スラ代表のG1を斬るっ! ~vol.2 2020菊花賞

今週も出るか3冠、菊花賞

先週は見事にデアリングタクトが3冠を達成しました。コロナウイルスの影響が無ければ競馬界もお祭り騒ぎだったでしょう。

パドックより提供:パラスアテナ出資の方より

今週も無敗の3冠馬に注目が集まりますが、さて今週の菊花賞に出走するコントレイルはどうなんでしょうか?

🔰この記事では、競馬初心者や馬券を買い慣れない方に、少しではありますが菊花賞の解説と見解を書いていきたいと思います。(馬券の購入は自己責任です)

京都の3000メートルというレース

菊花賞で施行されるこの京都コースでの3000メートルという内容は、他であると、現在は冬に行われている万葉ステークスというレースしかありません。

この万葉ステークスは古馬のオープンクラスのレースですが、グレードレースではなく、リステッドレースでもないのに加え、距離が3000メートルと長く、馬の負担や斤量面からもあまり強い馬が集まらない傾向があります。

したがって、強い馬が集まるのはこのクラシックレース最後の菊花賞ということになります。

年に2回しか開催されない条件なので、データなどの情報が取りにくいのもこのレースの特徴でもあります。

3000メートルというと、その長い距離からスタミナが最も要求されると思いがちですが、京都コースは平坦で緩やかなアップダウンがあり、仕掛けどころが難しいため、機動力のある器用な馬も好走しているのが特徴です。

コントレイルの強さの考察

菊花賞の出走メンバーではやはりなんといっても、コントレイルという馬抜きでは語れないのではないでしょうか。

それもそのはず、新馬戦から、前走の神戸新聞杯に至るまですべて完勝、これでもかという強さを見せつけています。

特に秀逸なレースだったのは、皐月賞だと思います。

稍重という条件で行われたこのレースは、前目で構えたサリオスとウインカーネリアンの2頭が2着と4着に粘っていることから考えて、決して後ろに有利な展開ではなかったはずです。それを後方12番手からレース上がりを1秒近く上回る脚で追い込んで粘るサリオスを競り落として勝利しました。

しかも、およそ1200メートル付近で、前が開かない可能性をみて福永騎手が一旦後ろに下げて、わざわざ大外を回して運ぶというロスがありながら、追い込みにくい稍重の馬場を力強く追い上げての完勝。脚力、機動力、勝負根性、精神力、その全てに秀でていないことには成し得なかった勝利だと確信しています。

先日東京競馬場で行われた古馬も参戦するG2のレース、毎日王冠でこの時2着のサリオスが楽勝したことからも、このコントレイルの無類の強さは証明されました。

前述した3000メートルという距離が問題ですが、最近の長距離レースはハイペースになることはほとんどなく、ラストの数百メートルからレースが動き出すことがほとんどです。このため、タフなスタミナを必要としない傾向があります。それに、このコントレイルという馬の勝負根性と精神力があれば、心配せずとも3000メートルという距離を最後まで全力で走りきることは難しくないと思います。

以上の事から考えてもやはりコントレイルの勝利は濃厚とみてよいでしょう。

コントレイルに対抗する馬は?

次に、コントレイルに続く馬の考察をします。とりわけ菊花賞は、神戸新聞杯かセントライト記念、どちらかのトライアルを使ってきた馬の活躍が目立ちます。まずは神戸新聞杯から見ていきます。

中京開催の神戸新聞杯

先週も同じような事を書きましたが、秋華賞でローズステークス組が全滅したように、中京開催の前哨戦をデータとして過去のレースと同じように扱うのは非常に危険です。中京コースと京都コースの違いがあまりにもありすぎるのも理由の1つだと述べました。データとは記録の堆積ですので、過去に同じ条件で行われた回数が少ないほどそのデータの信頼性は低くなります。

ですので、純粋に神戸新聞杯のレース内容から馬の強さを導いてみたいと思います。

1着から5着までのうち、4頭が後ろからの差しです。コントレイルは中段からの別格の差し脚としても、ヴェルトライゼンデ、ロバートソンキー、ターキッシュパレスの3頭は後方10番手以下からの競馬でした。

唯一4着に粘ったディープボンドが、ただ1頭前目から競馬した馬で、前半3ハロンが35秒0という事を考えると、この馬はそれなりの評価ができます。

もう1頭挙げるなら上がりがコントレイルを上回ったヴェルトライゼンデですが、上手く形にハマったレースであることは間違いなく、血統的に京都の3000メートルが良いといっても、コントレイルを逆転することは難しく思います。

