最優秀2歳牝馬決定戦!

ダート王はチュウワウィザード!

見事中央競馬ダート王に輝いたのは、去年の雪辱を果たしたチュウワウィザードです!導いた戸崎騎手もハイペースをじっくり我慢して見事な騎乗でした。

大外枠が響いたのか、前走の疲れなのか、クリソベリルは伸びきれず4着。

競馬に絶対はないを改めて教えてくれましたね。

阪神ジュベナイルフィリーズ

今週は、2歳牝馬の祭典、阪神ジュベナイルフィリーズです。
去年はレシステンシアが圧巻の競馬を見せました。まだ若い牝馬同士の対決ですので、リアアメリアのような大本命が破れることもしばしば。

さて今年はどんな結末になるのでしょうか?

それでは登録のなかで、出走が確実な12頭と抽選対象馬の中から2頭ほど紹介していきます!

インフィナイト

新種牡馬モーリス産駒の牝馬です。デビュー戦から重たい馬場で走ってきているので、良馬場でどんな競馬が出来るか未知数ですが、2戦とも良い勝負根性を見せており、侮るのは危険です。

ウインアグライア

札幌のコスモス賞を勝ってオープン入り。新馬戦では8番人気を覆しての勝利と、意外性をもっています。アルテミスステークスでは同型のソダシに完敗してしまったので、思いきった戦法が必要かもしれません。

エイシンヒテン

このレースと相性の良い白菊賞を勝って登録しています。前残りの馬場といえ、2着に影を踏ませなかった走りは秀逸。ライバルが同型なのがネックですが、スピード能力はこちらのほうが上です。

オパールムーン

2歳レコードが出たようなレースで、ただ1頭後方からの追い込みで2着にきました。脚力は間違いなくこのメンバーの中では1番ですので、反動や疲れが残っていなければ上位を狙える1頭です。

サトノレイナス

中山のサフラン賞からの参戦です。美浦からの遠征がかなりの課題になります。脚力はこのメンバーなら上の方ですので、当日のパドックの雰囲気は見ておく必要があります。

サルビア

前走はレコード決着のファンタジーステークスで惨敗しました。先行してこそのダイワメジャー産駒ですが、同型の実力が上過ぎて歯がたちませんでした。ここに入っても厳しいでしょう。

ソダシ

大注目の白毛馬です。見た目のアイドル性はもちろん、パワー溢れる先行力は他を圧倒しています。どちらかというとパワー形なので、時計がかかるようになってきた阪神もプラス、あとはスピードに対応できるかがポイントになります。

ポールネイロン

こちらは中京競馬場でのききょうSでレコードを出した馬です。今年は先行型が多く集まったので、どこまで折り合って運べるかが鍵になります。1400しか経験のないこの馬は少し割り引きが必要かもしれません。

メイケイエール

レコードを叩き出したファンタジーステークスでは、好位で折り合ってそのままハイスピードで最後まで走り抜きました。何より坂のある阪神コースを攻略したのが収穫で、あとは1ハロンの延長をどうこなすかに尽きます。

ユーバーレーベン

こちらも新種牡馬のゴールドシップからの産駒です。東京と札幌の走りを見ると、やはりパワー型なのは明らかで、速い芝をどうこなすかが鍵になってきます。勝ち馬のソダシには2度とも完敗ですので、果たしてどこまで頑張れるでしょうか。

ヨカヨカ

九州産馬で重賞勝ちを目指して出走してきます。前走は馬場が速すぎて太刀打ち出来ませんでした。少し馬場が渋るなど、条件が揃えば好走する可能性もあります。

リンゴアメ

混戦の函館2歳ステークスを勝った馬です。休み明けの前走は全く良いところがなく、成長も伺えませんでした。距離が長くなるのでその辺りの融通は利きそうですが、苦戦することになるでしょう。

ルクシオン

福島2歳ステークスを勝った馬です。1200メートルでは一定の評価ができますが、1600メートルとなると、少し足りない印象。メイケイエールには完敗しているので、その辺りも強く推せません。

抽選対象馬より

シゲルピンクルビー

新種牡馬モーリス産駒で、新馬戦ではかなりレースセンスの良い走りを見せていました。2戦目の今回で大きく成長している可能性もあり、抽選突破すれば押さえておきたい1頭です。

フラリオナ

前走のききょうステークスで後方から追い込み2着。先にあげたオパールムーンにも劣らないレベルの脚力があります。抽選に左右されますが、出走が叶えば楽しみな1頭になります。

🔰オススメの買い方!

2歳戦で難しいレースになりますが、オススメの買い方を書いてみます。(馬券は自己責任です)

白毛の怪物?

白毛といえばすぐにマキバオーという定番キャラクターが浮かびますが(オッサン)十分な実力も備えているので、この白毛のソダシを信じる買い方。

今回のレースはかなり先行する馬が多く、また実力も高いので、かなりのハイペースになる可能性はあります。ですので、デビュー戦と札幌2歳ステークスで1800メートルをこなしている経験が活きるハズです。

相手はスピード自慢のメイケイエール、末脚確実なオパールムーンあたりを押さえれば良いでしょう。

激戦必死の先行争い

2歳の牝馬なので譲らない若さは仕方がないのです。ここまで先行力を持った馬が揃うとハイペース必死。なので、後ろからと決め込んで買う。

中でもオパールムーンはかなりの脚力を持っているのでこの馬から。あとは抽選を突破すればフラリオナも穴として面白い存分になります。ソダシの根性なら残す可能性もあるので相手には入れておく必要があります。

頑張れ九州産馬!

ヨカヨカの応援と決め込む馬券。2歳戦は良くわからん!という話を聞きます。結果を重視して、馬券は見(買わない)という人もいるでしょう。ならば、九州産馬の重賞勝利の応援として、ヨカヨカの複勝を買いましょう。そこまでの人気にならないと思いますので、少額で楽しむのも1つの手です。

来年のクラシック候補は…

さあ、果たしてこの中から来年のクラシック候補が出てくるのでしょうか?

注目のレースは日曜日です!今週も楽しみですね!