今週の重賞 ~東京新聞杯 きさらぎ賞

根岸ステークスとシルクロードS

フェブラリーSの前哨戦の根岸ステークスは一番人気のレッドルゼルが見事な勝利を見せました。ワンダーリーデルには迫られたものの、1600メートルを意識した騎乗で、見た目以上に余裕があったと思います。

シルクロードステークスはシヴァージが差しきり勝ちを果たし、混戦を断ちました。福永騎手の中京競馬場での騎乗には本当に圧倒されます。今まで上がり最速での走りでも負け続けていた馬を、あっさりと勝たせた事は、並の騎手ではなかなか出来ないことです。

中京開催がラスト

今週で中京の開催は1ヶ月お休み、来週からは阪神開催になります。ラストを締めくくるのは、3歳のクラシックを占うきさらぎ賞です。京都開催ではないので、データの収集には注意が必要ですが、荒れた馬場状態をこなす能力を見極めるのが大事だと考えます。

東京競馬場ではおなじみの冬の重賞、東京新聞杯が開催されます。比較的マイルに特化した馬が勝ちやすいレースで、芝の状態が良いだけに、実力が出やすいレースです。

これからの春の大レースに向けて重要な1戦ですが、今回も注目馬をピックアップして紹介していきます。

東京新聞杯

ヴァンドギャルド

前走はマイルチャンピオンシップで、不利な外枠からの走りでしたが、グランアレグリアとは0.5差の惜敗。東京競馬場の方が脚質からも向いているので、ここは期待できます。

ヴェロックス

なかなか成績が上がってこない実績馬です。陣営の苦労というか、迷いというか、色々試しているのがわかります。騎手も変えてくるようなので、本命とまではいかないでしょうか。

エントシャイデン

力のいる中京の金杯で3着と健闘しました。今度は馬場の良い東京に舞台が変わり、その辺りの対応が難しくなります。東京競馬場は戦績からはあまり向いてないです。

カラテ

条件戦を連勝してここへ登録してきています。勢いは認めますが、戦績からも力のいる馬場が得意なので、実力ともにこのメンバーに入ると見劣りします。

サトノインプレッサ

NHKマイルを惨敗したように、かなり難しい性格が競走成績を妨げています。実力的には上位ですが、当てにしづらい面は拭えず、今回も本命にするのは難しいでしょう。

サトノウィザード

マイルを中心に使われていて、なかなか勝ちきれない所があります。常に相手なりに走るタイプですので、今回も人気次第では穴に押さえるのも面白そうな馬です。

ダイワキャグニー

この馬も激しい気性がネックですが、東京コースは得意としています。同形との兼ね合いはありますが、先行するとしぶとい脚は歳を取ってもまだ健在なので、粘りこみは十分に考えられます。

トリプルエース

前走は重賞の壁に当たった感じがします。枠も不利な外枠に入り、思ったようなレースが出来ませんでした。重賞2回目の今回はパフォーマンスを上げてくる可能性もあり、注意は必要だと思います。

きさらぎ賞

アランデル

中山の芙蓉ステークスで2着した以来の出走です。その時の勝ち馬には3馬身以上離されていたことから考えると、成長分を入れても少し実力が足りないでしょうか。

ヴェローチェオロ

東スポ杯5着と実力は持っていますが前走も勝ちきれませんでした。相手の馬も強かったですが、少し決め手には欠ける印象があります。

ダノンジェネラル

扱いの難しい1勝馬ですが、アドマイヤエイカンを異兄にもち、力のいる馬場はあっています。その血統から距離はもう少しあったほうが良い印象で、今回は試金石というやつでしょう。

ディオスバリエンテ

母がディアデラノビアとあまり活躍馬は出していませんが、新馬戦での走りは優秀で3着はかなり離していました。最後の直線で差し返した勝負根性も魅力です。

ヨーホーレイク

ホープフルステークスで3着と実力を見せました。中京の馬場が、差しも決まるようになってきたので、この馬の差しが決まる展開もありそうです。

ランドオブリバティ

ホープフルステークスでは逸走してしまいました。今回は立て直してきているはずなので、やはり注意は必要ですが、あの姿を見ると1レースは様子を見たい気もします。

ラーゴム

前2走は惜しい競馬が続きました。ですが、闘ってきている相手が強く、パワーのいる今の馬場も血統的に合っているので、今回は期待が持てます。

🔰馬券の軸は

今週は両レース共に馬券の軸になりそうな馬がいて、先週のシルクロードステークスよりは予想はしやすいかと思います。ただ、東京新聞杯のほうは最近の成績が思わしくない馬も多く、相手を選ぶのには苦労しそうです。

東京新聞杯は、マイルチャンピオンシップで好走したヴァンドギャルド、東京競馬場が得意なダイワキャグニー、巻き返しを狙うトリプルエース辺りを軸に、相手を広めにとっても良いでしょう。混戦模様なだけに、ワイドでもそれなりの配当はつきそうです。

きさらぎ賞は、ランドオブリバティの扱いが難しそうですが、ヨーホーレイク、ラーゴムと、他にも軸にできそうな馬がいるので、そこまでは困らないと思います。1勝馬2頭の扱いですが、新馬戦のレベルも高かったディオスバリエンテの方が現時点では上の実力があるかもしれません。ただ輸送がある事も考慮すると、ある程度キャリアのある馬を上にとった方が無難だと考えます。