スラ代表の重賞を斬るっ!~弥生賞ディープインパクト記念

ダノンザキッドが始動

3月に入り、いよいよこれから本格的にクラシックシーズンを向かえます。今週は桜花賞トライアルのチューリップ賞と皐月賞トライアルの弥生賞ディープインパクト記念が開催されます。

中山競馬場では土曜日に、今月末に行われる高松宮記念に繋がるオーシャンステークスも開催されます。

ですがこの記事では、中山日曜開催の弥生賞ディープインパクト記念に焦点を絞って書いていきたいと思います。

さて、ここに登録しているメンバーの中で最初に考えなくてはいけないのは、やはり無敗でホープフルステークスを勝ったダノンザキッドでしょう。

朝日杯かホープフルか

2歳のG1レースは3レースありますが、限定戦の阪神ジュベナイルフィリーズを除くと朝日杯とホープフルステークスの2レースで、両者の違いは開催場と距離にあります。

近年にG1に格上げされたホープフルステークスは中山の2000メートルということで、皐月賞と同じ舞台になります。そのため最近は「冬の中山」という2歳馬には厳しい条件でありながら朝日杯よりも有力なメンバーが集まる傾向にあります。

朝日杯で勝ったグレナディアガーズはレースレコードで勝ち、一定の評価を得ていますが、ここに出走したメンバーの中で今年の重賞で活躍している馬はいません。特に最も期待されていたステラヴェローチェは共同通信杯で5着と、今後の評価を改めなければいけない結果になりました。

対してホープフルステークスに出走したヨーホーレイクとランドオブリバティは、きさらぎ賞で2着、3着に入っており、レースの水準を落とす結果にはなっていません。今後さまざまなトライアルが始まるにつれて徐々にこの2つのレースレベルが明らかになっていくと思いますが、現時点ではホープフルステークスの方が上であったと考えられます。

このホープフルステークスで、まだ幼さを見せる走りでありながらも他馬を寄せつけず押しきって勝ったダノンザキッドは、トップクラスの実力を持っていると考えてよいでしょう。そしてこのレースで0.5差4着のタイトルホルダーも、このメンバーに入れば注意しなければならない1頭です。

争点は、この短期間での他馬の成長力になると思います。

男子三日会わざらば刮目して見よ

この時期のサラブレッドは短期間で大きく成長することもあります。それを見極めるのは誠に困難でありますが、例年通りと仮定すればそこまでの勢力の変化はないはずです。

ジャスタウェイ産駒でこの時期に活躍した馬は少ないですが、ヴェロックスやマスターフェンサーなど、順調に成長を遂げているので、ダノンザキッドも成長力という点ではそこまでの心配はないと見ます。

ポイントはこのダノンザキッドに迫る馬が出てくるのかということになると思います。

この時期に大幅に成長する血統と言えばやはりサンデーサイレンス系の産駒になりますが、出走メンバーを見るとサンデー系でも成長が緩やかなオルフェーヴル産駒のソーヴァリアント、晩成型のハーツクライ産駒のタイセイドリーマーと、そこまで急激な成長力には期待できないと考えています。その他の出走馬はキングマンボ系と外国産のダンジグ系、ガリレオ系とこれまた成長力に鈍い血統で、ここでの勢力の変化はあまりないと結論づけます。

次は別の角度から成長力に期待する馬を探します。

ホープフルステークスと同じ条件で行われた京成杯では、グラティアスがキャリアの少ない中で頭1つ抜けたレースぷりをみせて快勝しました。ここで2着に入ったのは未勝利戦を快勝して望んだタイムトゥヘヴン。そして3着に入ったのがテンバガー。この両者では夏の小倉より出走のなかったテンバガーの方に逆転の魅力を感じます。

未勝利戦と同じように先行して2着に粘ったタイムトゥヘヴンも評価はできますが、季節が逆転する間隔の中で重賞に挑み、3着に差し込んだレースセンスには光るものがあります。新馬戦ではダノンザキッドに離された3着ですが、その時2着のワンダフルタウンも京都2歳ステークスの覇者。決してレベルの低いものではないと考えます。京成杯を使って順調に良化してくれば、このレースでの活躍も十分考えられます。

その他の要因

今週は関東でも久しぶりに雨が降り、月曜日、そしてこの週末もぐずついた天気になっています。雨で馬場が渋った時に見直せるのが外国産のシュネルマイスターとキャリアの中で重い馬場を2回経験しているソーヴァリアントです。

シュネルマイスターは前走のひいらぎ賞をほぼ馬なりで楽勝、そのパワフルな走りからも重馬場は苦にしないと思います。先団から抜け出したあとは、持ったままで1着というレースに潜在能力の高さを感じます。ひょっとしたら良馬場でもダノンザキッドに引けをとらないかもしれません。

ソーヴァリアントは未勝利戦で1着入選も失格になっており、実質2回レースを勝っている形。キレる脚を持っていないので、渋った根性勝負の必要な馬場が向いている傾向にあると考えられます。実力的にどうかも、馬場状態が悪化するようであれば穴に面白いと考えています。

🔰好調教馬をご紹介

多少暖かくなってきたこともあり、トライアルに向けてなかなか良い動きの馬が多かったのが全体としての印象。とりわけ良く見えた3頭をピックアップします。

タイトルホルダー ★★★★☆

単走ですがラストまでスピードを保ち、脚の回転、力強さともに素晴らしく体調の良さが伺えます。中山よりは東京のイメージですがトライアルに向けて仕上がりは万全です。

ゴールデンシロップ ★★★★☆

併せ馬でラストまで抜かせず、身体の動きも申し分なし。特に脚捌きの力強さは秀逸で、いかにもガリレオ系といった印象。馬場が極端に悪化した場合は考えてみても良いかもしれません。

ダノンザキッド ★★★★

まだ粗削りで頭の高い走り方をしていますが、スピードに乗ってからの伸びが素晴らしく、手脚の柔らかさには目を見張るものがあります。多少の馬場悪化ならこなしているので、ここも主役で間違いなさそうです。