出るかクラシック候補!朝日杯フューチュリティステークス!

混戦の2歳牝馬戦は!

混戦模様のジュベナイルフィリーズは、白毛馬のソダシが接戦を制して優勝しました。ルメールのサトノレイナスに抜け出しを食らいながらも最後に差し返す勝負根性は見事でした。

個人的には今年一番の名勝負だったと思います。

来年を占う朝日杯!

去年にこのレースを勝ったサリオスがクラッシックで見事な活躍をしてくれました。

今年の優勝馬からも、サリオスのような活躍馬が出てくるのでしょうか?

登録は18頭、そのなかで出走して来そうな15頭を紹介していきます!

アスコルターレ

前走のもみじステークスを辛勝しました。タイムの出ない京都で良い根性を見せましたが、阪神の速い馬場に対応できるかは疑問です。瞬発力タイプではないのでレース傾向そのものは向きそうです。

カイザーノヴァ

夏の北海道で成績を残してきた馬です。前走のデイリー杯はタイムの速さについていけなかった印象。開幕後半でも速い馬場なので、これにどこまで対応出来るかが鍵になります。

グレナディアガーズ

左回りの2戦はイマイチでしたが、前走の未勝利戦はタイムも速く、なかなかの内容でした。右回りのほうがパフォーマンスをあげたので、同じ舞台の今回も期待できます。マイル経験がないとはいえ、軽視はしないほうが良いです。

ジュンブルースカイ

東スポ杯で3着しましたが、その時も馬体重が減っていました。実力はありますが、結構ギリギリの状態での出走でしたので、今回そのあたりの調整が上手く出来れば巻き返しもあると思います。

ショックアクション

新潟2歳ステークスからの直行になります。このローテーションは毎年あまり結果を出せていませんが、2着以下との差は明らかでしたので、間隔の開きを上手く調整出来ていれば上位です。血統としては夏向きです。

ステラヴェローチェ

サウジアラビアRCを快勝しましたが、タイムのかかりすぎる不良馬場。先週にこのレース2着のインフィナイトが惨敗しているため、反動が気になりますが良馬場の走りが未知のため押さえは必要です。

スーパーホープ

前走は勝ち馬のキレ脚に及びませんでしたが、速い馬場にも対応する能力を見せました。好位を追走する競馬のセンスがあるので、相手なりに走るこの馬は今回も押さえておく必要はありそうです。

テーオーダヴィンチ

阪神の未勝利の1600メートルと、今回と同じ条件で勝ち上がりました。ですが、そのレースレベルは高くなく、メンバーが強くなる今回は厳しいと思います。

ドゥラモンド

関東の稍重馬場で2勝してこのレースに出てきます。イメージとしては速い馬場よりも力のいる馬場が合いそうで、血統的にも消耗戦が合いそう。この馬も今回の速い馬場に対応出来るかがカギになります。

バスラットレオン

京都2歳ステークスでは休み明けとはいえ力の差が出た感じです。今回はここを目標に仕上げてきますが、この短期間で逆転する程の成長とまでは少し疑問があります。

ブルースピリット

1200、1400と距離を伸ばして勝ってきました。今回は1600メートルですが、距離そのものは問題ないと思います。血統的には速い馬場が向かないので、ペースは上がらないほうが、この馬には良いです。

ホウオウアマゾン

好時計のデイリー杯を2着しました。前走もプラス12キロと、順調に成長しています。寒い時期に入って馬体重が絞れない、というようなことがなければ、実力もキャリアも生きる舞台なので楽しみです。

モントライゼ

小倉の重賞を好走した馬たちの、京王杯に出走した馬です。関西のほうに有力馬が集まったので目立ちませんが、この馬も馬体重プラス14キロで先行して、粘り込んで勝利しているので能力は確かです。

レッドベルオーブ

前走で2歳レコードを叩き出した素質馬です。速いタイムから見事に差しきっており、今回もかなりの有力な1頭です。間隔がそこまで開いてないので、レースの反動がないかは気になります。調教は見ておきましょう。

ロードマックス

新潟では良いところがありませんでしたが、前走の差しに徹した走りで良い結果が出ました。今回も同じ競馬が出来れば面白そうですが、ペースに左右されるので過信はしないほうが良いです。

🔰オススメの買い方

2歳戦ということもあり、強さの序列が決まっていない今回は馬券は難解です。

そのなかでも実力を考えた買い方は必要になってきます。いくつか例を挙げて書いてみます。(馬券は自己責任です)

西高東低!関西馬中心

最近の中央競馬は関西の馬が強い傾向があります。今年の2歳も注目馬は関西の馬が多いです。ですので、素直に関西で活躍した馬を信じる買い方。

なんといってもレベルが高かったのがデイリー杯でしたので、そこをステップにして登録してきたレッドベルオーブとホウオウアマゾン。

そして忘れてはならないのが、京王杯の勝ち馬のモントライゼ。この馬も夏の小倉で名を挙げていて、期待のできる1頭。

馬券は固くなりそうなので絞って勝負しましょう。

ステラヴェローチェ最強論

サウジアラビアRCを勝ったステラヴェローチェ。この馬も関西馬ですが、前走のサウジアラビアRCは希に見る不良馬場。良馬場のパフォーマンスが多少不安ですが、潜在能力はピカイチとみて、軸や頭として固定して考える買い方。

固めの馬券をねらうのであれば相手は必然と絞れるので、前出の関西組へ馬連や3連単に流すのが良いでしょう。

2歳戦は穴を狙いたい

と、いうような人もいると思います。オススメとしては、前走で速い馬場をこなし、更なる成長の可能性もある、グレナディアガーズを推します。1400メートルに対応したことにより、マイルの距離は脚が溜まる良い舞台になると思います。そこまで前が速い訳ではないので、好枠を引き上手く流れに乗れれば上位を脅かす差し脚を使う可能性はあります。

おそらく人気にはならないので、ワイドで人気サイドに流しても良い配当になると思います。

クラシックレースに繋がる競馬を

今週のメンバーから来年のクラシックに出る馬が出てくるでしょうか?

楽しみです!