スラ代表の重賞を斬るっ!~中山記念

G1馬も始動する時期になりました

2月としては暖かい日が多いですが、まだまだ朝晩の冷え込みは厳しく、人馬ともに体調管理の難しい気候になっています。
今週は中山競馬場では中山記念、阪神競馬場では阪急杯が開催されます。

阪急杯はG1馬のインディチャンプが始動、対抗馬もレシステンシア、ダノンファンタジーと豪華で、予想はしやすいと思います。

対して中山記念は上り馬や勝ちきれない馬が多く混戦模様。
ですのでこちらの中山記念の方に焦点を絞って見解をまとめていきたいと思います!

堅軸は当然…?

以前この記事で堅軸に推したステラヴェローチェが5着と奮わなかったので多少トラウマですが、今回も迷わずヒシイグアスを軸に推します。

ヒシイグアスは中山コースの1800~2000メートルを6回走って3勝2着2回と得意としており、冬場のレースにも強い傾向があります。特に前走は正月競馬で、必ずしも調整が上手くいっているとは言えなかったはずです。体重を回復させるために最終追い切りが非常に軽く、決して万全な状態ではなかったと思います。そんな中での重賞で、好位で押しきった実力はこのメンバーの中では一番評価できると考えます。

心配材料とすれば前走から斤量が2キロ増えることですが、57キロでも好走しており、そこまでの問題はないと考えます。開幕週の馬場状態により、ある程度前目につけることが求められますが、ゲートも悪くないし、位置を取れる脚質の実績からも後手に回る可能性は低いと見ます。

中山実績のある馬

対抗以下を考えます。中山競馬場は馬によって得手不得手があるコースだということをこれまでずっと書いてきましたが、今回のメンバーの中ではセントライト記念を逃げ勝ったバビットが相手筆頭であると考えます。

この馬の強いところは、坂を越えてからの二の脚がきく所。タイムの出にくい特殊な馬場状態でしたが、ラストの坂を登りきってからまた伸びて、追いすがるサトノフラッグをそこから若干引き離しました。長く持続する脚が使えるからこそ福島での圧勝劇があり、今回のレースにも繋がる可能性は高いと見ます。

成長著しかったトーセンスーリヤは休み明けを差し引いても評価はしたいところです。なかなか勝ち味に遅い馬でしたが、昨年の始め頃から連勝で新潟大賞典を勝ち、続けての重賞挑戦では力の差を感じたかもしれません。

宝塚記念では7着ですが、このレースは直前の雨による、いつもより走りにくい特殊な重馬場になり、先行馬が全滅。そこで先行勢の中ではラッキーライラックに続く着順であればレース内容は評価することができます。中山コースも悪くなく、今回の出走メンバーなら上の実力があると考えます。

末脚確実な穴馬

開幕週で前残りの競馬になることが多いレースですが、今回は頭数が多く実力も拮抗しているため、後ろからの差しも考えます。そのなかでは人気もなく、実力もそこそこなサンアップルトンが有力だと思います。

前走は不良馬場で差し脚を発揮できず消化不良の競馬。その前のアルゼンチン共和国杯では速い上がりで3着、また重馬場を挟んで日経賞では4着と良馬場であれば確実に上位に食い込んできています。

問題は距離が短縮されるところですが、先行勢も多く、ある程度流れるペースになる可能性が高いことから勝負になると考えます。やはり後から行くので、さすがに勝ちきるまでは難しいかもしれませんが相手には入れておきたい1頭です。

🔰好調教馬をご紹介

中山記念ですが、ほとんどの出走馬があまり良い動きをしていません。季節的に調整の難しい時期なので当然なのかもしれませんが、それにしても動きが重い馬が多い印象です。その中で目立って見えたのは以下の2頭だけでした。

トーセンスーリヤ ★★★★☆

多少身体が太くは見えますがダイナミックなフォーム、力感ともに非常に良く、迫力満点で坂路コースを登坂しています。休み明けですが走れる体勢は整っています。

ノーブルマーズ ★★★☆

CW単走でしたがほぼ馬なりでスムーズな直線の入りからの加速。動きが柔らかく、ラストに気合いをつけるとスッと加速する反応の良さが目立ちます。最近の成績は冴えませんが体調は万全です。