スラ代表の重賞を斬るっ!~vol2 2021シンザン記念、フェアリーS

明け3歳、初っぱなの重賞2つ!

シンザン記念といえば思い出すのが、去年引退したアーモンドアイ。不良に近い重馬場でのレース、出遅れながらも後方から差しきった脚を見て将来性を感じ取ったものでした。

今年のメンバーからそういった名馬が出てくるのか気になるところです!

対してフェアリーステークスの方は、後々牝馬限定戦で活躍するようなマイラータイプになる馬が多く出てくる印象があり、将来を読むために重要な1戦となります。

今年は両方のレースにダブルで登録してる馬や、実力もまだまだ未知数な馬も多いため、今回は注目馬を中心に考察していきます。

ですが初めに、5日に行われたレースの結果から、中山、中京の馬場の考察をしてみたいと思います。

両場とも前残りが中心だが

5日に行われた中山、中京の芝のレースは、中山が5鞍中3鞍、中京が5鞍中4鞍が前目に着けていた馬で決着しています。

中京はひと月休めた開幕週なので、ある程度前残り馬場なのは分かります。差し決着になった1鞍は、中京コースでは初めての距離の3000メートルの万葉ステークスで、ジョッキーがペース配分に苦しんだ結果だと考えます。

対して中山は差し決着になった2鞍は両方ともに3歳のレース。まだ若い馬同士のレースで、ペースを守れない馬がいたためにオーバーペースを引き起こした結果です。このうちジュニアカップの方は、そこまでのハイペースではないですが、今の中山は少しでも速いと、必要以上に消耗してしまうタフな馬場だということが分かります。

シンザン記念もフェアリーステークスも3歳の馬同士のレースですので、前残りを基本にしつつ、差し決着の場合の有力馬も考えておいた方が良さそうです。

シンザン記念の注目は

まずはシンザン記念の方から注目馬を考察します。

アルテミスステークス組では唯一1頭、2着に入ったククナがこちらに参戦してきました。他のアルテミスステークス出走馬はフェアリーステークスに回った事を考えると、少々強気な選択かもしれません。そのアルテミスステークスでは上がり最速のタイムを叩き出すも、ソダシとは0.3と決定的な差を付けられました。そのソダシが阪神ジュベナイルで根性を見せて勝ちきった事を考えると、このククナも一定の評価はしなければいけません。

ですが前述した中京競馬場の結果から考えると、ククナのような追い込み一辺倒では前に届かない事もあり得ます。その辺りは鞍上のルメールが解決してくれそうですが、3戦つづけての追い込みですので、そこまでの大幅な脚質転換は期待しないほうが無難です。

前目に付けられる馬の中では、前走同じ舞台で勝ったダディーズビビッドが有力と見ます。前走のこうやまき賞はプラス14キロと荒削りな馬体で出走したわりには、前目からスムーズに抜け出し、最後は1馬身半差の完勝でした。重賞に挑戦したサウジアラビアカップは極端な不良馬場で参考外とみても良く、1戦ごとに成長が見られる今回も期待できそうです。

朝日杯フューチュリティステークス組からは2頭がここに参戦してきます。

バスラットレオンとロードマックスの2頭ですが、2頭ともに成績が安定しなく、実力も今一歩といったところでしょうか。

どちらかというと札幌2歳ステークスで前目からの粘りを見せた、バスラットレオンの方に今回の舞台での適性は感じます。

ロードマックスは前走、内前の良い阪神競馬場でのレースで外枠と、不利な状況ではありましたが、現状脚が溜まったのが1400メートルの東京競馬場のレースでしたので、マイルという距離は少し長いのかもしれません。

フェアリーステークスの注目は

次いで月曜日に中山で行われるフェアリーステークスの注目馬の考察です。牝馬限定戦ということもあり、1勝馬の登録も多いレースで、予想は難解です。

こちらにはアルテミスステークス組が3頭参戦しています。

3頭の中では、やはり3着に入ったテンハッピーローズでしょうか。中山のサフラン賞でもサトノレイナスに離されたとはいえ、34秒台の上がりを使っての2着に入っており、このメンバーに入れば1枚上の実力がある印象です。

