今週の重賞 根岸ステークス シルクロードステークス

東京開催が始まります!

昨年12月からの中山開催も終わり、東京開催が始まります。クッション値を意識した馬場作りが影響して、中山の開催最後はかなりの荒れ馬場になった事を考えると、走る馬にも予想する私たちにも良い方向になります!

中京開催はまだ1週ありますので、こちらは変わらず荒れ馬場のレース。高松宮記念につながるレースになりますが、レースの結果は馬場差を考えて本番を向かえた方が良さそうです。

先週の東西の重賞の結果はAJCCはアリストテレスが勝ち、根性のあるところを見せました。まだ完調には及ばないデキなのにも関わらず強く伸びきり、2着のヴェルトライゼンデとの着差は少ないですが、実力の差はかなりあると感じました。

東海ステークスは先行したインティが競りかけられる展開で、かなりのハイペース。そのハイペースをまともに追いかけて完勝したオーヴェルニュは非常に強い競馬をしていると思います。馬券はハイペースゆえ荒れましたが、オーヴェルニュの強さは圧巻でした。

根岸ステークスとシルクロードステークス

今週は2月、3月に行われるG1の前哨戦の根岸ステークスが東京競馬場で、シルクロードステークスが中京競馬場で開催されます。

根岸ステークスはフェブラリーSの前哨戦で1ハロン短い1400メートルのレースですが、本番につながる重要なレースになっています。

対してシルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦で、本来は京都で行われますが改装中なこともあり、本番と同じ条件の中京競馬場開催になります。

それでは重要な一戦になる両重賞の登録メンバーをピックアップして紹介していきます。

根岸ステークス

アルクトス

チャンピオンズカップでは9着と敗れましたが、もともとは短い距離の方が良い馬です。別定戦で59キロと重いですが実力はこのメンバーなら上で、乾燥したダートも向いています。

サクセスエナジー

1200から1400メートルを中心とした地方交流戦でも活躍している馬です。東京コースは2年前のフェブラリーS以来になります。どちらかと言えば右回り平坦コースが得意なので、東京コースを攻略できるかがポイントになります。

ステルヴィオ

芝のG1馬がダートに参戦してきました。血統的にはダートは微妙で、モズアスコットのような活躍は見込めないかもしれませんが、G1を勝った能力を発揮できればここでも勝負にはなると思います。

スパーダ

地方に転入し、また中央に強くなって帰ってきました。東京コースの1400メートルは戻ってきてからは3戦3勝とコース適性は高いです。実力的にどうかも、勢いはこの中では一番です。

タイムフライヤー

ダートに転向してから比較的長い距離を使ってきました。1400メートルは少し短い印象で、スピードについていけない可能性は高いです。ここでスピードに慣らして、狙いは本番のフェブラリーSでしょうか。

テイエムサウスダン

前走すばるステークスで鮮やかに勝った馬です。馬体が増えた前々走から馬が変わってきた印象で、今回はさすがに相手が強いですが、上手くスローで先行できれば粘りこみは考えられます。

レッドルゼル

1200から1400メートルで安定した成績を残していますが、その脚質から取りこぼすレースもたまにあります。東京コースはラストの直線が長いのでその辺りは心配いりませんが、ペースは速くなったほうが良いです。

シルクロードステークス

ヴェスターヴァルト

パワーのある馬で、重の馬場もこなせる馬です。ここへ来て成長してきましたが、まだ重賞のメンバーに入ると1枚劣る印象。中京コースとの相性の良さでどこまで頑張れるかです。

クリノガウディー

去年の高松宮記念の降着からイマイチ成績が上がってきませんでした。前走の阪神カップではまずまず良い走りが出来ていたので、内枠とハンデ次第では好走する可能性はあります。

プリモシーン

前走で初めてスプリント戦に挑戦しましたが、ペースが速すぎて脚が溜まりませんでした。今回は得意な左回りの坂のあるコースなので、京阪杯の時よりは走れそうではあります。

モズスーパーフレア

一時期の実力からは衰えた感もありますが、その先行力はかなりのものがあります。前走でダートを使った影響は心配ですが、今の中京の荒れ馬場をこなすパワーは持っています。

ライトオンキュー

スプリンターズステークスはさすがに実力の差が出てしまいましたが、G3レベルなら実力は上の方です。中京コースも1400で実績があり、パワーもある、期待の持てる馬です。ハンデがどれくらいになるかは注目です。

ラウダシオン

G1に挑戦した前走は良いところがありませんでした。古馬の強いところと当たり、萎縮した可能性もあります。もともとは1200メートルで成績を残しており、建て直して出てくれば面白いと思います。

リバティハイツ

京阪杯は前残り中心の馬場傾向での外側後ろからの追い込みと不利な条件でした。そこで0.5差であれば悲観する内容ではないです。外差しも利いてきた中京なら、ハンデ次第では面白い1頭だと思います。

🔰馬券の狙い目!

根岸ステークスはサクセスエナジーとテイエムサウスダンあたりが前から行く展開になると思われ、1400メートルでもそれなりの長い隊列になる可能性が高いです。

冬の追い込み辛いダートですが、好位から競馬の出来るアルクトスと末脚が確実なレッドルゼルを中心に考えるのが無難でしょうか。注目のステルヴィオですが、初ダートということもあり内目の枠に入ってしまった場合は過信は禁物だと思います。過去芝からの転戦で、モズアスコットも外よりの枠で上手く砂を被らずレースが出来たのが好走の要因のひとつと見ています。上には挙げませんでしたが、ペースが速くなれば、ワンダーリーデルの地力の高さも注意が必要です。

シルクロードステークスは、軸とする馬を迷うような混戦で、大きく馬券で勝負するには向いていないと思います。

この中なら実績上位のライトオンキューや、成長著しいヴェスターヴァルトから薄めに広く勝負するのが無難かもしれません。ハンデ競走の最終週の荒れ馬場ですので、上に挙げなかった軽ハンデ馬の激走の可能性もあります。ですので、前日と当日の馬場傾向は掴んでおいたほうが良いと思います。