今週の重賞 中山記念 阪急杯

新たなダート王!

先週のフェブラリーステークスはカフェファラオが勝ち、新たなダート王が誕生しました。チークピーシーズの効果なのか積極的なレースをすることが出来ていて、これからの活躍にも期待が出来そうです。2着にはエアスピネルが入り、波乱の結果で東京開催を締めくくりました。

中山開催再び

今週からは再び中山開催に戻り、いよいよ古馬の重賞、中山記念が開催されます。このレースからは古馬戦線で活躍する馬が数多く出るので、しっかりと予想検討することは大事です。ですが、今年は中距離戦線にグランアレグリアが出てくることもあり、少々小粒なメンバーが登録している印象ではあります。

阪神競馬場では短距離重賞の阪急杯が開催されます。こちらは波乱の結果になることもありますが、今年の登録メンバーは豪華で馬券の軸になる馬もおり、検討はさほど難しくないかもしれません。

それでは登録メンバーをピックアップして紹介していきます。

中山記念

ウインイクシード

年齢は取りましたが、中山との相性の良さは健在で、金杯も3着と穴を開けました。登録しているメンバーもそこまで強くないので、今回も立ち回りの上手さが光るかもしれません。

クラージュゲリエ

復活してからは2着と3着と、安定した差し脚を見せています。馬場状態がわかりませんが、好位からの競馬が出来るようになり、ここでも期待して良いと思います。

ケイデンスコール

実績的にアテにならない馬ですが、末脚がハマった時の威力は見事なものがあります。前走は上手く内をついて回れましたが、右回りの今回はどうでしょうか。

トーセンスーリヤ

順調に成長してきましたが、G1の壁に当たって足踏みしている状態でしょうか。中山コースは得意で実力的には上位ですが、長い休み明けは疑問ではあります。

バビット

セントライト記念を逃げ勝った中山巧者です。有馬記念はさすがに厳しいレースになりましたが、今回の条件なら逃走劇が再びあってもおかしくはありません。

パンサラッサ

不安定な走りも、リステッドや重賞2着の実力からは評価ができます。中山コースとの相性は良くないですが、穴の一発の魅力は秘めています。

ヒシイグアス

中山コースを得意としており、前走は完璧な仕上げでない状態にも関わらず完勝しました。このメンバーの中でなら最有力で、軸に考える1頭でしょう。

ビターエンダー

クラシックでは活躍できませんでしたが、そのあとの成績も今一つな現状で、強気になれませんが、前走の内容は着順よりは悪くないです。馬場が渋れば復活もありそうです。

阪急杯

インディチャンプ

マイル王がここから始動します。このメンバーに入ってもまだまだ実力は健在だと思いますが、年齢的な衰えは考えたいので、堅軸とまではいかないと思います。

ダノンファンタジー

ずっと低迷していましたが、1400メートルに距離を縮めた前走を快勝しました。この距離に目標を決めて準備している可能性が高く、今回も期待できます。

ベストアクター

去年の覇者で、長い休みになりました。さすがにいきなりからは厳しいと思いますが、好位からの抜け出す脚が速い馬で、順調なら短距離界をリードした馬だったと考えています。

ミッキーブリランテ

前走は16着からの1着と、安定しない成績を見せつけました。1400よりかは1600のほうが良い印象ですが、阪神コースは得意です。

メイショウチタン

阪神コースを得意としていて、前走は中京で勝ってオープン入りしました。どちらかというと時計のかかる馬場のほうが良いので、今の馬場は合ってはいません。

レシステンシア

桜花賞2着で、阪神コースも得意としています。いつも真面目に走る馬で今の前残り傾向の馬場は得意です。課題は前走時に増えた馬体が絞れてるかどうかでしょう。

🔰オススメの買い方!

中山記念はヒシイグアスという実力馬がいるので、ここから軸に考えたほうが良いと考えます。場合によっては頭固定の3連単勝負も面白そうです。

相手には中山巧者のウインイクシード、バビットと、堅い傾向にはなります。ひとつき間隔が開いて馬場もそれなりに回復していると思いますが、例年よりも多頭数になりそうなので、枠順も重要でしょう。クラージュゲリエは相手なりの競馬が出来るようになり、今回も有力になると思います。

阪急杯は結構有力なメンバーが集まりました。中でも阪神コースの速い馬場が得意なレシステンシアは身体が絞れていれば有力と考えます。休み明けはあまり良くない傾向も、前走が太すぎる中でのG1での走りはそこまで悪くありませんでした。

相手としてはダノンファンタジー、インディチャンプとこちらも堅めの狙いが無難と考えます。馬連や馬単で少し厚く買っても面白いかもしれません。穴としてはベストアクターですが、1年の休みは長く、あまり大きくは勝負出来ないと考えます。