産経賞オールカマー

今週のチーム予想は伝統のG2!

秋競馬が始まり、いよいよダービー馬のコントレイルも始動します!

先週のローズステークスでは、期待された春の有力馬がよい結果を残せませんでした。何より中京で開催されたということもあり、2回の坂登りに着いていけなかった牝馬も多かった印象です。そこを前々で押しきったリアアメリアは、やはりかなりの素質と実力をもった馬だと再認識させられました。

今週の神戸新聞杯も楽しみなメンバーですが、チーム予想としては、より予想のしやすい中山のG2オールカマーでいきます!

それでは今週も登録馬10頭を紹介していきます!

アウトライアーズ

前走は小倉で3着に入り、波乱を演出しました。なにぶんハイペースだったゆえ後ろで構えたこの馬の脚が生きたところです。ずっと活躍できてませんでしたが、まだまだ展開次第では前走のような脚も使えるということは覚えておいて損はないと思います。

オウケンムーン

3歳の時に共同通信杯を勝ってクラシック候補に名乗りを挙げましたが、その後は良いところがありませんでした。出走してくれば菊花賞からの長期の休み明けになりますが、いきなりからは手を出し辛いです。

カレンブーケドール

牝馬ながら重賞戦線で活躍している1頭。長めの距離に強く、パワーもスタミナも十分ですが、春はローテーションの不備もあり休みも長くなりました。地力は他の馬よりあるので、有力な1頭と言えます。

クレッシェンドラヴ

過去ずっと右回りに拘っている馬。中でも福島、中山は得意としていてスローからの捲り勝負を武器にレースを進めます。ハイペースになった場合の不安は残りますが馬も成長していて今の中山には合いそうです。

サンアップルトン

少し休養が長くなりましたが長距離向きの馬。中山の2200でも実績はありますが、このメンバーに入ると少し実力は足りない印象です。もう少し距離の長いレースを視野に入れての叩きの可能性はあります。

ジェネラーレウーノ

皐月賞3着馬がターフに戻ってきます。この馬の凄い所はハイペースでの押しきりですが、さすがに休み明けでいきなりは辛い所。今回は先週のセントライト記念のように後続に脚を使わせる騎乗が求められます。

ステイフーリッシュ

2000メートルくらいの中距離で結果を出している馬。目黒記念ではトップハンデで最後まで良く粘っていました。休み明けでも結果を残しているので、今の中山には合いそうな脚質にも注目です。

センテリュオ

エリザベス女王杯で4着に入った実力があります。ですが、重賞レベルだとまだまだ牡馬には劣る印象があります。決め手に関して1枚劣るので、その辺のレース運びを上手くしてどこまでという所です。

フィエールマン

天皇賞を連覇した実力馬が始動します、ローテーションの不備でここからになりますが、衰えがないとして普通に回ってくれば勝ち負けな実力です。唯一の心配としては休み明けは勝ちきれていない所ですが、今回はどうでしょうか。

ミッキースワロー

春の天皇賞は3着とフィエールマンには差をつけられた印象ですが、3200メートルは少し長かったですね。2200くらいの距離は得意としていて、休み明けも特段問題もなく、かなり期待のもてる1頭になります。


以上で登録の10頭です、順当ならフィエールマンからということになりますが、果たしてこれを脅かす馬が出てくるのでしょうか。

神戸新聞杯はコントレイルが有力で、続く馬の取捨選択にかなり悩むと思います。こちらのレースの方が予想しやすいと思いますがみなさんはどうでしょうか。

レースが楽しみです!