのは私達のような外側からの人間では難しいですが、勝ちっぷりの良さと負ける時のだらしなさから考えるに、目に見えない気性の甘さがあると考えます。新馬戦の惨敗も皐月賞の5着も気性の甘さから最後まで走りきれない精神力の弱さが出た結果だと考えています。

しかし、今回はルメール騎手が騎乗するということで、陣営もかなりの仕上げをみせており、ルメール騎手の手腕で上手に導ければ、デアリングタクトにも劣らない実力はあるはずです。イメージ的にはミルコデムーロ騎手のような、ラストまで気を抜かせない当たりの強い騎手が理想でしたが、この乗り変わり自体がプラスに働くことに期待して、1票を投じたいと思っています。

🔰好調教馬をご紹介!

前哨戦で中京競馬場開催、輸送も考えた調整ですが、各陣営ともに抜かりのない仕上げをしてきている印象です。デアリングタクト、グローリーヴェイズの両頭も余裕残しということはなく、きっちりと仕上げてきています。その中で特に良く見えた3頭をピックアップします。

サトノフラッグ 特★★★★★

上でも少し書きましたが、ルメール騎手を背にすることもあるのか、かなりの気合いの入った仕上げをしています。調教としては過去最高の動きです。これがどちらの方向に向くかはわかりませんが、ここは本気で取りにきている可能性が激高です。

デアリングタクト ★★★★☆

坂路で変わらずブレのない走り。強く追っているということはありませんが、この馬のすごいところはラストまで一直線に登りきる体幹の強さ。その辺りがオークスでの馬群を捌いて抜け出た強さです。

グローリーヴェイズ ★★★★

コース追いきりで、併せた馬を外側から簡単にねじ伏せています。正直海外に向けて抑えてくるかと思っていましたが、そこまでの抜いた調整ということはなく、今回もある程度走れる体制は出来ている印象でした。