目指すクラシック~弥生賞ディープインパクト記念

混戦の中山は…

先週の中山記念はがヒシイグアスが制し混戦を断ちました。速い馬場にも対応した見事な走りで本当に成長を感じました。

対して阪急杯はダノンファンタジーが出遅れ、インディチャンプがハナ差届かずの荒れた展開。穴のミッキーブリランテとジャンダルムが絡み、固いと思われたレースでしたが競馬の難しさが分かるレースとなりました。

トライアルが始まります!

今週は阪神競馬場でチューリップ賞、中山競馬場では弥生賞とクラシックに向けてのトライアルレースが2鞍開催されます。チーム赤鉛筆は日曜開催の弥生賞にフォーカスして予想、見解を発信していきます!

中山競馬場では土曜日にスプリント重賞のオーシャンステークスも開催され、高松宮記念へ向けての動向も気になるところです。

それでは弥生賞の登録馬をピックアップして紹介していきます!


シュネルマイスター

中山の1600メートルのひいらぎ賞を圧勝して今回は2000メートルに挑戦してきます。勝ち方から距離延長は問題ないと見ますが、タイムの出る馬場への対応がポイントになります。

ソーヴァリアント

失格につき実質1レース多く勝っている馬ですが、決め手には欠ける脚質。前残りの馬場を考えてもいきなり重賞は厳しいと思います。

タイトルホルダー

ホープフルステークスでは切れのなさが目立ち4着。実績的には東京コースの方が向いている印象ですが、成長次第では馬場状態も含めて上位を狙える存在です。

タイムトゥヘヴン

京成杯では2着と粘りを見せました。勝馬のグラティアスには決め手で負けましたが、速い馬場のほうが持ち味を生かせる印象なので、今の中山の馬場状態はチャンスがあると考えます。

ダノンザキッド

走りや気性が安定しない中での3連勝は強さの証でもありますが、ごまかしの利かない高速馬場では今まで以上の気性の成長が必要になります。実力はありますが、絶対の信頼とまではいきません。

レインフロムヘヴン

前走のフリージア賞を貫禄勝ちし、レベルの高いところでの競馬の経験を生かした形になりました。もともと東スポ杯は間隔のない状態での競馬だったので、巻き返しは十分に考えられます。

ワンデイモア

未勝利、1勝クラスと連勝して重賞に挑戦してきます。後からの競馬でパワーと根性を生かした差し脚は秀逸です。今の高速馬場には向かない印象なので、重賞の今回は厳しいかもしれません。

🔰オススメの買い方!

ホープフルステークスを勝ったダノンザキッドが中心になりますが、先週からの高速馬場を考えると絶対の信頼は置かない方が無難かもしれません。バビットのように多少柔らかい馬場のほうが実力を発揮できる馬もいるからです。

とは言うものの、6月の阪神競馬場で結果を出しているダノンザキッドが高速馬場をそこまで苦手にするとは考えにくく、やはり馬連ワイドの軸はここから考えて良さそうです。

前目につけられるタイトルホルダー、レインフロムヘヴンの2頭は馬場傾向からも押さえは必要だと考えます。スローペースを見越せば、ひいらぎ賞をプラス14キロの体重増で勝ったシュネルマイスターも脚力は見劣りせず、過剰な人気がなければ考えたいところです。

成長度合いで期待するのはタイムトゥヘヴンですが、京成杯の自身のタイムが遅く、あくまで3着候補と考えます。総じて固い馬券傾向になると思うので、相手はこの辺りまでに絞って考えてみるのが良いと思います。