クラシックへの道~京成杯 古馬伝統のハンデ戦~日経新春杯

クラシックを目指す馬たち

先週は明け3歳の重賞が東西で2鞍ありました。

シンザン記念の方は中京開催ということもあり、少々波乱の結果になりました。福永騎手の好判断でスタートから積極的に先行したピクシーナイトが見事に勝利しました。持ち前の差し脚を先行力に変えた素晴らしい騎乗でした。2着にルークズネストが良い差し脚で突っ込み、人気のバスラットレオンは3着と、決めての差が出てしまった印象です。

フェアリーステークスは経験の差というよりも、気性の差が出てしまった印象で、パドックから気合いの入り過ぎていたシャドウファックスと、2戦目のタイニーロマンスが競って行ってしまう展開。

外差し馬場を利用した3頭が最後に良い脚を見せました。ファインルージュは前走で見せた差し脚をいかんなく発揮しましたが、惜しい競馬となったのは3着のベッラノーヴァでしょうか。最内から大外まで持っていくロスを考えたら強い競馬をしています。これから順調に成長して馬体重が増えてくれば、上のレースでも活躍出来ると思います。

タフな中山を走る能力がカギ

今週はクラシックに繋がるレース、京成杯が中山競馬場で行われます。かなり寒い時期になり、芝も地面もかなり力とスタミナがいる状態になっています。また、最後の直線は外寄りのコースを選ぶ騎手が増えていることから、内側の馬場はかなり荒れていると考えられます。

登録している馬は1勝馬が多いのでこれまた難解なレースですが、この京成杯に登録のある馬をピックアップして紹介します。

ヴェローチェオロ

1勝馬が多い中で、キャリアが5戦もある馬です。北海道の洋芝でも結果を残しており、今の中山の馬場には向いています。東スポ杯では上位とは差をつけられましたが、このメンバーであれば実力は上だと思います。

グラティアス

レシステンシアの半弟になる血統でこちらはハーツクライ産駒です。デビュー戦では重い馬場のなかで、先行力と根性を見せて勝ちきりました。実力の程はまだ計れませんが、中山向きの良いパワーももっています。

タイソウ

デビュー戦は前残りが多かった阪神での逃げ切りなので、あまり強調は出来ませんが、1頭だけ34秒台の上がりで2着を3馬身離しており、メンバーの中では抜けていた印象があります。モーリス産駒はマイルを中心に活躍馬が出ているので、心配はその辺りでしょうか。

タイムトゥヘヴン

新馬、2戦目と冴えない競馬でしたが、前走で2着を8馬身離す快勝でした。ただ、力のいる馬場が向いたとは言え、少々走りすぎな印象もあり反動は気になります。タイムとしてはホープフルステークスで2着に匹敵するので、優秀ではあります。

プラチナトレジャー

前走は東スポ杯で4着とダノンザキッドには0.4差となかなかの良い脚を使っての追い込みでした。パワーとスタミナは十分あるので、今の中山の内回りは向いています。ただ小頭数のほうが捌きやすいのは確かで、枠運も必要です。

ラカン

前走は福島の2000メートルで見事な差し脚を見せて勝利しました。左回りよりも右回りのほうが合う印象で、位置取りが後ろ過ぎにならなければ、このメンバーのなかに入っても実力的には見劣らないです。

🔰京成杯の馬券の買い方!

1勝馬が多いレースですので、買い方が難しいレースではありますが、軸馬としてはキャリアが多い2頭からいくか、その他の有力と思われる未知数な馬からいくかの2択になるかと思います。タイムトゥヘヴンの前走の先行力が本物であればこのメンバーならあっさり勝っても不思議ではないので、キャリア以外の馬からいくとすればここからでしょう。グラティアスのほうは期待されてはいますが、いかんせん重の新馬戦ですので、騎手が優秀であっても、ここから強気な馬券の攻めをするのは少々危険な気もします。

だいぶ開催が進んで外差しがきく馬場にもなってきてる事を考えると、キャリアのあるヴェローチェオロとプラチナトレジャーの2頭だと差し脚鋭い後者の方が買いやすいと思います。先行して勝ってきている馬も多く、位置取り争いで前がきつくなり、ラカンの外からの差し込みに期待するのも良いと思います。人気にならないでしょうから、ワイドや複勝でも楽しめると思います。

荒れる中京での日経新春杯

中京競馬場での開催で競馬がかなり荒れていますが、この伝統のレースも今年は中京競馬場の2200メートルで行われます。厳寒期で芝がタフな上に、小回りで機動力を必要とするため、予想する私たちが各馬に必要な適性を掴みきれないことが馬券が荒れている原因です。

このような難しい中京開催が続いていますが、日経新春杯に登録している馬のなかで、中京競馬場で良い成績を残している注目馬を中心に紹介していこうと思います。

アドマイヤビルゴ

残念ながらクラシックでの走りは見れませんでしたが、徐々に力を付けて前走はリステッドレースで勝ちきりました。中京競馬場では好位からの差しきりがあり、今の前残りの馬場には向いています。精神力とスタミナもあり、期待できる1頭です。

ヴェロックス

アドマイヤビルゴとは対称的にクラシックでは活躍しましたが、その後は冴えない走りが続いていました。前走の中京の走りでは多少の復活を見せましたが、まだまだ本来の姿ではありません。ここでどれだけ調子を上げてくるかですが、2200は少し距離が長いと思います。

サトノソルタス

なかなか気性の安定しない馬で、その実力を発揮するのが難しい馬です。前走は休み明けでかなりの調整不足でしたので、今回はきっちりと仕上げてくると思います。無観客を見方にできる馬ですが、気性の難しさから2200メートルの長丁場は向いてない印象です。

サンレイポケット

この中京競馬場という舞台では2戦2勝、そして長距離を走りきるスタミナと精神力を兼ね備えた馬です。ハンデキャップ次第では軸に据えて勝負出来るくらいの実力と安定力があります。問題は前残りの今の中京の馬場で、後方一気の競馬だと差し損じる事もあり得ます。

ダイワキャグニー

中京競馬場は1戦しかしていませんが、金鯱賞での3着とレベルの高い走りではありました。今年1戦目なので年齢的な衰えは計れませんが、気分良く走れればまだ上位にくる能力は残っていると思います。

バレリオ

同じ中京の2200メートルで勝ち鞍のある馬です。内の悪い東京競馬場でのレースでは1番枠で惨敗してしまいましたが、まだ開幕して日が経たない中京競馬場でなら多少は見直せます。もともと長距離で成績を残しており、ハンデキャップ次第では面白い1頭になると思います。

レイホーロマンス

8歳の牝馬ですが、まだまだ現役で頑張っています。中京競馬場の成績も上々で、機動力の高さが好走する要因です。前走で同じ中京の3000メートルを使っているので、そことのペースの違いと、重くなるであろうハンデキャップを克服できるかでしょう。


難解な競馬が続きますが、あまり大きな勝負はせずに、取れるレースを1つずつ確実に当てて収支をプラスしていきましょう!