セントライト記念の好走馬

次は毎年中山競馬場で行われているセントライト記念の内容を見てみます。

スタートから先頭に立ったバビットが、ややスローペースでレースを運び、後半からペースを上げてそのまま押しきったレース。春に実績のあった後続のサトノフラッグとガロアクリークを押さえて勝利してしまいました。

ただのスローの前残りと見られがちですが、ちと違います。

後半にペースを上げて後続に脚を使わせるのは逃げ馬の定石ですが、ポイントはラストの直線。坂の手前ではほとんど追い付かれて、並ばれてしまうところでしたが、ここで抜かせず、坂を登りきったところで再び突き放して勝利しています。

バビットという馬は、福島での重賞、ラジオNIKKEI賞というレースで勝っていますが、この時は圧勝でした。距離や馬場の関係もあると思いますが、何より福島競馬場が平坦だということが原因の1つだと睨んでいます。ですので、このセントライト記念の走りを見て、福島コースと同じ平坦の京都競馬場では、この馬はセントライト記念以上に粘れる可能性があると見ています。

もう1頭挙げると、そのバビットには届きませんでしたが、最後までキチンと走りきっていたサトノフラッグです。

期待された春は精神的なものなのか、馬場的なものなのか、原因はわかりませんが、イマイチ成績が奮いませんでした。夏を越して向かえたセントライト記念では、4コーナー捲りながらのレースをして、届きませんでしたがバビットを最後まで追い詰めました。何より勝負根性に欠けるこの馬が、最後まで走りきれたのは陣営にとって収穫だと思います。菊花賞に向けて調整も順調ですので、コントレイルに勝つのは微妙だとしても、良い走りをしてくれる可能性は高いです。

トライアル組以外では?

菊花賞トライアル組以外でもここを目指して出走してきているメンバーはいます、夏の間に勝利を挙げて抽選を突破してきた馬も、先週のソフトフルートのように好走するかもしれません。

しかし敢えてここは別の馬を挙げます。夏は休養して前走の毎日王冠で古馬に挑んだサトノインプレッサです。

前走の毎日王冠は久々の競馬だったことに加え東京への輸送もあり、イレコミがきつく出遅れてしまいほとんど競馬をしていません。ローテーション的には多少厳しいですが、今回は輸送も短く2勝を挙げている京都競馬場なので、好走する可能性は高いと思います。春はNHKマイルカップで惨敗したあとダービーで4着に入っています。この時の上がりタイムはコントレイル、サリオスに次ぐ3番目でヴェルトライゼンデとはアタマ差までに迫っていました。人気とオッズの兼ね合いから考えても、穴を狙うのならこのサトノインプレッサは面白いと思います。

好調教馬をご紹介!

今週も素人目線ではありますが、調教で良く見えた馬を紹介します!

基本、タイムより動き迫力重視です。

2020菊花賞

今週は先週の秋華賞と違い、なかなかの動きをしている馬が多かったです。とくに人気所はどの馬も打倒コントレイルを目標に仕上げてきています。ですので今回は人気のないところで動きの良かった馬を3頭紹介しますので、穴馬を狙う際の参考にしてくれれば幸いです。

ブラックホール ★★★★★

石川騎手を背にキレのある動きから、直線で気合いをつけられると矢のように加速、あっさりと先着を果たしています、春の成績、京都未経験などマイナス材料が多いですが馬のデキは良いです。

ガロアクリーク ★★★★★

かなり気合いが乗った併せ馬で、内から力強く並走馬を競り落としています、前回の調教よりも明らかに上昇していて、春の好走していた時期と同じデキまで戻っています。距離が心配されますが、覇気、勢いはかなり良いです。

ディアマンミノル ★★★★

重心の低い走りでコースに張り付くような無駄のない動き、いかにも京都コース向きな印象。単走ですがラストまでしっかりと集中して走れています。夏を越して成長していることが伺えますが、荒れた1番枠をどうこなすかがカギになりそうです。

最後に

菊花賞もコントレイルの無敗の3冠達成なるか?という話題で盛り上がっていますが、何より少しずつですが競馬場に観客が戻れているのがとても嬉しいと思います。コロナとの闘いはまだまだ終わりませんが、私たちは自分に出来ることをしながら競馬を楽しんでいきましょう!