スラ代表の重賞を斬るっ!~共同通信杯

きさらぎ賞はラーゴム、東京新聞杯は小波乱!

先週中京競馬場で行われたきさらぎ賞はラーゴムが勝利し、クラシックに名乗りを挙げました。休み明けの出走で調教から見たところ、まだ8割りも仕上がってない状態に見えましたが前々からの粘りは見事でした。皐月賞に出てくるかはわかりませんが、阪神競馬場での走りも優秀で、中山は初めてになりますが、かなりの期待が持てそうです。

「逸走」で話題のランドオブリバティは後ろ過ぎの位置取りが祟り、離された3着と気性の成長を待つ結果となりました。上位の2頭と3着以下では明らかな力の差が見てとれましたが、ここからの成長はまだまだ未知数。馬券外の馬からも、この先春に活躍する馬が出てくると思います。

2着だったヨーホーレイクは去年末よりも末脚のキレが良く、冬の中京の馬場が合っていた可能性はありますが、このまま成長すればダノンザキッドに引けをとらない存在になるかもしれません。

東京新聞杯は成長株のカラテが見事な先行押しきりを見せ、古馬重賞戦線に正拳突きをかました格好になりました。ハイペースの中で番手で控え、ラストの上がりが34秒0は非常に優秀です。グランアレグリアが中距離に転向するという中で、マイル馬にこういう新たなスターホースが登場したことは非常に嬉しいです。2着にカテドラルが入り、馬券は小波乱の結果になりましたが、概ね人気通りの結果になったと思います。

クラシック候補が揃う~共同通信杯

皐月賞や日本ダービーまでにはそれなりの間隔があるため、最近はここからの活躍馬はさほど出ていませんが、このレースもクラシックにつながる重要なレースに位置付けられています。特に今年は注目されている馬が集まった良いメンバーになったと思います。

本命はステラヴェローチェ

今までこの記事で、本命○○と指名することはありませんでしたが、今回は迷うことなくステラヴェローチェを本命に推します。

サウジアラビアRカップでは、稀に見るような不良馬場での走りだったため、イマイチ実力のほどが掴めなかった所がありました。ですが、真価を発揮したのが前走の朝日杯FSです。

開幕から前残りの馬場傾向がずっと続いており、後ろからの競馬は厳しい展開のレースがほとんどでした。そこで上がり最速の33.5という数字を叩きだし、0.1差まで迫った脚力は、今回のメンバーの中では一枚上の実力があると考えています。東京競馬場もまだ開幕してから日が経っていなく前残り傾向はありますが、一辺倒というわけではなく、ある程度実力通り差しも決まる、良い馬場だと感じています。登録も12頭と、捌くのにもさほど苦労はなく、勝利に一番近い馬だと確信しています。

東京実績を買う

対抗以下の評価ですが、キャリアの少ない良血馬よりも、実績の高い経験馬のほうに魅力を感じます。中でも、前走の百日草特別で先行しながら上がり最速のタイムを出した、エフフォーリアには期待が持てます。

内馬場が荒れて各馬が外を回る競馬が続き、スピード能力プラス根性、スタミナなど勝ちきるためには総合力が必要になっていた昨秋の東京開催。そこでの2000メートルは、2歳にはキツイ条件だったと思います。その中で、ラストの直線半ばから力強く伸び、最後は1馬身以上離す完勝には余裕すら見えました。

ステラヴェローチェ~エフフォーリアの線はおそらく人気サイドだと思いますが、この2頭を軸にした馬券を中心に勝負するのが無難だと考えています。

遅れてきた怪物牝馬?レフトゥバーズ

見出しに?がついているのは、やはり未知な部分が多いからです。アーモンドアイに関しては、3走目のシンザン記念を見て怪物を確信しましたが、この馬は今回が2走目になります。

新馬戦はマイルでしたが、直線を向くと一気に加速し、他馬を全く寄せ付けずに楽勝しました。2戦目でメッキが剥がれることもありますが、脚力は間違いなくこの中に入っても上位。牡馬と混じっての戦いで、牝馬との相性も悪いレースですが、過剰な人気にならなければ穴として考えるのには良い馬です。

良血のシャフリヤール

もう一頭挙げるとすればアルアインの弟のシャフリヤールになります。新馬戦は3着以下を離したレースで、その時の2着馬はその次の未勝利戦を完勝。兄のアルアインよりも長く脚を使うタイプで、東京の1800メートルという条件にあっています。

問題は東京への輸送があることと左回りに変わるので、その辺りの対応がカギになると考えます。兄のアルアインは右回りの成績の方がよく、東京競馬場での成績がそこまで良くはなかったので、今回の条件では血統として考えるのであれば、決して威張れるものではないと考えます。

🔰好調教馬をご紹介 共同通信杯 京都記念

毎回書いてはいますが、寒い時期の調整は各陣営とも控えめで、判断するのが難しいところですが、そのなかでも目立った動きの馬を紹介します!

共同通信杯

ステラヴェローチェ ★★★★

併せ馬で力強く坂路を駆け上がっていて、併入ではありますが、いつでも前に出れるくらいの気合い乗りがあり、雰囲気は凄く良いです。

プラチナトレジャー ★★★★

前回もこの馬の調教は良かったです。今回もコースで併せて抜かせない根性と気合いを見せています。速い脚がないので、東京競馬場は疑問ですが調整は万全です。

ヴィクティファルス ★★★☆

キレのある回転の良い脚の運びでラストまでしっかりとした登坂。多少右に張ったところはありますが、調教の動きそのものはメンバーの中で一番良いです。

京都記念

ワグネリアン ★★★★

全体的なタイムは出していませんが、体の動く領域が広く、ダイナミックなフォームで登坂。レース間隔は大きく開いていますが、馬の調整は万全といった感じです。

サトノルークス ★★★★

並走馬を煽りっぱなしで向かえたラストは力強く伸びきって先着。気合いの入りも良く、こちらも間隔は開いてますが、総合的な走りの質が高くデキは良いです。

ラヴズオンリーユー ★★★☆

こちらは単走のコース追い切りですが、変わらず軽い走りが続いています。エリザベス女王杯の時と比べると多少体の硬さが見られますが、引き続き調子は良さそうです。