5着のクールキャットも休み明けのわりには良く走っていて、今回も間隔が開きましたが更なる成長が期待できます。そして7着のシャドウファックスですが、牝馬限定戦ですが、中山の新馬戦の走りは、捲りからのラスト直線突き放す強い競馬でした。東京競馬場では冴えませんでしたが、スウェプトオーヴァーボード産駒は中山に相性が良い馬も多く、穴を狙うなら良い馬だと思います。

1勝馬で前走マイル戦以外の馬の中では、ファインルージュベッラノーヴァに魅力を感じます。2頭とも馬場が渋った状態のレースでしたが、鋭く伸びて最後は後続とは0.3の差を着けています。最後の伸び脚をみても、200メートルの距離延長は問題なく、未知の相手との力関係が焦点です。

ファインルージュが勝った未勝利戦の3着と5着の馬がその後のレースで勝ちを挙げていることから、この未勝利戦のレベルはそこまで低いものではなかったと思います。対してベッラノーヴァの新馬戦はその後7着の馬がダート戦で勝ちを挙げていますが、他の出走馬の成績が奮わず、レベルが低かったと言わざるを得ません。そもそもが重馬場でしたので、適性が出た可能性もあり、評価はこちらの方を下げるべきでしょうか。

けんしんの重賞を斬るっ!

競馬1年目のけんしんが去年の有馬記念は見事に人気薄のサラキアをとらえ的中させました。

今回はシンザン記念の予想を抜粋して載せていきたいと思います!

けんしん

馬連メインで!

◎ カスティーリャ

◯ バスラットレオン

▲ ダディーズビビッド

△ ククナ

× マリアエレーナ

シンザン記念

人気どころ多くて美味しくないかもなのでやはり馬連メインで。

中京経験あり、そのレースにレッドベルオーブに続き2着だったカスティーリャを軸にしてみる。先週の金杯から、もしや内枠有利なのかと妄想もしている。

🔰好調教馬をご紹介

良重賞の出走馬で、それぞれ良く見えた馬を紹介します。

全体的にシンザン記念の方は、坂路追い切りの方が良く動いている馬が多く、反対にフェアリーステークスの方はコース追いの馬の方が動きは良いです。

シンザン記念

ククナ ★★★★★

スピード、迫力、持続力とすべてにおいてかなり良い動きをしています。何よりスピードの持続力が素晴らしく、ラストまで坂とは思えない程のスピードで駆け抜けています。外枠と輸送がカギですが、デキは文句なしです。

ファルヴォーレ ★★★★★

単走ですが、坂路コースを高スピードで弾むようにかけ上がっています。脚の動きも申し分なく、体調の良さが伺えます。脚質的にはいまの馬場は微妙ですが、それさえも凌ぐ可能性を感じる高調教です。

カスティーリャ ★★★★☆

こちらも単走ですが、馬場のど真ん中を馬なりで、真っ直ぐに一直線に力強く登坂しています。こういう調教の動きをしている馬は体幹が強く、体調も良いため好走する事が多いです。人気もしないと思うので穴に考えたいですね。

フェアリーステークス

シャドウファックス ★★★★

タイムこそ出していませんが、ゆったりとした入りからラストの直線は前脚の力強さが目立ち、並走馬にきっちりと先着。気合いも入り、迫力も伴っていて中山コースは向きそうな走りです。

ファインルージュ ★★★★

こちらは3頭合わせ馬の真ん中に入れられて、わざと揉まれるような調教。窮屈な格好からも集中力を切らさず、最後は1馬身弱の先着をしています。キャリアの少なさを補う意欲のある調教に好感をもてます。

テンハッピーローズ ★★★☆

坂路コースで少し外ラチに頼りましたが、ラップタイム重視の調教。最後までスピードの衰えが少なく、全体時計も優秀。終始馬なりで走りにブレもなく、体調も良さそうです。


今年最初の3日間開催!なんとかプラス収支で終わりたいですね。厳寒期の競馬は難しいですが、取れるレースをしっかりと取っていきましょう。